【2017小倉記念予想】バンドワゴンは危険な人気馬?勝率分析

Pocket

2017小倉記念で人気が予想される
バンドワゴンが危険な人気馬となってしまう可能性
勝率はどのくらいなのかという点について
分析をしながら話をしていきます。

 

サマー2000シリーズも七夕賞と函館記念が終わり
第3戦目となる小倉記念を迎えます。

七夕賞、函館記念と同様に小回りで行われる中距離戦と言う事で
一筋縄ではいかない気配がプンプンしてきますが
夏の層が薄い中で初の重賞勝利を狙う馬が多数出走してきます。

そんな中でも潜在能力ではナンバーワンと言える馬がいます。

 

その馬の名前は

バンドワゴン

です。

 

バンドワゴンは2歳時に新馬戦でトゥザワールドを6馬身ちぎって勝ち
続くエリカ賞(500万条件)ではヴォルシェーヴを5馬身ちぎって
勝ったことで一気にクラシックの主役に躍り出ました。

続くきさらぎ賞ではトーセンスターダムに敗れたものの
僅差の2着でクラシックに期待が膨らむも故障で戦線離脱

クラシックを棒に振り、2年の休養期間を経て復活した実力馬です。

復活した後は2歳時のような勢いのあるレースを見せられていないものの
2勝を挙げて晴れてオープン入り、前走の鳴尾記念こそ負けてしまいましたが
その絶対能力の高さを武器に初の重賞制覇を狙う馬です。

当然、2歳時・3歳時の実績から2017小倉記念でも
人気になることが予想されますが
果たしてバンドワゴンはここでも信頼できる存在なのでしょうか?

 

私の見解は

バンドワゴンは今回危険な人気馬である

という見解です。

 

一時期はGIを勝てると言われたほどの実力馬が
なぜ、今回の小倉記念で危険な人気馬になってしまうのか?

理由を説明していきたいと思います。

年齢を追うごとにパフォーマンスが下がっている点

バンドワゴンがデビューしてから2戦で
トゥザワールド、ヴォルシェーヴといった重賞ウィナーに
大きな差をつけて勝っているように
バンドワゴンの2歳時のレースは凄まじいものがありました。

バンドワゴンの武器であり、特徴であったのが

「他の馬を寄せ付けない闘争心」

です。

スタートからダッシュを決めて
闘争心をむき出しにしてゴールまで一心不乱に走る姿が
バンドワゴンの本質であり、武器となっていました。

しかし、復帰してからのバンドワゴンは一度も
2歳時に見せた唸るような走りを見せていません。

能力の高さで2勝を挙げることが出来ましたが
その内容を見てみると闘争心を感じる走りは見せられていません。

良く言えば大人になり、落ち着いたということですが
バンドワゴンの場合は荒さ(闘争心)が最大の武器だっただけに
大きな戦力を失った事になります。

2歳時の走りが頭に残っている多くの競馬ファンは
今回こそバンドワゴンの全成績の姿が見られるかもしれないと思い
近走見せているパフォーマンス以上に支持するので
過剰人気になりますが、全盛期のバンドワゴンはもういないと思った方が良いでしょう。

 

但馬S(1600万条件)が低レベルだった点

バンドワゴンは全盛期の走りが出来なくなってしまったという事は
先ほど話したとおりですが、復帰してからのバンドワゴンは
重賞で上位人気に支持されるような競馬は見せられていません。

勝利した前々走の但馬ステークスを見てみると
そのレベルの低さが浮き彫りになってきます。

但馬ステークスで2着に入ったグランアルマダは
次走で同じ1600万条件に出走するも9着

1番人気で3着に敗れたサトノケンシロウも
次のレースで1番人気に支持されながら3着と敗れています。

4着のフロリダパンサーは、その後1600万条件を
2回使っていますが、13着、9着と全く競馬になっておらず

5着のギモーヴはその後降級して臨んだ1000万条件でも7着

と、どの馬も結果を出せていません。

前走の鳴尾記念も見せ場無く敗れているように
現在のバンドワゴンは重賞で通用するだけの
パフォーマンスを見せておらず、かなり苦しい状態だと言えます。

ここに人気も加わり、マークされる立場になってしまうことから
更にレースしづらい状態で走らなくてはならない辛さがあります。

この事を考えるとバンドワゴンには難しいレースになりそうです。

 

以上、2つの理由から

2017小倉記念における

バンドワゴンは今回危険な人気馬である

という結論に達します。

 

ロマン派としてはバンドワゴンに強い競馬をしてもらい
GIで果敢逃げて実力馬達に勝負を挑む姿をみたいものですが
実際にはどれくらいのパフォーマンスを見せられるでしょうか?

色々な意味で注目の一戦ですね。

 

2017小倉記念で注目している馬は
もちろんバンドワゴンではなく

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第9回 レパードS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
レパードSを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。