【2017マーキュリーカップ】予想前の出走予定馬評価|買える人気馬は?

Pocket

2017年7月17日(月:祝日)に行われる
マーキュリーカップの出走予定馬について
枠順確定前(予想前)の評価を行っていき
危険な人気馬についても話していきたいと思います。

 

地方交流重賞は毎年JRA勢が上位を独占している印象がありますが
メンバーが集まりづらいマーキュリーカップでは
地方馬も一定の成績を残しています。

過去5年で馬券に絡んだ馬を見てみると

2016年 タイムズアロー 2着(9番人気)
2015年 ユーロビート 1着(6番人気)

と2頭が馬券に絡んでいます。

とはいえ、地方交流重賞は基本的にJRA勢のどの馬を買うかが
焦点となるレースになってくるので
JRAから出走を予定している馬について
評価をしていきたいと思います。

 

クリノスターオー (幸騎手)

前走の平安ステークスで14着と敗れているように
全盛時よりは力が劣ってきているのは明らかだが、
平安ステークスが韓国帰りでの1戦であり
9ヶ月ぶりの出走であったことを考えれば情状酌量の余地はある。

3走前のエルムステークス、4走前の平安ステークスと
2着に入っているように相手関係や展開次第ではまだオープンで戦える馬。

530kg近い大型馬でパワーも兼ね備えている先行馬という事で
地方場所は佐賀記念3着、ダイオライト記念で2着とこなしている。
今回の盛岡は初めてではあるが十分にこなせる下地はある

叩き2戦目でどこまで状態が良化するかが問題となるが
相手関係が一気に弱化される点など
クリノスターオーにとってプラス要素はあり、
人気が予想されるが馬券からは外せない存在になりそうだ。

 

ピオネロ (戸崎騎手)

前走の平安ステークスでは4着に入り
改めて重賞でも通用する能力を証明したピオネロ
今回はいつになく相手が弱くなり、重賞初制覇のまたとないチャンスになりそうだ。

芝でも活躍した通りスピード能力の高いダート馬なだけに
盛岡のダートでどれだけやれるかという点は焦点となるが
左回りの方がスムーズな走りを見せる馬なので不安要素は軽減されると言える。

以前は先行して押し切るという戦法が主流だったピオネロだが
徐々に後方から差す競馬も覚えてきた。

盛岡ダート2000mという舞台は外差しも決まるコースのため
脚質の幅が広がっている点も心強い。

クリノスターオー同様に人気になりそうな存在だが
とりたてて大きな不安はなく、馬券からは外せなさそうだ。

 

ドリームキラリ (松岡騎手)

オープン特別ではポルックスステークスでの勝利経験があるドリームキラリだが
重賞では中央・地方合わせてまだ一度も馬券に絡んだことがなく
能力面で一歩劣る存在であることは否めない。

ドリームキラリの大きな武器は「逃げ」という脚質

成績を見てみると逃げたレースに関しては
負けていてもそれほど着差はつけられておらず
安定した成績を残しているが、逃げられなかったときは惨敗を喫している。

今回は逃げが打てれば、大駆けもありえるが
果たして気持ちよく逃げられるかどうかが大きな問題となりそう。

クリノスターオー、マスクゾロの出方で大きく順位が変わりそうだ。

 

ミツバ (松山騎手)

オープン特別3勝と地力の高さを見せるミツバ

オープンの勝ち鞍を見てみると
東京ダート2100mで2勝、阪神ダート2000mで1勝と
スタミナが必要なコースで勝っている事から
豊富なスタミナが武器である馬であることが分かる。

逆にスピード勝負となりやすい京都1800mのアンタレスステークスで
惨敗しているようにスピード能力に弱点を抱えている馬

今まで重賞の壁に跳ね返されているように
スピード能力の欠如が頭打ちになってしまう可能性はあるが
前が引っ張る速い流れになれば台頭できる地力は備えている。

 

ディアデルレイ (木幡騎手)

ディアデラマドレは補欠の一番手で出走がかなうかどうかは分からないが
兄弟にディデラマドレがいて、血統的にも筋が一本通った実力馬。

前走のオアシスステークスは2番人気に推されながら13着と大敗したように
精神的なムラがあるので、信頼しづらいタイプではあるが
好走したレースでの内容は素晴らしく高い能力は伺える。

東京コースでのレース内容を見ても左回りは十分にこなせるが
2000mという距離は未知数で血統面からは不安材料となりそうだ。

出走してくれば面白い存在になりそうなので、注意が必要だ。

 

マスクゾロ (出走回避決定)

現在3連勝中、前走のシリウスステークスでは重賞初制覇まで果たしたマスクゾロ

ずっと好位差しという戦法をとっていたが
ジュライステークス、シリウスステークスとここ2戦は逃げを打っている。

今回半年ぶりのレースとなるので状態面は予想するうえでの焦点となるが
状態が整っていれば、地力は全く見劣らない。

地方場所のレースが初めてとなる点も不安材料ではあるが
阪神や中京といった坂のあるパワーコースをこなしている点は心強いデータで
地方の中でも比較的パワーの必要ない盛岡ならこなしてくれそうだ。

 

以上が2017マーキュリーカップに出走を予定している
JRAの有力馬の評価です。

実績上位であるクリノスターオー、ピオネロはある程度
信頼が出来そうな存在であるので
走りにムラのあるディアデルレイ、オープン特別で3勝しているミツバに
どれくらいの評価をするのかが馬券攻略のカギとなりそうです。

 

 

私が2017マーキュリーカップで注目している馬は
16日の夜からブログランキングで公表しています。

私の注目馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。