根岸S、シルクロードS出走予定有力馬|新短距離王を目指す戦い!

Pocket

新春中山開催は終わり、今週から東京開催となります。
開催される重賞はフェブラリーS前哨戦根岸Sと
高松宮記念前哨戦シルクロードS。

過去にはGIに直結するようなメンバーが出ていましたが
近年はGI直行組も多く、年々手薄になってきています。

今回も登録メンバーは大分手薄感がありますが
出走を予定している有力馬をチェックしていきましょう。

まずは根岸S
昨年のダート王者ベルシャザールはフェブラリーS直行を明言
東京大賞典組もこのレースに出る気配はなく
フェブラリーSを狙うメンツとしては弱くなりました。
傾向としては根岸Sを獲りに来ているような馬
東京1400mに適性が高い馬をチョイスする事が近道です。

最も勢いと実績のバランスが取れている馬がブライトラインです。
スピードが勝った馬で、前走ジャパンカップダートは荷が重いと
思っていましたが、4着に検討。
当然フェブラリーSを狙ってくるはずですが
1400mのこの舞台の方が適性が高いのは明白で堂々の主役です。
あとはスピードで押し切る競馬と長い直線の兼ね合い
つまり折り合い面が問題となりそうです。

芝からダートへ転身してきたのはドリームバレンチノです。
芝でもGIを狙える馬がダートに矛先を向けてGIを獲りに来ました。
が、この馬は本質的にはスプリンターです。
GIがマイル以上しかないダート路線への参戦は意義を感じないし
芝よりもパフォーマンスが落ちているのも明らかです。
期待よりも不安の方が大きい馬ですね。

もう一頭芝からダートへ路線を変えてきた馬がゴールスキー
こちらはドリームバレンチノと違い、ダートでの走りの方が
パフォーマンスは高そうです。
ただ、距離はマイルの方が力を出せそうな走りで
今回のスピード競馬にどれだけ対応出来るかが焦点となります。

もう一方のシルクロードS
こちらは横綱だったロードカナロアが引退
大関のハクサンムーンも出走せずと
かなり手薄なメンバー構成となっています。

そんな中で古豪として若者を迎え撃つのがマジンプロスパー
GIとなるとどうしてもワンパンチ足りなくなりますが
主役級のいない重賞では大威張り出来る馬。
今回はまさに主のいない屋敷でのレースなので
軽視することは出来ません。

勢いでいえばストレイトガール
得意の函館で連勝して、前走は中京でも勝利
ここ8戦は5勝2着3回とパーフェクト連対を果たしており
スプリント界の主役を虎視眈々と狙っています。
あとはメンバーとの兼ね合い、能力差となりそうです。

もう一頭勢いを見せるのは
ここにきて連勝を果たしたレオンビスティー
前走の差し脚は圧巻で、ここにきての充実度はピカイチです。
あとはパワー型の走りを見せるこの馬が
どこまで京都の馬場に対応出来るかでしょう。

今回は登録頭数が多かった為、
どの馬が出走出来るのかはまだ流動的です。

それだけ、今回のメンバーは手薄でチャンスがあるという現れでもあります。
枠順が決まったら、もう少し詳細な分析を行いたいと思います。

スポンサードリンク