レディオブオペラ5連勝なるか!?根岸S、シルクロードS予想


今日行われる重賞は
東京で根岸ステークス、
京都でシルクロードステークスです。

春のGIシリーズで先行して行われる
フェブラリーステークス、高松宮記念の前哨戦です。

早速予想にいきます。

まずは東京競馬場で行われるこちら

根岸ステークス 勝負度合い 45%

まずは東京ダート1400mの傾向を見ましょう。

東京ダート1400m傾向はコチラ

このレースで目立つのは芝からの転戦組です。
昨年のJBCスプリントからダート転戦して
2戦成績を残しているドリームバレンチノを筆頭に
ゴールスキー、エーシントップなど
色気を持った馬が多く出走します。

本命は ブライトライン です。

このコースはパワーよりもスピードが必要となります。
ブライトラインが持っているスピードはまさに東京向きで
馬も充実しているところから本命に指名です。

対抗はアドマイヤロイヤル
こちらもスピード優先の馬で東京巧者ぶりは周知のとおり
休養明けですが、きっちりと走ってくれるでしょう。

続いてエーシントップ、ゴールスキー、
シルクフォーチュン、セイクリムズンの4頭を挙げます。

ドリームバレンチノは芝もこなせるので
スピードはありますが、本質的にはパワーが勝ったタイプ
中央場所でのダートは初めてで人気面とのバランスが悪い馬なので外します。

上位2頭は信頼度高いので、
ブライトライン、アドマイヤロイヤルの2頭軸に3連複4点勝負とします。

もう一つの重賞は京都競馬場で行われるコチラ

シルクロードステークス 勝負度合い 30%

まずは京都芝1200mの傾向を見てみましょう。

京都芝1200mの傾向はコチラ

注目は4連勝中のレディオブオペラ
前走はスピードに任せての逃げ切り勝ち
京都コースはこの馬のスピードを生かせる最大の舞台でしょう。

素直に本命は レディオブオペラ にします。

能力の底がまだ見えていないので
GI級の馬なのか、ここで躓く馬なのか判断しづらい点はありますが
最内枠を引いて、逃げ馬として最高のお膳立てが出来たので
ここは純粋に「買い」と見ます。

相手はマジンプロスパー
58.5kgは楽ではありませんが
GIから一線下の相手だとしっかりと走ってくる馬で
今回のメンバーなら抑えておく必要があります。

続いてブレイズエターナル、ストレイトガール、ワキノブレイブですが
この2頭はもう少し力のいる馬場が合うので
相手の弱さと枠の有利度合いから浮上するといった感じです。

馬券の買い方としてはレディオブオペラの単勝をオススメします。

それ以外ならレディオブオペラからの馬単4点勝負でいきましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。