【2017エルムステークス予想】ピオネロ重賞初勝利の可能性と危険性

Pocket

2017エルムステークスで人気が予想される
ピオネロについてエルムステークスで
重賞初勝利を飾る可能性と凡走する危険性について
話をしていきます。

 

主役不在の現在の日本ダート界は
力が一歩劣っていても展開や乗り方などで
ビッグタイトルを獲得するチャンスがある群雄割拠です。

今週行われるエルムステークスでは
ダートチャンピオンになるべく可能性を秘めた
テイエムジンソクに注目が集まっていますが
高いレベルで常に安定感した走りを見せる馬が1頭出走してきます。

 

その馬の名前は

ピオネロ

です。

 

ピオネロは2歳、3歳時に芝のレースを使ってきました。

京成杯、札幌2歳ステークスで4着
共同通信杯、青葉賞で5着に入るなど
芝でも重賞で通用する走りを見せていたため
ダートへの転向が遅れましたが
ダートに転向してからは芝以上に堅実な走りを見せている馬です。

前走のマーキュリーカップは2着
昨年のシリウスステークスでも2着と
重賞制覇まであと一歩の馬ですが
今回のエルムステークスは重賞初制覇のチャンスです。

そんなピオネロについてエルムステークスで
期待できる点と不安材料について話をしていきたいと思います。

 

ピオネロのここは買い

どの競馬場でも堅実に走る安定感

ピオネロはダートに転向してから9戦を消化していますが

京都 2戦
阪神 1戦
中京 2戦
中山 1戦
新潟 1戦
盛岡 1戦(地方)
名古屋 1戦(地方)

と様々な競馬場でレースをしています。

そして、この9戦で残した結果は

【2.4.1.2】

馬券圏内を外した2戦は
東海ステークス6着、平安ステークス4着と
重賞レースでの僅差負けです。

つまりどの競馬場でも安定して走る適応力の高さがあります。

付け加えて言うとその9戦では先行したり差しに回ったりする自在性を見せているうえに
良馬場から不良馬場まで様々な馬場に対する適応力も見せています。

今回は初めての札幌競馬場での競馬
初めての1700mでの競馬と初物が多いレースになりますが
ピオネロが過去に見せてきた適応力の高さを考えれば
障害になることは考えられず、ピオネロの力を発揮してくれるでしょう。

 

ピオネロのここは危険材料

ここまでピオネロのプラス材料について話をしてきましたが、
今度はマイナス材料について話をしていきます。

他馬と差をつけるべく武器に乏しい

先ほどピオネロの適応力の高さや安定感について話をしてきましたが
成績を見てみると2着が多く勝ち切れていない事が分かります。

なぜ、2着が多いのかというと
ピオネロが持っているオリジナルの武器(長所)がないからです。

自在性もあり、適応力もあり、スピードも持っており
直線に入ってからもそれなりに伸びますが
どれも他の馬と比較して圧倒的に差をつけられるようなものではありません。

レースの流れにのって、それなりに力を出し切ることは出来るのですが
他馬を凌駕する武器を持っている馬にいつも屈してしまうのがピオネロの弱みです。

前走のマーキュリーカップは1番人気で出走して
直線ではクリノスターオーを振り切りましたが
後方で脚を溜めていたミツバの豪脚に屈してしまいました。

また4走前の総武ステークスでは後方から徐々にポジションをあげて
上手なレース運びをしましたが、卓越したスピードを持つ
モンドクラッセに届かず敗戦してしまいました。

このように爆発的な末脚や卓越したスピードという武器を持っている馬に
どうしても負けてしまうのがピオネロの弱点だと言えます。

今回のエルムステークスでも上手にレースをすることが出来るとは思いますが
何か一つ光る武器を持っている馬達にやられてしまう
という事は十分に考えられます。

体調面の不安を抱えている点

ピオネロの前走は盛岡で行われたマーキュリーカップでした。

ローテーションとしては3月にレースを使い
5月、7月に1回ずつレースを使っているので
特段厳しいローテーションではありませんが
馬体重を見てみると近2走で17kg落としており
前走はダートに転戦してから一番軽い491kgでレースを行いました。

総武ステークスでもマイナス18kgになるなど
もともと馬体の変動が激しいタイプではありますが
夏場のこの時期に馬体を減らしているという点は
ピオネロの状態、体調面について不安要素となります

エルムステークスでは何kgで出走してくるかは分かりませんが
馬体の回復は急務でこれ以上減らして出走してくるようだと
持っている能力を発揮できずに負けてしまう場合も考えられます。

 

以上が、2017エルムステークスでピオネロが抱える
期待できる点と不安材料です。

 

ピオネロは芝でも安定した成績を誇っていたように能力はある馬です。

ただ、レースで詰めの甘さを見せているように
ここぞという時に勝負弱い馬なので
思い切って逃げたり、最後方待機から追い込んだりという戦法で
レースに挑んでみても面白いかもしれません。

またこういった安定感のある馬は混戦時に力を発揮しやすいので
今回ピオネロがどのようなレースを見せてくれるのか、注目ですね。

 

2017エルムステークスで注目している馬は
今回はきっちり力を出し切ってくれそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >



今春も重賞競走11週連続的中!!

最強の関西情報社チェックメイト



3連単【11万円】的中実績のある

エルムS(G3)

今年はアノ人気薄関西馬が高配当を演出!?

最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

エルムS3連単勝負買い目の
無料入手方法はコチラ!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。