【2017キーンランドカップ】 出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2017キーンランドカップ】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

 

<出走予定馬&予想オッズ>

モンドキャンノ 4.7倍
ソルヴェイグ 6.1倍
ネロ 6.9倍
シュウジ 8.1倍
ヒルノデイバロー 9.3倍
イッテツ 10.4倍
ナックビーナス 11.9倍
フミノムーン 14.5倍
エポワス 15.9倍
ライトフェアリー 17.1倍
メイソンジュニア デムーロ 17.5倍
ブランボヌール 26.6倍
ノボバカラ 31.5倍
マユキ 40.8倍
ジューヌエコール(出走回避)
エイシンスパルタン(出走回避)
タイムトリップ (出走回避)

 

今週のメインレース注目馬はこの馬

→ 人気競馬ブログランキングへ

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

春は不振に終わった モンドキャンノ

昨年の朝日杯フューチュリティステークスでは2着に入り
強烈な末脚と能力の高さを見せつけたモンドキャンノだが
春2戦は不完全燃焼でシーズンを終えた。

スプリングステークスで終始かかり通しで競馬になっておらず
NHKマイルカップでは一度崩れてしまったリズムが元に戻らなかった。

気性面の難しさを抱えているが、今回は休み明けでの出走となり
距離も1200mと短縮され、レースのしやすい状況は整った。
秋に活躍が出来るのか、改めて能力が問われる1戦。

ヴィクトリアマイル5着の ソルヴェイグ 

前走のヴィクトリアマイルは距離が長いかと思われたが見せ場たっぷりの5着

シルクロードステークス、高松宮記念と本来の持ち場である
1200m戦では好走できなかったが、能力自体はまだ落ちていない。

ダイワメジャー産駒らしいパワーとシルクロードステークスで見せた強い気性が
噛み合えば、昨年のスプリンターズステークスで3着に入ったように
GI級相手でも十分に戦うことが出来る。

荒れた馬場で走りたい。

北海道場所が大好きな エポワス 

前走の函館スプリントステークスでは3着と改めて力を証明した。

年齢的に大きな上積みは見込みづらいが
もともと札幌・函館の北海道シリーズで高いパフォーマンスを見せている馬なので
今回のキーンランドカップは勝負度が高い仕上げで臨んできそう。

人気上位陣に破綻があれば、エポワスの台頭も十分にありそうだ。

前走芝で上がり最速の脚を使った ノボバカラ 

全く期待されていなかった前走の函館スプリントステークスは
後方からの競馬になりながらも
上がり最速の33.5秒で0.7秒差の競馬をしたノボバカラ

芝の適性はある程度見せたので
2戦目となる今回はさらに高いパフォーマンスが期待できる。
穴馬として注目が必要な馬となりそう。

前走レコード勝ちの ジューヌエコール 

前走の函館スプリントステークスは50kgという軽量を味方に
直線で楽々抜け出してレコード勝ちを飾ったジューヌエコール

溜めて競馬をしていいタイプではなく
適性は1400m以下にあるのは明白で
ここにきてスプリント路線に標準を定めてきた。

前走で高いパフォーマンスを見せただけに反動は気になるが
調子の上がった現在ならここで連続好走しても不思議ではない。
(出走回避)

CBC賞では人気を裏切った エイシンスパルタン 

前走のCBC賞では3番人気ながら11着と人気を裏切ったエイシンスパルタン

エイシンスパルタンの武器である先行力が活かせなかったのは
半年の休み明けが大きく影響した可能性が高い。

もともと地力の高さを評価されていた馬で
今回は叩き2走目で道中にいきっぷりも変わってくることが期待される。
(出走回避)

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだキーンランドカップの攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。