【2017小倉記念】 出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2017小倉記念】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

 

<出走予定馬&予想オッズ>

ストロングタイタン 3.5倍
ヴォージュ 5.3倍
カフジプリンス 7.4倍
バンドワゴン 8.2倍
ベルーフ 8.9倍
フェルメッツァ 9.1倍
タツゴウゲキ 10.5倍
ケイティープライド 15.7倍
シャドウパーティー 18.0倍
クランモンタナ 24.9倍
スピリッツミノル 27.1倍
フェイマスエンド 36.6倍
サンマルティン 52.6倍

 

今週のメインレース注目馬はこの馬

→ 人気ブログランキングへ

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

1600万条件を完勝した ストロングタイタン

今年は中山金杯、小倉大賞典と重賞を2戦走ったが
ともに惨敗してしまった ストロングタイタン

人気は裏切った形になってしまったが高い能力は評価されており
前走のマレーシアカップではその能力を見せつけるような形で完勝した。

重賞でも通用する能力があるのは条件戦の走りからも明らかで
3度目の重賞挑戦となる今回の小倉記念では無様な競馬は出来ない。

七夕賞で惨敗した ヴォージュ

準オープン連勝で臨んだ七夕賞で惨敗したヴォージュ
前々走のジューンステークスでは準オープンながら
重賞でも勝ち負けしてきたプロディガルサンを相手に競り勝ち
現在のヴォージュの充実度をアピールできたが
前走の七夕賞では速いペースにとまどった影響もあり見せ場無く敗れた

今までは落ち着いたペースから直線でもう一伸びするレースを見せていただけに
速いペース、道中で脚を使わされるレースでは弱みを見せた形だが
条件戦で見せたパフォーマンスは重賞でも通用するレベルにあるので
一度重賞を使った今回は改めて期待したい1頭だ。

昨年の小倉記念覇者 クランモンタナ

昨年の小倉記念では激走したクランモンタナ
人気薄で勝利した通り、その後の成績は低迷。

ここ2戦は障害レースを使っていることから平場での活躍は一見厳しいように見えるが
せっかく障害レースで勝ったにも関わらず、小倉記念という平場の重賞を使ってくるあたりは
障害効果で再度重賞での激走を狙っている陣営の意図が見え隠れする。

人気のない状態での出走が予想され、伏兵として面白い存在だ。

小回りコースが得意な ケイティープライド

前走の函館記念ではあらためて小回り適性を示したケイティープライド

函館記念の内容を見てみると4コーナーで外に出すロスのある騎乗。
騎手の騎乗ミスがなければ、上位陣とはもっときわどい競馬ができたレースだった。

直線で鋭く伸びるタイプではないので、どうしても成績は停滞しがちだが
小回りコースでなだれ込む競馬はケイティープライドの最も得意とするところだ。

騎手のコース取りが結果に大きく左右するタイプなだけに
鞍上の乗り替わりは好走への必須条件となるので、
もし、小倉記念を乗り替わりで出走した際には注目できる1頭だ。

七夕賞5着の フェルメッツァ

前走の七夕賞では速いペースに対応出来ず負けてしまったフェルメッツァだが
3歳時から重賞で活躍していたように地力は重賞でも通用するレベルにある。

今回は休み明け2戦目となるので、状態面でも上積みが見込めるうえに
古馬になって脚質に幅も出てきたことから
ペースが落ち着きそうな今回は改めて期待できる存在だ。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ小倉記念の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。