2017七夕賞枠順確定、出走表で見る騎手の心理予想、展開は果たして?

Pocket

2017七夕賞の枠順確定を受けて
出走表の枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想
有力馬の騎手がどんな心理で騎乗して、どんな展開になるのかについて
分析をしながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

こんにちは、MOTOです。

七夕賞の枠順が確定しましたので
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想
また有力馬の騎手がどんな心理で騎乗して、どんな展開になるのか
分析をしながら話していきたいと思います。

まず福島2000mのコースを見ていくと

・スタートから最初のコーナーまで長いので流れが落ち着きやすい

・原則前に行く馬が有利

という特徴があります。

七夕賞の過去10年のデータを見てみても
先行した馬は強いというデータが出ているので
一見すると逃げ・先行馬が有利かなと思いますが
今年はそうならないのではないかと思っています。

逃げ・先行馬に有利にならない原因となりそうなのが
昨年の福島記念を圧勝した マルターズアポジー の存在です。

マルターズアポジーが福島記念を勝った時の人気は7番人気でした。

いわばノーマークで逃げを打てる存在だったので
気分良く逃げることが出来ました。

その結果、圧倒的な人気に推されたゼーヴィントを抑えて
勝利することが出来たわけですが
マルターズアポジーはその後も小倉大賞典を4番人気ながら圧勝

小回りコースでは相当に強い逃げ馬である

という事を世間に知らしめる結果となりました。

今回はゼーヴィントが一番人気にはなると思いますが
おそらくマルターズアポジーも2,3番人気あたりの
高い人気での出走が予想されます。

当然、ノーマークで出走できる立場になく
ゼーヴィントやヴォージュ、マイネルフロストといった有力馬は
マルターズアポジーを最後に交わせるタイミングで
仕掛けを打ってくるはずです。

マルターズアポジーは小倉大賞典で1000mの通過タイムを57.5秒という
超ハイペースで逃げているようにスローに落とすタイプの逃げ馬ではないので
マルターズアポジーがハイペースで飛ばす中
前を捕まえられるタイミングで有力馬が仕掛けてくるとなると
かなり前に負荷のかかる展開になります。

この予測から1番人気濃厚の ゼーヴィント はかなり難しいレースを強いられそうです

福島コースの重賞を2勝しているように
ディープインパクト産駒の割には機動力があり
小回りで持ち味を発揮するタイプではありますが
今回は福島記念と違ってマルターズアポジーを無視できない立場で
レースをしなくてはいけないので
捕まえに行くタイミングが早すぎると自滅する可能性もあります。

条件戦を連勝している ヴォージュ も難しいレースになりそうです。

ナカヤマフェスタ産駒の特徴は分かりませんが
父親であるステイゴールドから推測すると
なし崩しに脚を使うよりもある程度タメが利いた方が
力を発揮出来そうなタイプで締まったタフな展開になると
不安要素が大きくなると言えます。

となると展開の利を得る可能性が高いのが差し馬です。

今回のメンバーの中で最も実績がある馬といえば スズカデヴィアス です。

勝負騎乗には定評のある横山典弘騎手が
上手く流れを読んで最後ドンピシャのタイミングで差してくる
という事は十分に考えられますね。

スズカデヴィアス以外の差し馬を探してみると

前走のエプソムカップで上がり3ハロン最速の脚を見せた バーティーイーグル

3歳時は末脚を武器としてオープンクラスを戦っていた フェルメッツァ

なども見逃せない存在です。

また出走馬全馬の前走の4コーナーでの順位を見てみると
12頭中9頭が5番手以内という偏ったメンバーに構成になりました。

前走4コーナーで6番手以下にいた馬は3頭いる訳ですが
そのうちの2頭がスズカデヴィアス、バーディーイーグル

最後の1頭が1枠1番に入った パドルウィール です。

近走は全くといっていいほど走れていませんが
昨年の金鯱賞では2着に入った通り秘めた力はあります。

凡走を続けたことでハンデが54kgまで減り
ロスの少ない最内枠での競馬が出来る点から
復活の条件としては整っており変えるタイミングですね。

もう1頭後方からレースをするであろう馬が
大外枠に入った ソールインパクト です。

ソールインパクトは前走、前々走と2400mのレースを使っており
今回は距離短縮で速いペースでのレースとなります
ハイペースが濃厚であることを加味すると
先団でレースをすることは難しく、後方からの競馬になるでしょう。

大外枠なので中途半端に前につけて外を回るよりも
内のポジションを取れるくらいメリハリの利いたポジショニングを取ってしまえば
枠順の不利を覆して好走という事もあり得ます。

大野騎手は割と大胆な騎乗をするので
ソールインパクトのレースぶりにも注目ですね。

 

例年は枠順が大きくものを言う七夕賞ですが
今年の七夕賞は枠順よりも展開が大きな鍵を握りそうです。

マルターズアポジーがそれほど飛ばさず
緩いペースで逃げて前々の馬で決着する可能性はありますが
そうなると堅い決着になることが必至なので
ハイペースに張って馬券を買った方が面白そうですね。

展開はレースが始まってみないと分からないわけですから
期待値の高い展開に張った方が断然効果があります。

是非、攻めてみてください。

 

 

2017七夕賞で注目している馬は
この条件がピッタリと合いそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第22回 プロキオンS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
プロキオンSを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク