【2017小倉記念】過去10年のデータ分析|好走馬の傾向は果たして?

Pocket

2017小倉記念を予想する際に必要となる
過去10年間で行われたレースからのデータを分析をしていきます。

過去にはメイショウカイドウやメイショウナルトなどの小倉巧者が活躍したレース
有利な条件でレースが出来るのは先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?
小回り平坦コースという中央場所にはない特殊条件である
小倉芝2000m戦で好走している馬について話をしていきます。

 

2017年のサマー2000mシリーズ第3戦目の小倉記念
初戦の七夕賞ではゼーヴィントが勝利
2戦目の函館記念ではルミナスウォリアーが勝利しましたが
ゼーヴィントはGIを目標にしたローテーションをとり
サマー2000チャンピオンを目指さないという方針を出しているだけに、
今回の小倉記念で勝てば一気にサマー2000チャンピオンが見えてきます。

そんな小倉記念で馬券を的中させるべく
過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データはJRA-VANより引用しております)

※ なおデータは数値のブレを少なくするために
単勝50倍以下の馬で統計をとっています。

 

ベテランよりも若い馬が狙える

最初は年齢別成績から話をしていきます。

小倉記念の年齢別成績を見てみると

と、5歳以下の馬が高い複勝率を見せており、好成績を残していることが分かります。

夏の小倉開催2週目で行われるということで馬場の状態が良く、
パワーやスタミナよりもスピードが求められる条件で行われているため
スピードの能力の高い若駒が好成績を残している事が分かります。

 

小回りコースだが、末脚を武器とした馬が活躍

先ほどの年齢別成績でスピード能力の高い馬が好成績を残しているという話をしましたが、このデータとリンクしているデータを見ていただきます。

小倉記念における上がり3ハロンの順位別成績をみてみると

上がり3ハロンで1~3位の馬で上位を独占しているレースであることが分かります。

小回りで平坦コースとなれば、前々で競馬をして
直線で粘り込むような競馬が出来た馬が強いような気がしますが
なぜ、最後の直線で伸びてくる馬が好成績を残しているのでしょうか?

以下のコース立体図からもわかるように小倉芝2000mのコースは
スタートしてから最初のコーナーまでかなり長い距離があります。

つまりスタートしてから各馬のポジション争いが
激しくなりづらいという事を表しています。

ポジション争いが激しくならないということはテンのペースが上がりづらく
落ち着いた流れになりやすくなりますので
末脚を武器とした馬が脚を溜めやすい条件になっていきます。

コース形態としては先行して内にピタリとつけて競馬をする馬が有利ではありますが
スローペースに流れやすい分、直線で末脚を爆発させる馬が
距離のアドバンテージをひっくり返しているという事ですね。

つまり立ち回りや機動力といったキャリアを重ねた馬よりも
純粋に能力値の高い若い馬の方が好走しやすいという事になってきます。

能力値の高い馬、末脚を武器としている馬を
積極的に選んでいく事が的中への近道になりそうです。

ただ、前走に上がり3ハロンを速い脚で走っている馬をただ狙えばいいか
と言われるとそうではありません。

以下は、過去に小倉記念に出走してきた馬の
前走上がり3ハロン順位別成績となりますが

前走で上がり最速の脚を使った馬は不調に終わっています。

夏の暑い時期のレースになりますので
前走で力を使いすぎれば当然反動は出やすくなります。

ローテーションを見ながら、小倉記念に標準を定めている馬を
狙っていくとさらに確率は上がっていくでしょう。

 

前走で七夕賞を走った組は不振

次に前走でどういったレースに出走してきたのかという点に注目してみます。

以下は前走クラス別の成績です。

前走で重賞に出走してきた馬が好成績を残していることが分かります。

先ほども話しましたが、小倉記念は立ち回りが上手い器用な馬よりも
単純に能力値が高い馬が活躍してるレースなので
条件戦を勝ちあがってきた格下の馬よりも
既に高いレベルで戦っている実績馬の方が有利であることが分かります。

ただ、その中で一つ注意しておかなくてはいけないことがあります。

それは

“七夕賞経由の馬が弱い”

という事です。

以下は前走のレース別成績となります。

前走で七夕賞に出走している馬は複勝率20%
単勝回収率、複勝回収率はいずれも50%を切っており
極端に成績が悪いことが分かります。

前走の上がり3ハロンの順位別成績のところで話をしましたが
夏場の暑い中(きつい条件)で行われるレースになるので
七夕賞から小倉記念という臨戦は適性こそ似たようなものを求められますが
夏場の重賞という負担の大きいローテーションとなるので
成績が良くないという事が分かります。

基本的に七夕賞経由の馬は狙いを下げていきたいですね。

買うのであれば七夕賞で力を出せず
消耗度合いが少ない馬の方が妙味がありそうです。

 

以上が2017小倉記念を攻略するための主たるデータです。

小倉開催は年間でもそれほど多くないので
コースの特徴を掴みづらく予想の難しいレースとなっています。

ですので、小倉記念で好走している条件を
しっかりと把握したうえで予想を展開するようにしましょう。

 

2017小倉記念で私が注目している馬は
好走の条件が整っている

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第9回 レパードS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
レパードSを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。