フェブラリーSに向けニホンピロアワーズ快勝!AJCC・東海S回顧


先週行われた重賞AJCCと東海S
この2つの重賞を回顧して次走へ繋げていきましょう。

まずは中山競馬場で行われたAJCCは
ヴェルデグリーンが豪脚を見せて快勝しました。

後方目のポジションから4コーナーで上がっていき差しきった辺りは、
中山芝2200mはこの馬のベストだと判断出来ます。
完全なパワータイプで東京や京都は割引が必要ですが
もう少し充実度が上がってくる可能性もありそうです。

2着はサクラアルディート
中団でレースを運び、直線も抜け出した王道の競馬は
確かな地力を感じられるレースでした。
出遅れ云々の問題は解消したと言い難いですが
フロックではないので、今後も重賞で活躍する馬です。

3着フェイムゲームは不利な1枠ながらよく頑張りました。
前走も不完全燃焼な競馬で能力の片鱗を見せながら負けたので
条件が揃えばいつでも重賞を勝てる位置にいるでしょう。

4着レッドレイヴンは中山が向かないですね。
陣営は最初からここは捨てだったのかもしれません。
切れ味重視の馬なので、東京での走りに期待しましょう。

期待したマイネオーチャードは道中前につけられず
勝負所でも進出出来ずに6着
前走の走りから条件はベストだっただけに
敗因は単純な能力不足でしょう。
牝馬に牡馬混合G2は厳しかったのかもしれません。

また、5着のフラガラッハもいい競馬でした。
中山は適性がありますね。
中山の重賞ならどこかで穴をあけてくれる馬でしょう。

もう一方で行われた東海Sはニホンピロアワーズが完勝。

地力を考えるとあまりにも相手が楽でした。
この馬はスピードの持続が武器なので
フェブラリーSならホッコータルマエよりも有利ですね。

2着にはグランドシチーが入りました。
まさにギュイオン効果と言うべき普段より前目の競馬で2着
最後方からレースをしたらこの結果にはならなかったでしょう。
今後こういったレースが出来れば、重賞での結果が
もうワンランク上のものになりそうですね。

3着マイネルバイカ、4着ダブルスターも
それなりの競馬をしましたが、着を拾ったかんもあり
次走にむけて盤石という印象は受けませんでした。

逆に5着のサトノプリンシパルは自分の戦法に徹した競馬が出来ました。
こういうタイプの馬の方が活躍出来る可能性が高いです。

先週走った馬でイチオシはフェイムゲームです。

東京での走りはまだ未知数ですが
不利な条件の中、きっちりと馬券圏内に入ったあたり
中山での適性、地力は確かなもので
今後重賞を勝てるだけの能力が見えました。

次走、条件が揃っていたら狙っていきましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。