2017函館2歳ステークス枠順確定、展開予想から逃げ馬、差し馬を探す

Pocket

2017函館2歳ステークスの枠順確定を受けて、
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想
また展開を味方につけられそうな馬はどの馬なのかについて
過去10年のデータを分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

こんにちは、MOTOです。

2017函館2歳ステークスの枠順が確定しましたので
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
データを基に分析をしながら話していきたいと思います。

まず函館2歳ステークスで過去馬券になった馬の脚質を見てみると

2016年 1~3着馬全馬が4角4番手以内
2015年 1,3着馬が4角5番手、2着馬が4角13番手
2014年 1~3着馬全馬が4角6番手以内
2013年 1~3着馬全馬が4角6番手以内
2012年 1,2着馬が4角11番手、3着馬が4角2番手

と原則として前目のポジションにつけられることが
好走への必須条件となります。

ここで函館競馬場の芝コース平面図を見てみると
芝1200mはスタートしてから最初のコーナーまで十分に距離があり
枠順の有利不利は少ない事が分かります。

中団のポジションにつけて外を回ってしまうと
距離ロスを被ることになるので差し馬は厳しいですが
前につけられる脚がある馬はロスを被る可能性が低くなります。

出走各馬の前走でのポジションを見てみると
ほとんどの馬が4コーナーで3番手以内に上がっています。

その中で人気が予想される ナンヨープランタン は
4角5番手からの差し切り勝ちを収めています。

父ルーラーシップに母父スペシャルウィークと
決して1200m戦は得意とは言えない血統なので
レベルが上がり、ペースが上がる函館2歳ステークスは
厳しい条件での出走になることは間違いありません。

ナンヨープランタンが勝ったレースで
2着になった カシアス、3着になった リンガラポップス は
2戦目で未勝利を勝ちあがる(初戦で今回出走している)
というレベルの高いレースを勝ったナンヨープランタン。

この馬の扱いが馬券の的中のゆくえを大きく左右しそうですね。

新馬戦で逃げ勝った馬は4頭

1枠1番 サンダベンポート
5枠10番 ダンツクレイオー
7枠13番 スズカマンサク
8枠15番 キタノユウキ

それぞれの最初の3ハロンのタイムを見てみると

サンダベンポート 36.9秒
ダンツクレイオー 34.7秒
スズカマンサク 35.4秒
キタノユウキ 34.6秒

キタノユウキが1000m戦だったことを考えると
ダンツクレイオーが先手をとれる可能性は高くなります。

また最内枠をゲットしたサンバベンポートも
スタートを決めて気持ちよく走れれば最内枠が功をそうする可能性があります。

ただ、函館2歳ステークスは逃げ馬よりも
上がり3ハロンの脚をしっかり仕えた馬が活躍しているので
上がり3ハロンの順位が1位だった馬を挙げてみると

ナンヨープランタン 34.4秒
パッセ 35.1秒
ベイビーキャズ 33.9秒
ガウラミディ 36.5秒
カシアス 34.7秒
スズカマンサク 35.1秒

と6頭います。

逃げながら上がり最速で直線を走った
スズカマンサク は面白い存在ですね。

それ以外では2着に3馬身の差をつけた パッセ も注目の存在です。

デビューして1戦しかしていない馬がほとんどの中で行われる重賞レース

正直どの馬が逃げるという事を完全に予想する事は難しいですし
馬券を買って勝負するレースではないと思っていますが
変に展開や枠順の有利不利を考えるのではなく
好位を追走できる末脚のしっかりした馬を狙っていくといいでしょう。

 

2017函館2歳ステークスで注目している馬は
初戦の内容が良かった

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第65回 中京記念(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
中京記念を3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。