2014AJCC、東海S予想|ニホンピロアワーズが復権をかける


今日行われる重賞は2つで
中山競馬場でAJCC、中京競馬場で東海Sが行われます。

2つ重賞があるので、早速予想をしていきましょう。

AJCC 勝負度合い 60%

まずは舞台となる中山芝2200mの舞台を見て下さい。

中山芝2200mの特徴

1枠の成績が異様に悪い点は見逃せませんね。

馬柱を見てみると人気はレッドレイヴンです。
昨年はクラシックを棒にふり、復帰してから条件戦を2着、1着と
いかにも藤沢厩舎らしいローテーションですが
私はこの馬は東スポ2歳Sで見せた切れ味が持ち味だと思っているので
本質的に中山は向かないと考えています。

もちろん前走中山で勝っていますし、能力で押し切ってしまう
可能性もあるので来ないと断言出来ませんが
非常に危険な人気馬であることは間違いありません。

本命は マイネオーチャード です。

前走は今回と同じ条件でのレースを豪快に差し切り
坂を超えてからのひと脚は注目できます。
今回はメンバーが強くなりますが、
「この馬が中心」と言える馬はおらず、勢いで押し切れる
可能性は十分ありるので、ここは狙ってみたい馬です。

相手筆頭は同じく中山適性の高い実績馬サダムパテック
続いて中山に強いジャングルポケット産駒
ヴェルデグリーン、ダービーフィズ
同じく適性を優先してダノンバラード、トゥザグローリーとします。

買い方はマイネオーチャードから馬連5点勝負でいきたいと思います。
当てにいくのであれば4枠から流して4,5,6枠の3点勝負も面白いですね。

もう一つの重賞東海Sを見てみましょう。

東海S 勝負度合い 45%

まずは中京ダート1800mの特徴です。

中京ダート1800mの特徴

昨年はグレープブランデーが豪快に差しきりましたが
基本は差しは不利な舞台であることは覚えておきたいですね。

今回のメンバーをみて最初に思った事は
「メンバーが揃わなかったな」ということ。

このメンバーであれば

本命は ニホンピロアワーズ で仕方ありません。

前走東京大賞典では見せ場がないまま3着に敗れたので
印象はあまり良くないのですが、秋の2戦を見ると
スタミナ型・推進力タイプでありながら、重いダートは苦手という判断が出来ます。
一見矛盾するような感じですが、今回の舞台は
スピードとパワーのバランスが問われる舞台で
ニホンピロアワーズにとっては絶好の条件設定だと言えます。

秋のチャンピオンズカップの同じ舞台ですから手抜きはありません。
ここで来ないようなら、この馬は終わったと判断出来るくらいの条件なので
素直に従うことにしましょう。

相手筆頭はケイアイレオーネです。
この馬もつかみ所がない馬で、脚質も気になりますが
地力は間違いなく、人気が落ちそうなここは狙い目でしょう。

続いてナムラタイタン
この馬はオープンの常連で東京コースを得意としているので
左回りのこのコースも苦にはしないと思われます。

実質この2頭だと思いますが
最後に典型的な穴馬タイプのアドバンスウェイを抑えます。

人気次第だとは思いますが
ここは馬単3点で勝負をしましょう。

グランドシチーは鞍上乗り替わりで新味が出る可能性がありますが
今まで通り後方で競馬をするとなると、今回のコースでは厳しい面がありそうです。

グレープブランデーはまだ復調のきっかけが掴めてなく
人気面からももう少し様子を見てみたいと思います。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。