2017中京記念枠順確定、外枠・差し馬有利な舞台で展開はどうなる?

Pocket

2017中京記念の枠順確定を受けて、
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想
また展開を味方につけられそうな馬はどの馬なのかについて
過去5年のデータを分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

こんにちは、MOTOです。

2017中京記念の枠順が確定しましたので
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想
また馬場が悪化した際に台頭しそうな馬について
分析をしながら話していきたいと思います。

まず中京芝1600m戦の特徴を見ていくと

・外枠が有利

・差し馬が有利

という中京競馬場特有の特徴があります。

これは中京記念でも同様の傾向を見せており
過去5年の枠順別成績を見てみると
(単勝50倍以下にて集計、以下のデータも単勝50倍以下とする)
5枠から8枠までに入った馬の複勝率はどの枠でも100%を超えています。

なぜにこれほどまでに外枠が優勢なのかという点ですが
中京競馬場芝コース高低断面図を見てみると
残り1000mの時点から残り370m付近までずっと下り坂になっている事が分かります。

つまり3コーナーを回る時も、4コーナーを回る時も常に下り坂なので
勢いがついて外に重力がかかるため、内ラチを頼って走ることが難しくなります。
(内ラチを頼ろうとすると意識的に大きな減速が必要となるため再加速しづらい)

このコース形態により内枠のメリットは消され
下り坂を利用して外をスムーズに加速してきた馬が
直線でもそのまま伸びきってしまうので外枠が有利になります。

 

この2つを特徴を活かせそうな枠に収まったのが

8枠15番の ブラックムーン です。

ブラックムーンは前走の米子ステークスでも後方からの大外一気を決めたように
もともと最後方付近からレースをするタイプの追い込み馬なので
この枠に入ればやることは今まで通りの最後方付近から
コーナーで加速をつけての直線一気という競馬をみせてくるでしょう。

1番人気を争う有力馬ではありますが、良い枠に入ることが出来ました。

また外目の枠を引いて差しに転じてきそうな馬が

8枠16番の サンライズメジャー と 

7枠14番の グァンチャーレ です。

サンライズメジャーは2016年の京王杯スプリングカップで
最後方待機からの大外一気で2着に入っているように差し経験のある馬です。

前々走のマイラーズカップで逃げて5着に入っているように
逃げても差しても競馬が出来るタイプの馬ですが
今回の大外枠なら腹を決めて後方待機から大外ズドンという競馬を見せそうです。

グァンチャーレはここ2戦前で競馬をしていますが好位差しが出来るタイプなので
今回の枠なら無理して前にいくような競馬は見せない確率が高いと言えます。
(古川騎手がそのあたりまで考えられるかという点は議論の余地がありますが)

グァンチャーレもサンライズメジャーもローカルの重賞レベルなら
十分に戦えるだけの能力を持った馬なので
今回の枠順なら穴馬として面白い存在になりそうです。

もう1頭の人気馬 グランシルク は3枠6番と良くない枠に入りました。

3歳時は最後方近くからの競馬が多かったグランシルクですが
古馬になり気性も安定してきたことで中団からレースを進めることが出来るようになってきました。

今回は1番人気か2番人気になると予想されるので
極端な差し競馬は見せない確率が高く、
中団でレースを進めそうなグランシルクにとって
今回の3枠6番はスムーズに進路が確保できない確率が上がります。

馬群で揉まれることを苦にするタイプではないので
極端なマイナス要素にはならないかもしれないですが
福永騎手にとっては非常に乗り難しいレースになりましたね。

次に展開のカギを握りそうな逃げ馬について見てみます。

今回のメンバーでほぼ確実に逃げるであろう馬が

2枠3番の ウインガニオン です

前々走の谷川岳ステークス、前走のパラダイスステークスと
逃げて勝利を収めているうえに
スタートから緩やかなカーブになっている中京芝1600mにおいて
2枠3番という好枠を手に入れてことは逃げ馬にとっては良い条件で
今回も逃げ戦法をとるのは必至です。

このウインガニオンに続く先行馬が

ダノンリバティ、マイネルアウラート、ムーンクレスト

あたりだと思われます。

ダノンリバティは前走谷川岳ステークス、前々走リゲルステークスと番手で競馬を進めています。
ダートでも実績があるようにパワータイプの馬で切れる末脚はありません。
先行してこその馬だと言えるので、松若騎手もある程度出していくでしょう。

マイネルアウラートは4走前のリゲルステークスが逃げ切り勝ち
3走前のニューイヤーステークスでは4角先頭で押し切り勝ちと
こちらも前にいって持ち味を発揮するタイプ。

鞍上も川田騎手に乗り替わり番手での競馬が予想されます。

トウショウピストは1400m戦を主戦として戦ってきた馬
今回距離延長で出走する数少ない馬ですし
人気もまったくない状態で出走してきそうなので
思い切った戦法がとれる立場です。

ウインガニオンがもたもたするようだとこの馬が逃げるかもしれませんね。

と3頭の先行馬について話をしてきましたが
どの馬も外目の枠を引きました。

内目の馬で先行しそうな馬は

ピークトラム です。

前走の谷川岳ステークス、前々走の大阪ハンブルグカップでは2番手で競馬をしており
今回はペース判断の優れた武豊騎手が騎乗するとあって
内からロスのない競馬をしてくる可能性が高いです。

ウインガニオンの人気がどれくらいになるかは分かりませんが
おそらくグランシルクとブラックムーンが差し馬2頭が人気を分け合う形となる
可能性が高い事から前はそれほどペースが速くならないのではないかと思っています。

ウインガニオンはおそらく3番人気になって
ある程度マークされる立場になることを考えれば
ウインガニオンの後ろにいる好位から競馬をする組は面白いのではないかと思います。

トウショウピストはともかく、ダノンリバティ、マイネルアウラート、ピークトラムの
3頭はグランシルクやブラックムーンと比較しても
それほど大きな力差がある訳ではないにも関わらず人気では大きく水を空けられそうなので
このあたりから狙っていくと面白いかなと思っています。

逆に差しの展開になることを予想するのであれば
外枠に入ったグァンチャーレやサンライズメジャーが
無欲の追い込みが出来る枠に入ったので、穴としては面白いですね。

このあたりは人気を見ながら期待値の高い方を選択していきたいですね。

 

土曜日の中京競馬芝コースでどんな展開のレースになっているのか?
日曜日も馬場傾向を見ながら展開を予想していくと確率は上がりそうですね。

 

2017中京記念で注目している馬は
このコースで実績のある

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第65回 中京記念(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
中京記念を3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。