バンドワゴンvsトーセンスターダム!クラシックの主役はどっち?


今週行われる重賞は2つ
東京競馬場でマイル戦線ステップの一つである東京新聞杯
京都競馬場ではクラシックの登竜門きさらぎ賞が行われます。

注目はきさらぎ賞です。
2014年クラシックの主役候補として名高い
バンドワゴンとトーセンスターダムが出走を予定しています。

バンドワゴンは過去2戦逃げを打っての圧勝
逃げをうちながら、最後の直線はパワーで駆け上がって来るという
いかにもホワイトマズル産駒という競馬を見せています。
アサクサキングスをスケールアップさせた感じですね。

本質的に京都競馬場は合わないタイプの走りをしますが
2戦で見せたパフォーマンスはそれを払拭するのに
十分なものを持っていると言えます。

もう一頭の有力馬トーセンスターダム
こちらは初戦を重馬場で先行策から競り勝ち
2戦目は良馬場を差しきり勝ちするという
いろいろな変化に対応しての2連勝

勝ちっぷりには凄味は感じませんが
器用さと切れ味のある末脚は
今回の舞台は条件ピッタリだと言えるでしょう。

他のメンバーは実績面で劣る馬が多く
2頭の競馬になる公算は高いでしょう。

どちらが勝つのか、どのようなレースをするのかで
2014年のクラシック占えるほど
注目度の高いレースだと言えます。

もう一方の重賞、東京新聞杯は大混戦の一戦です。
そして出走予定馬だけ見るとかなりレベルの高い一戦です。

GI級の能力を秘める安田記念2着馬ショウナンマイティ
基本的にマイルが短いのは間違いありませんが
その適性の中でもGIで2着するほどの底力には注目です。
ただ、昨秋の毎日王冠でも凡走したように
休み明けは得意な馬ではなく、信頼性は高くないでしょう。

復活を期す4歳馬コディーノは殻を破れていない印象。
毎日王冠や天皇賞でもそれなりの競馬をしていますが
インパクトに欠け、早熟だった可能性が現実を帯びている状況です。
厩舎のブランドからも人気になるタイプなので
積極的に買いに走るのは避けたい馬です。

安定感で言えばダノンシャークでしょう。
GIを獲るにはもう一歩力が足りない印象はありますが
常に馬券には絡む超堅実派
昨年も少しずつ実力がアップしている感じで
今回は馬券から外す事は出来ないでしょう。

もう一頭東京マイルでの安定株といえばクラレント
長くいい脚を使うタイプなので、東京コースは合います。
昨秋の毎日王冠でも僅差の3着とこの舞台なら
GI級とも戦える能力も持っていて無視が出来ない馬です。

そんな強豪馬が出走している中で
私が一番注目しているのが京都金杯を勝ったエキストラエンドです。
京都金杯は内枠のメリットが付加された感じがありましたが
素晴らしい切れ味を見せてくれました。
明らかにマイラーで東京競馬場の適性も問題ないでしょう。
あとは能力的に通用するかどうか
今回は人気もさほどないので狙うならここでしょう。

この他にも展開が向きそうなレッドスパーダや
昨年のヴィクトリアマイル馬ヴィルシーナが出走を予定

かなり面白いレースになりそうですね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。