【2017レパードステークス】過去6年のデータ分析|好走馬の傾向は果たして?

Pocket

2017レパードステークスを予想する際に必要となる
過去6年間で行われたレースからのデータを分析をしていきます。
(レースが始まってからまだ6年しか経っていないので過去10年ではなく過去6年となります)

過去にはトランセンドやホッコータルマエなどのダート王が勝ち名乗りをあげており
春の東京で行われるユニコーンステークスよりも出世レースとなっているレパードステークス

新潟で行われるダート競走は少なく、傾向が掴みづらい条件で開催される
レースとなっていますので馬券を的中すべく傾向をお話ししていきたいと思います。

 

今年の3歳ダート路線はまだ混沌としています。

ユニコーンステークスを勝ったサンライズノヴァは
次走のジャパンダートダービーであっさりと6着敗退。

そのジャパンダートダービーでは地方馬ヒガシウィルウィンが
強豪中央勢を破って優勝と確固たる中心がいません。

今回は2歳から圧倒的な走りを見せてきたエピカリスが出走を予定していますが
果たして結果はどうなるでしょうか?

そんなレパードステークスで馬券を的中させるべく
過去6年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データはJRA-VANより引用しております)

※ なおデータは数値のブレを少なくするために
単勝50倍以下の馬で統計をとっています。

 

内枠は不利、買うなら中枠より外

最初は枠順別成績から話をしていきます。

レパードステークスの枠順別成績を見てみると

と、1,2枠の内枠の成績が良くない事が分かります。

ダート戦は新潟に限らず基本的に外枠が有利です。

理由としては、内枠に入ると道中で砂を被ってしまうという点と
直線でスムーズに加速が出来ない点が挙げられます。

逆に外枠は道中の障害も少なく
スムーズに加速できることから不利なくレースできる訳ですが
中枠が好成績を収めているという事は
外枠の馬が被る距離ロスを挽回できないような
スピード勝負になっているということが言えます。

 

ジャパンダートダービー組が馬券の中心

中央で行われる3歳のダート重賞はレパードステークスとユニコーンステークスのみ

それゆえにこの2つの重賞には強豪馬が集まってきます。

レパードステークスにおける前走出走レース別の成績をみてみると

前走でジャパンダートダービーに出走していた馬が
複勝率60%という極めて高い数値を残しています。

ジャパンダートダービーは統一重賞であり、GIレースであることから
世代トップの馬達が集結してくるレースです。

ですので、その馬達が能力を素直に発揮している事が分かります。

ちなみにユニコーンステークス組はジャパンダートダービー組とは対照的に
複勝率は30%を切り、複勝回収率も50%を切る低水準の成績になっていることが分かります。

ジャパンダートダービーとユニコーンステークスの違いはレースの質にあります。

ジャパンダートダービーは世代トップの馬が集まるものの
中央から出走してくる馬は大体5~6頭

実質5頭立てのような競馬になっていることから
レースの反動が少なくなりますが
ユニコーンステークスは16頭での競馬になることが多く
激戦になりやすい分、レースの負担が大きく反動が表れるので
対照的な結果になっている事が分かります。

前走でジャパンダートダービーに出走した組は要注意ですね。

 

差し・追い込み馬は苦戦、後方一気の脚は決まりづらい

次にどんな脚質の馬がレパードステークスで活躍しているのかを見てみます。

新潟の芝コースは直線の距離が長く、差し追い込み馬が活躍している
というイメージを持っている人が多いと思いますが
新潟ダートコースは以下のような形状になっており、決して直線は長くありません。

直線が長くないコースに加えて、新潟競馬場は平坦コースなので
前にいる馬が好成績を残しています。

上は過去のレパードステークスにおいて
4コーナーの位置取りが何番目だったのか
によって分けられた成績表になります。

前にいればいるほど、複勝率や複勝回収率が上がっており
後ろにいればいるほど、複勝率や複勝回収率が下がっていることが分かります。

ユニコーンステークスは東京競馬場で行われるため
直線の中ほどで坂があり、前の馬が止まる要因となっていますが
終始、平坦の新潟ダートコースでは、前にいる馬が止まる要因がなく
持っているスピード能力のままにゴールまで駆け抜けている事が分かります。

ダート馬は通常馬体が大きくパワーに優れた馬が好成績を残していますが
新潟ダートコースは坂がなく、パワーを必要としないコース形態のため
馬体の軽い馬が活躍していることも以下の表から分かります。

レパードステークスで何よりも必要なのはスピードである
という事を抑えておくといいですね。

 

以上が2017レパードステークスを攻略するための主たるデータです。

実力馬がそのまま勝ちやすい3歳のダート重賞ですが
その中でもスピード能力の高い馬をチョイスすると的中確率は上がっていきそうですね。

 

2017レパードステークスで私が注目している馬は
好走の条件が整っている

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第9回 レパードS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
レパードSを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。