【2017CBC賞予想】メイソンジュニアの好走確率から3歳世代レベルを読む

Pocket

2017CBC賞で人気が予想される
メイソンジュニアの好走確率はどれくらいなのか?
今年の3歳世代のレベルはどれくらいなのか?

危険な人気馬となってしまう可能性も含めて
能力を分析をしながら話をしていきます。

 

今年のNHKマイルカップは桜花賞から臨んだ牝馬のアエロリットが勝利
最強世代の牝馬としての格を見せた形になりましたが
純然たる短距離路線を歩んできた馬にとっては苦杯を舐める形になりました。

NHKマイルカップの結果を受けて、今年の3歳短距離路線を歩んできた馬は
レベルが低いという烙印を押されてしまった形になりますが
3歳短距離路線で結果を残したにも関わらず、NHKマイルカップに出走しなかった馬がいます。

 

その馬の名前は

メイソンジュニア

です。

 

メイソンジュニアは2歳時に1200m戦を4戦しましたが
小倉2歳ステークスで11着に敗れるなど
目立った成績を残すことが出来ませんでした。

年末にダートの地方GI全日本2歳優駿で5着と敗れた後に出走した
ファルコンステークスで2着と好走

その後、出走したニュージーランドトロフィーでも
8番人気と低評価ながら2着と好走して
一躍短距離界の有力馬となりました。

NHKマイルカップには出走取消となってしまいましたが
この実績から2017CBC賞でも
かなりの人気になることが予想されますが
果たしてメイソンジュニアはここでも信頼できる存在なのでしょうか?

 

私は

メイソンジュニアは今回人気ほどの信頼感がない

という見解を持っています。

 

ファルコンステークス3着、ニュージーランドトロフィー2着と
3歳になって確実にレベルアップをしているメイソンジュニアが
なぜ2017CBC賞では人気ほどの信頼感がないのか

その理由を説明していきたいと思います。

世代レベルに疑問が残る点

メイソンジュニアはファルコンステークス、ニュージーランドトロフィーと
重賞で連続で馬券に絡みましたが、双方ともレベルは高くないと判断できます。

まずはファルコンステークスのレベルを検証していきます。

このレースで勝ったのはコウソクストレート

2歳時に新馬戦、くるみ賞と連勝した馬ですが
その後、京王杯2歳ステークス、シンザン記念では馬券に絡めず負けました。

特にシンザン記念は重馬場とはいえブービーの14着
絶望的ともいえる大敗を喫しましたが
このコウソクストレートが3番人気に推されるほど低レベルな1戦でした。

2着のボンセルヴィーソは力のある馬ですが
4着ダイイチターミナル、5着ディスティニーソングは
その後の成績が冴えず低迷しています。

メンバー的にレベルが低い中での3着では
メイソンジュニアの力を証明したとは言えません。

次にニュージーランドトロフィーを振り返ってみます。

このレースを勝ったのはジョーストリクトリ

ニュージーランドトロフィーでは9番人気と人気薄だっただけではなく
NHKマイルカップでは9番人気で12着
日本ダービーでは18番人気で18着と
その後の成績は散々で強い馬とは到底言えません。

このジョーストリクトリが勝ったのはは前残りの展開が向いた事が大きな要因でしたが、
このレースでメイソンジュニアは逃げを打ちました。

メイソンジュニア自身も展開の恩恵を受けたことは間違いなく
能力を証明できるほどのレースはしていません。

この2つのレースの内容を見る限り
決して3歳の短距離世代のレベルは高くなく
メイソンジュニア自身も相手に恵まれたり、展開に恵まれたりして
結果を残したと判断できるので、古馬混合での重賞となる
CBC賞で互角以上に戦えるかというと不安の方が大きくなります。

 

1200mへの距離短縮となる点

メイソンジュニアの春2戦は1400m、1600m戦でしたが
今回のCBC賞は1200mでの競馬となります。

まずは血統面に目を向けていると
父メイソンはメイソンジュニア以外に目立った産駒はいませんが
祖父のインビジブルスピリット、曾祖父グリーンデザートは
1200m専門ともいえるくらいスプリンターしか輩出していません。

母方の血統を辿ってみると主な活躍馬が見つからないので
血統的には1200mは合っていると言えそうです。

次に2歳時のメイソンジュニアの成績をみてみます。

メイソンジュニアの1200mでの成績は【2.0.0.2】

4戦して2勝を挙げていますが、その2勝の内訳を見てみると
福島競馬場で1勝、小倉競馬場で1勝とローカル場所であげたものです。

京都で行われた500万条件の1200mでは4着に敗れており
重賞の小倉2歳ステークスでは11着と勝負に参加出来ていません。

4戦2勝という数字以上に1200mでの実績は乏しく
血統面では1200mは合いそうですが
実際は1200mよりも1400m以上のゆったりした競馬の方があっていると判断できます。

今回のCBC賞はメラグラーナやスノードラゴンなど
1200mの重賞で結果を出してきた古豪達が集まってきます。

メイソンジュニアの能力が証明されていないうえに
ベストの舞台とはいえない1200m戦であることを考えると
かなり厳しい戦いになることが予想されます。

 

以上、2つの理由から

2017CBC賞における

メイソンジュニアは今回人気ほどの信頼感がない

という結論に達します。

 

最強世代と謳われる牝馬達と比較して
レベルが低いと揶揄される3歳牡馬の短距離陣営

メイソンジュニアが下馬評を覆して、ここで好走するようであれば
今年の3歳短距離世代は決して弱くないと言えますが
結果はどうなるでしょうか?

色々な意味で注目の一戦ですね。

 

2017CBC賞で注目している馬は
この条件がピッタリと合いそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業36年【ホースメン会議】の

的中率7割以上・平均配当200倍以上
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想 7/23まで無料
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

6/18 阪神7R 3万7530円的中
6/18 阪神12R 8120円的中
6/18 東京9R   8040円的中
6/17 東京11R 8720円的中

1日1鞍の渾身予想を見る方法!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。