【2017エルムステークス予想】テイエムジンソクは危険な人気馬?勝率分析

Pocket

2017エルムステークスで人気が予想される
テイエムジンソクが危険な人気馬となってしまう可能性
勝率はどのくらいなのかという点について
分析をしながら話をしていきます。

 

2017年の日本ダート界は群雄割拠の混戦となっています。

フェブラリーステークスを勝ったゴールドドリームは
その後、ドバイワールドカップと帝王賞を走って14着と7着

フェブラリーステークス2着のベストウォーリアは
かしわ記念4着、さきたま杯3着と勝ち星を挙げる事が出来ず

秋には勢力図が一気に塗り替えられてしまいそうなほど
春に実績を出してきたダートのトップホースは脆弱です。

そんな中でダート界を統一する可能性を秘めた馬が
今週のエルムステークスに出走してきます。

 

その馬の名前は

テイエムジンソク

です。

 

テイエムジンソクは21戦走っていますが
未だに重賞に出走した事はありません。

そんなトップホースとは対照的な裏街道を歩んできた
テイエムジンソクがダートの頂点を狙えるかもしれないと
言えるのは、近走の充実にあります。

前走のマリーンステークス、前々走の大沼ステークス
3走前の東大路ステークスといずれもワンサイドの圧勝でした。

オープン特別とはいえあまりの勝ちっぷりの良さに
重賞はおろかGIへの期待も膨らんでいるのが
現在のテイエムジンソクの姿です。

この実績から2017エルムステークスでも
断然の人気になることが予想されますが
果たしてテイエムジンソクはここでも信頼できる存在なのでしょうか?

 

私の見解は

テイエムジンソクは今回信頼出来る人気馬である

という見解です。

 

オープン特別で圧勝しているとはいえ
今回は相手も強化される中での重賞挑戦と不安材料はあるテイエムジンソクが
なぜエルムステークスで信頼出来る人気馬であると言えるのか?

理由を説明していきたいと思います。

近3戦のレース内容が秀逸である点

テイエムジンソクは21戦をこなしていますが
デビュー戦で6着に敗れているように
若駒から力を発揮している馬ではありませんでした。

そんなテイエムジンソクが古馬になって徐々に成長していき
近3走は圧勝している訳ですが、その内訳をみていきましょう。

前走のマリーンステークスは逃げを打ちました。

単勝1.5倍と圧倒的な一番人気で出走していたので
後続にマークされる難しい立場でしたが
直線に入って2着以下を突き放して5馬身差の圧勝。

上がり3ハロンの順位は37.2秒と3位
道中12番手でレースを進めたアルタイルと0.2秒差の末脚を繰り出し
2着以下に力の違いを見せつけたレースとなりました。

前々走の大沼ステークスは4番手での競馬になりました。

4コーナーでは2番手まで押し上げて
直線に入ってからは一気に突き抜けて4馬身差の圧勝

4コーナーで2番手にいたにも関わらず
上がり3ハロンの順位は36.9秒と1位(2位とは0.5秒差)

先行力と直線に入ってからの末脚を見せた内容のレースで
不安要素の少ないレースが出来る事を証明しました。

3走前の東大路ステークスは大沼ステークスとほぼ同様に競馬

上がり3ハロンのタイムこそ、道中16番手でレースを進めた
ヒロブレイブに次ぐ2位でしたが、4馬身を突き放しての圧勝でした。

どのレースを見ても4馬身以上の差をつけていること
先行出来る脚力と直線でも伸びる末脚の双方を兼ね備えていることを
見せつけたレースで秀逸な内容であると同時に
G3レベルを超えたレベルである事が言えます。

 

連戦による疲労の心配が要らない点

夏場のレースを使っている馬というのは
体調管理が難しく、レースでの反動や蓄積疲労が出る心配があります。

テイエムジンソクも5月28日から既に3回レースを走っており
好走の反動や蓄積疲労を心配する声もチラホラと聞かれます。

しかし、先ほど近3走のレース内容を話したとおり
全てがワンサイドの圧勝で他馬と競り合うという事
を経験せずに3戦を消化しました。

1頭で楽(スムーズ)に走れるレースばかりを経験しているので
レースでの疲労は少ないと考える事が自然です。

前走の反動やこれまでの蓄積疲労がないとなれば
近3走で見せたようなパフォーマンスを
今年のエルムステークスでも発揮できる確率が上がり
好走への期待も膨らみます。

 

古川騎手との相性が良いという点

テイエムジンソクはデビューしてからずっと
竹之下騎手が手綱を取ってきましたが
3走前から古川騎手に手綱が替わりました。

古川騎手に替わってから圧勝を続けるようになったことは
テイエムジンソクと古川騎手の相性の良さを示しています。

競走馬は繊細な生き物なので、跨がった感触や手綱の締め方など
騎手が替われば、馬も敏感に変わってきます。

古川騎手に変わって快進撃を続けるようになったテイエムジンソクは
近3走を除く18戦よりも遙かのパワーアップした馬であると言えます。

 

以上、3つの理由から

2017エルムステークスにおける

テイエムジンソクは今回信頼出来る馬である

という結論に達します。

 

春の実績馬が頼りないだけに2017エルムステークスで
テイエムジンソクが圧勝するようであれば
ダートの勢力図が一変するかもしれません。

平安ステークスを快勝したグレイトパールが故障してしまったいま
テイエムジンソクにかかる期待は大きく注目の一戦ですね。

 

2017エルムステークスで
穴党の私が注目している馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >



今春も重賞競走11週連続的中!!

最強の関西情報社チェックメイト



3連単【11万円】的中実績のある

エルムS(G3)

今年はアノ人気薄関西馬が高配当を演出!?

最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

エルムS3連単勝負買い目の
無料入手方法はコチラ!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

スポンサードリンク