【2017関屋記念予想】メートルダール重賞初勝利の可能性と危険性

Pocket

2017関屋記念で人気が予想される
メートルダールについて関屋記念で
重賞初勝利を飾る可能性と凡走する危険性について

話をしていきます。

 

サマーマイルシリーズの第2戦となる関屋記念

第1戦で勝利したウインガニオンや
3着に入ったブラックムーン、5着のダノンリバティが出走を予定しており
サマーマイルチャンピオンを争う1戦になりそうです。

そんな中でサマーマイルチャンピオンに興味がなさそうな
有力馬が1頭出走を予定しています。

 

その馬の名前は

メートルダール

です。

 

3歳の頃から京成杯3着、共同通信杯3着、青葉賞5着と
重賞でも互角に戦ってきたメートルダールですが
勝ち味の遅さから賞金を加算する事が出来ずに出世が遅れてしまいました。

しかし、メートルダールには重賞で勝負出来るだけの地力があるので
ゆっくりながらも着実に条件戦を勝ってきて
遂にオープン馬の仲間入りを果たしました。

格は下でも能力は互角以上であることは周知の事実である
メートルダールにとって、今年の関屋記念は重賞獲得のチャンスとなりますが
果たして重賞初勝利を飾る事が出来るのでしょうか?

メートルダールの期待できる点と
不安材料について話をしていきたいと思います。

 

メートルダールのここは買い

高い新潟適性を持っている点

メートルダールは過去新潟で走ったのは1度だけ
重賞の新潟大賞典で3着という成績を残しています。

この1戦だけでなぜ高い新潟適性を持っていると判断出来るのか?

それはメートルダールの血統や全成績を見ていくと分かります。

まずメートルダールは左回りのレースが得意です。
過去の左回りでの成績を見てみると
【4.0.3.1】と抜群の安定感を示しています。

唯一5着に敗れたのは2400mの距離が合わなかった青葉賞のみで
適性距離の中では常に馬券圏内を確保しています。

関屋記念が行われる新潟競馬場も左回りですので
メートルダールにとっては歓迎の舞台だと言えます。

今度は血統の観点から適性を探ってみます。

メートルダールの父親はゼンノロブロイ

ゼンノロブロイ産駒の特徴と言えば

「長く良い脚を使う、スタミナタイプの馬が多い」

という事が挙げられます。

それゆえにゼンノロブロイ産駒は東京の長い直線を得意にしていますが
新潟の外回りコースは東京以上に直線距離が長く
瞬発力よりも長く良い脚が使える持久力を求められます。

瞬発力勝負が苦手なメートルダールにとって
長い直線で行われる新潟芝外回り戦は
絶好の舞台であると言えるでしょう。

差し脚質である点

メートルダールは前走こそ4コーナー先頭から押し切りましたが
基本的には差しという戦法をとっている馬です。

関屋記念の過去の成績を見てみると
長い直線の影響も有り、逃げ・先行馬は苦戦しており
差し・追い込み馬のみが活躍しているような偏った舞台になっています。

前走こそ先行捲りの戦法をとったメートルダールですが
今回はじっくりと溜めての競馬になることが想定され
脚質的な不利を受けずに自分の力を出せる事が想定されます。

 

メートルダールのここは危険材料

ここまでメートルダールのプラス材料について話をしてきましたが、
今度はマイナス材料について話をしていきます。

マイルへの対応が未知である点

メートルダールは前走東京芝1600mの多摩川ステークス
で勝利を挙げましたが、本質的にメートルダールは中距離馬です。

マイル以下のレースを使ったのはデビュー戦の札幌1500mのみ

その際は1番人気を裏切って3着に敗れていますが
それ以降は1800m以上のレースばかりに出走していたことから
陣営があえてマイル路線を嫌っていた事が分かります。

前走は少頭数で先行策という奇襲を仕掛けての勝利ということで
まだマイル以下への適性は証明出来ていない中での
マイル重賞はメートルダールにとって足かせになる可能性があります。

前走の反動が心配な点

メートルダールは前走の多摩川ステークスに出走した際に
マイナス12kgで出走して、今まで取った事のない先行策を取りました。

ここに加えて距離短縮という変化を加えており
かなり大きな変化を取り入れたことから
負担の大きいレースであったと言えます。

今回の関屋記念は負担の大きいレースの後に迎えるレースです。

2ヶ月の間隔を空けてどこまで回復できるかで
メートルダールが好走できるかどうかの確率が変わってくると言えます。

 

以上が、2017関屋記念でメートルダールが抱える
期待できる点と不安材料です。

 

3歳時から重賞で活躍してきたメートルダールが
ここでスカッと重賞を勝つようだと、今後GIが見えてきます。

メートルダールの走りに注目をしましょう!!

 

2017関屋記念で注目している馬は
新潟の長い直線を武器に出来そうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第52回 関屋記念(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
関屋記念を3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。