【2017中京記念】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2017中京記念】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

 

<出走予定馬&予想オッズ>

グランシルク 2.3倍
ブラックムーン 3.4倍
ウインガニオン 7.3倍
グァンチャーレ 9.6倍
ダノンリバティ 12.9倍
ケントオー 13.6倍
ピークトラム 14.2倍
サンライズメジャー 15.8倍
アスカビレン 17.0倍
ワンアンドオンリー 19.1倍
レッドレイヴン 22.7倍
クリノラホール 26.4倍
ピンポン 27.0倍
スーサンジョイ 41.8倍
ブラックスピネル(出走回避)

 

今週のメインレース注目馬はこの馬

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

堅実さを増してきた グランシルク

前走のパラダイスステークスこそ取りこぼしてしまったものの
前々走の京王杯スプリングカップ、3走前のダービー卿チャレンジトロフィーと
連続で3着に入り、着実に地力を上げてきたグランシルク

以前はムラな部分を見せていたが、今は安定した走りを見せられるようになったことで
今年の中京記念でも安定した走りを期待できる。

人気が予想されるが、外す事が出来ない1頭だ。

強烈な末脚を持つ ブラックムーン

前走の米子ステークスでは上がり3ハロンを32.4秒という
強烈な末脚で勝利したブラックムーン

その末脚には定評があり、能力は重賞級であるという評価を受けてきた馬だが
重賞にあがってくると凡走を繰り返し、現在はオープン大将に甘んじている

今年走った京都金杯や東京新聞杯と比較すると
今回はメンバーが弱くなるので、今回の中京記念で走れないようだと
今後重賞での活躍は難しいかもしれない。

正念場となる一戦だ。

連勝中で勢いにのる ウインガニオン 

連勝中の勢いで重賞制覇を狙うウインガニオン

前々走の谷川岳ステークスでは12番人気で逃げ切り勝ちを収めたので
フロック視する向きもあったが
前走のパラダイスステークスではグランシルクやロードクエストといった
強敵馬を相手に再度の逃げ切り勝ちを果たし実力を証明した。

今回は重賞となり、相手はより一層強化されるが
強敵相手に勝利してきたウインガニオンにとっては
不安よりも期待が大きいといえる。

昨年の中京記念2着 ピークトラム

昨年の中京記念2着後、スランプ状態になっているピークトラム
持ち味のスタミナを武器に精神力で走るタイプなだけに
休みを挟んでどこまで気持ちが回復しているかが鍵になる

地力は昨年の実績が示すとおり持ち合わせているので
心身の状態回復が好走への鍵となる。

悩めるダービー馬 ワンアンドオンリー

菊花賞敗戦以来、この馬らしい競馬が見られなくなったワンアンドオンリー
成績や走りの内容から見ても、ワンアンドオンリーに既に走る気持ちはなく
日本ダービー馬の称号を汚さない為にもいち早い引退が待たれる。

北海道ではなく中京に目を向けてきた レッドレイヴン

例年、夏は函館の巴賞から函館記念というローテーションを刻んでいたレッドレイヴン
今年は北海道に目を向けずに中京記念を目標にしてきた。

ずっと1800m以上のレースを使ってきて
今回は初のマイル戦となるがベテランの域に入り
成績もこう着状態になってきた現在では初のマイル挑戦はプラスに出る可能性はある。

前走のエプソムカップを大敗していることから
全く人気がない状態で出走できそうな今回は面白い存在になりそうだ。

春シーズンは大活躍した ブラックスピネル

東京新聞杯では念願の重賞初勝利を成し遂げ
春シーズンはエアスピネルと互角の戦いみせたブラックスピネル

安田記念はさすがに相手が強く、歯が立たなかったが
ローカルのマイル重賞なら堂々の主役になれる存在。

坂のあるコースに若干の課題があるぶん、
どう克服するかが焦点となる。
(出走回避)

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ中京記念の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク