高松宮記念に向けストレイトガール快勝!重賞レース回顧

Pocket

先日行われた重賞、シルクロードSと根岸S
両方ともGIに繋がるレースとなりました。

まず、注目したいのはシルクロードSを勝ったストレイトガール
レディオブオペラのペースに楽についていき
直線ではあっさりと抜け出して勝利。
内枠の利点こそあったもののパワーのあるタイプの馬が
スピード能力の高さを見せつけたことは
GI高松宮記念でも十分に走れる事の証明でしょう。
本番ではハクサンムーンというもう1ランク強い逃げ馬がいますが
互角に渡り合えるでしょう。

2着レディオブオペラは完敗です。
逃げ馬は相手が強くなると脆さを見せてしまう傾向にありますが
まさにそんな感じのレースでした。
2着を確保したのは、今の勢いがなせる業でしょう。
ここで勢いが止まったあと、どういう競馬を見せるのかが注目です。
大抵の馬は一度頭打ちになってしまう傾向にあるので
次走は今回と同様の評価は難しいでしょう。

3着のリトルゲルダは好走の理由がイマイチはっきりしません。
次走様子を見る事にしたいです。

4着のマジンプロスパーは自分の走りはした印象があります。
次走もそれなりの競馬はすると思いますが
馬券に絡む事は難しいでしょう。

もう一方の重賞根岸Sは非常に評価の難しいレースです。

ペースが遅かったとは言え前崩れの競馬となり
後方から差した馬が1~3着となりました。

そういった意味では4着に粘った一番人気のブライトラインは
それなりに力を見せた競馬だったといえます。
ただ、強豪メンバーが集まるフェブラリーSで通用するかは疑問です。
距離が延びるのも好材料ではありませんからね。

勝ったゴールスキーは勝ちっぷりとして
GIに足りる印象はなかったものの
陣営は今回は調整不足をしきりにアピールしていたので
上積みという点を含めてフェブラリーSに可能性のある馬です。

もう1頭可能性があるとしたら3着に入ったシルクフォーチュンです。
展開に注文がつくド追い込みの馬なのでハマらなければ
惨敗ですが、前が止まる展開になった時は出番は十分にあるでしょう。

2着ノーザンリバーは好走しましたが
本質的には中山向きの馬です。
逆にいえば今は充実しているということでしょう。

5着アドマイヤロイヤルはそこそこに走っていますが
突き抜けるようなインパクトがない反面
相手なりに走れるという典型の馬ですね。

2番人気ドリームバレンチノは能力を出した印象で
もともとこのメンバーで好走出来るほどの力はないように感じます。
中央のGIを取りたいなら芝に戻した方がいいですね。

GIに向けて貴重な情報収集が出来た2つのレースでした。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。