2017レパードステークス枠順確定、展開予想と脚質の有利不利を分析

Pocket

2017レパードステークスの枠順確定を受けて、
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想
また展開を味方につけられそうな馬はどの馬なのかについて
過去10年のデータを分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第9回 レパードS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
レパードSを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

こんにちは、MOTOです。

2017レパードステークスの枠順が確定しましたので
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想などを
過去データを考えながら話していきたいと思います。

週初めのブログでも話しましたがレパードステークスの特徴を見ていくと

・内枠が圧倒的に不利

・差し、追い込み馬は苦戦

という特徴があります。

新潟競馬場は直線が長いというイメージがありますが
新潟ダート1800mをはじめとしたダートコースは
小回りコースとなっており、機動力が必要なコースです。

また新潟競馬場は平坦コースということもあり
ダートは芝とは真逆で先行馬が圧倒的に優勢なコース
であることも特徴的ですね。

 

展開予想

今回、ペースの鍵を握りそうな逃げ馬候補は3頭。

1枠1番の タガノグルナ

5枠9番の サルサディオーネ

7枠13番の ノーブルサターン

3頭ともに前走で逃げた馬ですが
その中でも1枠1番という最内枠に入ってしまったタガノグルナは
逃げることが出来ないと馬群に包まれてしまうので
意地でも逃げるのではないかと思います。

タガノグルナが速いペースで飛ばす中を
サルサディオーネ、ノーブルサターンが続くと思われますが
3頭とも逃げて強い競馬を見せているので
スローペースに落として脚を溜めるような競馬にはならなそうです。

ある程度速いペースでレースが流れるとみる方が妥当でしょう。

ベルモントステークスの出走が叶わなかった

3枠5番の エピカリス

国内でのエピカリスのレースは先団に取り付いて
直線ではそのまま押し切るというようなレースを見せてきましたが
今回のレパードステークスではどのようなレースを見せるのか分かりません。

休み前は圧勝続きだったので、おそらく番手につけて
直線で押し切るようなレースをすると思いますが
その場合、状態面が大きな鍵を握るでしょう。

エピカリスの状態面がイマイチだった場合、重賞の速いペースについていって
最後の直線でバテてズルズル後退してしまう。

というケースは頭の隅に入れておいた方がいいでしょう

かなりの人気を背負うと思いますので、
本命としては買いたくない馬ですね。

今度は差し馬の有力馬について見てみましょう。

2番人気が予想される

7枠12番の ハルクンノテソーロ

ユニコーンステークスでは大きな出遅れをしてしまった
ハルクンノテソーロにとって、レパードステークスの舞台は正直合いません。

3走前の500万条件では5番手でレースを進めて
直線で抜け出して勝っているので同じようなレースが出来ればいいのですが
前走の出遅れは後入れの偶数枠で普通にゲートを出たにも関わらず
2~3馬身離されてしまったので、テンのダッシュ力不足と捉えることが出来
前で競馬をすることは難しそうです。

今回のハルクンノテソーロはちょっと馬券を買いづらいですね。

ジャパンダートダービーで3着になった

8枠15番の タガノディグオ

タガノディグオもハルクンノテソーロと同様に
前走は出遅れて地方馬が多く出走してるメンバーの中
9番手でレースを進めました。

今回は距離短縮となり、スピード勝負のコースでの競馬になるので
道中のポジションは後ろになりそうですが
タガノディグオは捲ることが出来るので大外枠はプラスに働きそうです。

展開としては逃げ馬が速い流れを作っていきそうなので
逃げ・番手の一列後ろにいる組が走りやすそうです。

その点から

3枠4番の タガノカトレア

4枠6番の スターストレック

8枠14番の テンザワールド

あたりはスムーズな競馬が出来そうです。

タガノカトレアは前走ユニコーンステークスに出走して
前崩れの流れを前で粘って5着

本来であればもう少し外目の枠を引きたかったところですが
タガノカトレア自身は馬体も軽く体力勝負が向かない馬なので
今回の3枠4番はギリギリ大丈夫といったところでしょう。

スターストレック、テンザワールドは前走で1000万条件を勝利

データ的にも前走で1000万条件を勝った馬は相性がよく
スターストレックもテンザワールドも3番人気以内に支持されながら
勝っているので、底力はあると判断できます。

先行力もありますし、2頭とも偶数枠を引いたので
スムーズなレースが出来そうで侮れない存在です。

予想の焦点としてはエピカリスをどう扱うかという事に尽きると思いますが
戦法が限定されてしまいそうな3枠5番という枠順はマイナスだと言えます。

地力が断然であることは誰の目から見ても明らかですが
果たしてエピカリスがどこまでのパフォーマンスを見せてくれるのか注目ですね。

 

馬場状態

ここまでは展開を予想していきましたが
新潟競馬場の日曜日の天候を見てみると
西日本の台風の影響は受けそうもなく、良馬場でレースが出来そうです。

雨が降る確率は低いですが、前走不良馬場で0.6秒差で圧勝した
ルーラーシップ産駒のタガノグルナや
重馬場で青竜ステークス2着となったハルクンノテソーロ
重馬場は3戦して全て馬券絡みのタガノディグオなど
重馬場巧者が多数いるだけに天気、馬場にも注目しておきましょう。

 

2017レパードステークスで注目している馬は
前崩れの流れなら差してこられそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。