【2017ラジオNIKKEI賞予想】セダブリランテス重賞勝利の可能性と危険性

Pocket

2017ラジオNIKKEI賞で人気が予想される
セダブリランテスについてラジオNIKKEI賞で
重賞勝利を飾る可能性と凡走する危険性について
話をしていきます。

 

2017年の牡馬クラシック春シーズンは
皐月賞でアルアインが、日本ダービーはレイデオロが勝利しました。

残るクラシックタイトルは菊花賞ですが
アルアインは日本ダービーでも距離不安を囁かれており
レイデオロは長距離を使わない藤沢厩舎ということで
双方とも天皇賞秋などの中距離GIに向かう可能性があります。

つまり、菊花賞のタイトル争いはまだ混沌としており
例年クラシックに直結しないと言われている
ラジオNIKKEI賞を勝った馬にもチャンスがありそうです。

そして今年のラジオNIKKEI賞は
未知の魅力を秘めた馬が出走を予定しています。

 

その馬の名前は

セダブリランテス

です。

 

セダブリランテスはディープブリランテ産駒で
まだキャリア2戦の馬という事で、まだその正体は分かりません。

2戦2勝というキャリアで重賞に挑戦
しかも人気馬として挑戦となると非常に危うい一面もありますが
果たしてセダブリランテスは重賞初挑戦となるラジオNIKKEI賞で
好走する事が出来るのでしょうか?

期待できる点と不安材料について話をしていきたいと思います。

 

セダブリランテスのここは買い

素質を高く評価されている

セダブリランテスのデビュー戦は2016年の12月10日
ダート1800m戦での出走となりました。

このレースを1.6倍という断然の1番人気で出走してきたことに
まず素質を評価されているという事が表れています。

そして、危なげないレースで勝利。

ここまでは良くあるパターンですが
セダブリランテスの場合は2戦目が異様と言える評価を受けました。

12月にデビュー戦を勝利して、そこから約半年間の休養を経て
2戦目は2017年5月20日に芝1800mのレースに出走してきます。

デビュー戦を走った後、半年間休養したこと
ダートから芝へ替わったこと

この2つの事案を考えると到底1番人気に評価出来る馬ではありませんが
レースでは2.7倍の1番人気に推されました。
そしてレースではあっさりと勝ちました。

相手は弱かったのですが、ここで1番人気に支持され
しっかりと勝ちきると言うことはセダブリランテスの
素質を評価出来る内容です。

福島適性への期待

セダブリランテスの過去2戦のレースを見てみると
いずれも道中5番手付近から、4コーナーで少し順位を押し上げて
そのまま直線を押し切るという競馬を見せています。

ディープブリランテ産駒らしく、瞬発力やスピードをウリにしておらず
立ち回りの上手さや持続力の高さで勝負するタイプの馬だと言えます。

今回、ラジオNIKKEI賞が行われる舞台は福島芝1800m戦

後方から末脚一気のような脚質の馬や
広いコースで長く良い脚を使ってくるような馬に適性はない舞台で
立ち回りの上手さや機動力が物を言う小回りコースです。

過去2戦のセダブリランテスのレースぶりを見てみると
福島コースへの適性は高そうで期待が出来ます。

 

セダブリランテスのここは危険材料

ここまでセダブリランテスのプラス材料について話をしてきましたが、
今度はマイナス材料について話をしていきます。

戦ってきた相手レベルが弱い

先ほど1番人気で勝利した事は能力の証明という話をしましたが
セダブリランテスの過去2戦を見てみると戦ってきた
相手のレベルは決して高いとは言えません。

特に芝のレースだった2戦目早苗賞の相手を見てみると
かなりレベルが低い事が分かるので見てみると

2着に入った ドンリッチ は早苗賞の前に出走した
500万条件で12着と大敗、2.0秒の差をつけられていました。

3着に入った スティーマーレーン は早苗賞の前に
500万条件を3戦していますが、8,4,6着と馬券に絡めていません。

3.0倍でセダブリランテスと人気を分け合った2番人気だった
フィアーノロマーノ は早苗賞では10着に敗れていますが
前走の500万条件も8着と大敗していました。

3番人気で4着に敗れた バスカヴィル は早苗賞の前に
500万条件を4戦して6,5,2,8着と力上位とは言えない存在。

つまり早苗賞は極めてレベルが低く、
このレースを勝った事の価値が高くない事が分かります。

 

以上が、2017ラジオNIKKEI賞でセダブリランテスが抱える
期待できる点と不安材料です。

 

2戦2勝というキャリアからまだまだ奥が深そうな印象も受けますし
前走の戦った相手を見てみるとそれほど評価出来ない印象も受けます。

おそらくラジオNIKKEI賞ではある程度の人気に支持されそうなので
セダブリランテスの能力をどう評価するかで予想の内容がグッと変わってくるでしょう。

このレースでどんな走りをするのか注目ですね。

 

2017ラジオNIKKEI賞で注目している馬は
この条件がピッタリと合いそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業36年【ホースメン会議】の

的中率7割以上・平均配当200倍以上
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想 7/23まで無料
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

6/18 阪神7R 3万7530円的中
6/18 阪神12R 8120円的中
6/18 東京9R   8040円的中
6/17 東京11R 8720円的中

1日1鞍の渾身予想を見る方法!

スポンサードリンク