【2017小倉記念予想】ストロングタイタン重賞初勝利の可能性と危険性

Pocket

2017小倉記念で人気が予想される
ストロングタイタンについて小倉記念で
重賞初勝利を飾る可能性と凡走する危険性について
話をしていきます。

 

8月に入り、夏競馬も真っ盛りという感じですが
このメンバーが手薄になる暑い時期にとにかく賞金を稼ぎたいという馬(馬主)は
たくさんいて、夏場に連続出走する馬が多く見られます。

オープンクラスでも同じような事が起こっていて

“メンバーが手薄になるこの時期にとにかく重賞を勝ちたい”

という馬が出走してきます。

今年の小倉記念においても悲願の初重賞を狙う馬が出走してきます。

 

その馬の名前は

ストロングタイタン

です。

 

ストロングタイタンは2歳時に3戦レースをこなしたものの
その後、約8ヶ月間の休養を余儀なくされ
クラシック路線に乗れなかった馬です。

しかし、休養明けとなった500万条件のレースを2着すると
以降のレースを一気に3連勝してオープン入りを果たしました。

その後、重賞を2回使うも共に惨敗
降級した前走は力の違いで準オープンを勝ってきました。

条件戦を一気に駆け上っていった高い素質と
重賞で壁にぶち当たってしまった停滞感。

双方を持っているストロングタイタンについて
2017小倉記念でどれくらいの評価が出来るのか

悩ましいところですので、ここではストロングタイタンの
期待できる点と不安材料について話をしていきたいと思います。

 

ストロングタイタンのここは買い

小倉競馬場のコース適性の高さ

ストロングタイタンは過去4回小倉競馬場のレースに出走していますが

全成績は【3.0.0.1】

負けた1戦は重賞の小倉大賞典(5着)で
条件戦では小倉は3戦全勝と得意の条件となっています。

ストロングタイタンの武器は「豊富なスタミナ」です。

ストロングタイタンはサンデー系種牡馬ではなく外国血統なので
道中で脚を溜めて、直線で爆発させるという競馬は得意ではありません。

ストロングタイタンの過去レースを見てみると
好走したレースについては先行押し切りという戦法で競馬をしています。

東京競馬場のような広いコース、直線の長いコースだと
末脚比べで負けてしまう可能性が高くなるので
直線が短く、3コーナー過ぎから持続的に脚を使い続ける小倉競馬場は
ストロングタイタンにとってぴったりの条件だと言えます。

 

素質の高さとクラス慣れによる適応力に期待が出来る点

前述した通り、ストロングタイタンは条件戦では無敗状態でした。

競馬というのは多数の馬で走り、
展開や馬場など不確定要素が多い中で走るスポーツなので
実力が上でも勝ち続けるのは難しいものです。

しかし、ストロングタイタンは3歳になってから
条件戦を【4.1.0.0】と圧倒的な成績で勝ち上がってきました。

この成績を見るだけで高い素質を秘めている事が分かります。

重賞レースは中山金杯9着、小倉大賞典5着と結果が出ていませんが
オープンクラスの速い流れに戸惑ったと解釈する事が出来ます。

この速い流れはレースの経験を積む事で対応が出来るようになってきます。

野球などで140kgの球を初めてみたときに
「なんて速い球だ」と思いますが
100球連続で見続ければ、最初に見たときよりも遅く感じます。

これと同じことですね。

能力が低ければ、速い流れを経験しても対応出来るようにならないかもしれませんが
ストロングタイタンのように素質の高い馬は
何度かレースを経験すれば流れに対応出来るようになります。

そういった観点から重賞レースでのパフォーマンスも
上がってくる事は間違いありません。

 

ストロングタイタンのここは危険材料

ここまでストロングタイタンのプラス材料について話をしてきましたが、
今度はマイナス材料について話をしていきます。

前走での反動が心配な点

ストロングタイタンの前走出走したレースである
マレーシアカップは約5ヶ月ぶりのレースとなりました。

このレースでストロングタイタンはマイナス12kgと馬体を減らして出走しました。

前走出走時の馬体重518kgはデビュー以来、
最も軽い馬体重であり、成長や体調管理に疑問を持つ状態でした。

そんな状態の中、2着馬とクビ差の接戦をものにしての勝利。

マイナス体重となっていても、体調面は良く
能力全開で勝てたのかもしれませんが

常識的に考えれば

「体調イマイチの中、能力だけで相手を競り落とした」

と考える方が自然です。

休み明け、マイナス体重、目一杯の競馬となれば
当然、その反動がくる可能性が高く
小倉記念でストロングタイタンの持っている能力を発揮できない可能性は十分にあると言えます。

 

以上が、2017小倉記念でストロングタイタンが抱える
期待できる点と不安材料です。

 

現在の競馬界で日本一のトレーナーと言える池江泰寿厩舎の期待馬なので
いやがおうにも期待は高まりますが
今回どのような競馬を見せてくれるのか、注目が集まりますね。

 

2017小倉記念で注目している馬は
この条件がピッタリと合いそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第9回 レパードS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
レパードSを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。