【2017ラジオNIKKEI賞予想】ライジングリーズンは危険?買える?

Pocket

2017ラジオNIKKEI賞で人気が予想される
ライジングリーズンが危険な人気馬となってしまう可能性はどれくらいあるのか?
また、馬券を買える対象になるのか?
好走する確率はどのくらいなのかという点について
分析をしながら話をしていきます。

 

空前のハイレベル世代を呼ばれた2017年の3歳牝馬世代ですが
桜花賞はレーヌミノル、オークスはソウルスターリングが勝ち
有力馬は秋華賞に向けて各馬が準備を整え始めました。

アドマイヤミヤビ、モズカッチャン、リスグラシューなどの
主力メンバーはローズステークスを目標として
調整が続けられていますが、今回のラジオNIKKEI賞を経由して
秋華賞を狙ってくる実力馬がいます。

 

その馬の名前は

ライジングリーズン

です。

 

ライジングリーズンは年明け初戦となった
フェアリーステークスを10番人気と人気薄で勝利して
続くアネモネステークスは1番人気で勝利と
オープンクラス以上のレースを2勝している実力馬です。

桜花賞は馬場や展開面も堪えて負けましたが
そもそも脚を溜めての瞬発力を爆発させるタイプではなく
力負けというよりも舞台が合わなかったという印象
内回り戦に替わる秋華賞は改めての期待がもてます。

ただ、今回の舞台は牡馬混合の重賞
徐々に牝馬牡馬の力差が開いてくる時期なだけに
ラジオNIKKEI賞でライジングリーズンが好走できるかは
判断が難しいところだと思います。

フェアリーステークス、アネモネステークスの走りから
2017ラジオNIKKEI賞でも
人気になることが予想されますが
果たしてライジングリーズンはここでも信頼できる存在なのでしょうか?

 

私の見解は

ライジングリーズンは今回期待がもてる

という見解です。

 

オープンクラスで2勝しているとはいえ
デビュー戦で牡馬と戦って以降は牝馬同士の戦いしか経験しておらず
今回は桜花賞以降の久しぶりとなり
仕上がりも心配なライジングリーズンになぜ期待がもてるのか?

理由を説明していきたいと思います。

小回りコース適性がある点

ライジングリーズンは脚を溜めての瞬発力を爆発させるタイプではないと
前述しましたが、直線が長く広いコースを得意としていない馬です。

なぜ、直線が長く広いコースを得意としていないと言えるのか
フェアリーステークスとアネモネステークスの勝ち方を振り返ってみます。

フェアリーステークスで8枠15番という外枠に入りましたが
このレースでライジングリーズンは距離ロスを一切無視して
道中外々回っただけでなく、3コーナー過ぎからスパートをかけて
直線を突き抜けるという内容の競馬を見せました。

次にアネモネステークスを見てみると
このレースでもライジングリーズンは7枠14番という外枠に入り
道中は最後方近くでレースを進めました。

そして、フェアリーステークスと同様に3コーナー過ぎから
スパートをかけて捲りをかけ、直線で先頭の馬を射程圏に捕らえて
直線で突き抜けるという内容の競馬でした。

どちらの競馬も3コーナー過ぎからロングスパートをかけて
直線で先頭の馬を捕らえ、直線は惰性とパワーで突き抜けるという
同じような内容の競馬でした。

つまり、ライジングリーズンは一瞬の脚を活かすタイプではなく
豊富なスタミナとパワーを武器に長く良い脚を使い続ける
という競馬が得意であることが分かります。

直線の長いコースではスピードと瞬発力で勝負が出来るので
距離ロスの大きい捲りという戦法は有効ではありません。

直線の短い小回りコースでこそ力を発揮するのが捲りという戦法です。

ラジオNIKKEI賞が行われるのは福島競馬場
福島競馬場といえば、小回りで有名なコースです。

ライジングリーズンが持っている武器を
有効に使える舞台だと言えます。

 

オークス、NHKマイルカップを使わなかった点

ライジングリーズンは桜花賞で負けた後
オークスやNHKマイルカップには目も向けず、
早々にラジオNIKKEI賞を目標に定めました。

重賞の勝ちがあり、桜花賞でも0.7秒差と大きく負けていない訳ですから
「オークスかNHKマイルカップで巻き返しを!」
と考えるのが一般的です。

しかし、状態面が悪かったのか
ライジングリーズンの小回り適性陣営が考慮したのか、
いずれにしてもライジングリーズンはレースを使用しない選択を取りました。

GIレースは消耗が大きいので
続けてGIを使わなかったライジングリーズンにとっては
余力のある状態でラジオNIKKEI賞に出走することが出来ます。

当然、休み明けで状態が不安定であるという要素はありますが
2ヶ月半ぶりの出走となったファエリーステークス
2ヶ月ぶりの出走となったアネモネステークスで勝ち
デビュー戦も勝利したことから
間隔をあけての競馬は得意であると考えて良いでしょう。

今回は余力がある状態で、力を発揮できるデキであれば
ライジングリーズンのパフォーマンスを見せられるはずです。

 

以上、2つの理由から

2017ラジオNIKKEI賞における

ライジングリーズンは今回期待がもてる

という結論に達します。

 

キタサンブラックと同じブラックタイド産駒で
キタサンブラックと同じように豊富なスタミナとパワーを武器に
レースをする馬なだけに今回のライジングリーズンの走りには注目です。

ここをあっさりとクリアするようなら
桜花賞で負けたソウルスターリングやアドマイヤミヤビといった
超A級の実力馬を相手にしても逆転が可能になるかもしれません。

色々な意味で注目の一戦ですね。

 

2017ラジオNIKKEI賞で注目している馬は
この条件がピッタリと合いそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業36年【ホースメン会議】の

的中率7割以上・平均配当200倍以上
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想 7/23まで無料
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

6/18 阪神7R 3万7530円的中
6/18 阪神12R 8120円的中
6/18 東京9R   8040円的中
6/17 東京11R 8720円的中

1日1鞍の渾身予想を見る方法!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。