【2017函館記念】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2017函館記念】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

 

<出走予定馬&予想オッズ>

サトノアレス 2.7倍
マイネルミラノ 6.2倍
ステイインシアトル 6.5倍(小倉記念と両にらみ)
ツクバアズマオー 8.1倍
サクラアンプルール 9.9倍
ジョルジュサンク 12.5倍
スーパームーン 15.1倍
レッドソロモン 18.0倍
ダンツプリウス 19.4倍
ヤマカツライデン 24.7倍
ケイティープライド 25.6倍
タマモベストプレイ 26.4倍
パドルウィール (出走回避)

 

今週のメインレース注目馬はこの馬

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

中1週での出走を決めた サトノアレス

前走の巴賞では順当勝ちをしたGI馬サトノアレス

朝日杯フューチュリティステークスを勝っているように
能力はここでは上位だが、前走の巴賞から中1週で挑む今回は
体調面をどこまで戻してくるかが焦点となる。

この不安を覆して勝つようであれば、秋のGI戦線が楽しみになる。

中山金杯勝ちのある ツクバアズマオー

前走の日経賞、前々走の中山記念は惨敗したツクバアズマオー

負けはしたものの相手が強かったり、展開が向かなかったりと
ツクバアズマオーの評価を下げる情報は揃っていない。

相手が弱くなる今回は負けたらいい訳の出来ない舞台で
改めて試金石となる1戦

重賞戦線に戻ってきた ジョルジュサンク

前走の洞爺湖特別で完勝したジョルジュサンク

3歳時はすみれステークスを勝利して菊花賞にも歩を進めたとおり
能力は重賞級である事は間違いない素質馬

少しのんびりしたタイプなので、今回は距離短縮が課題となるが
前走で勝利した勢いからここもそのまま突破してもおかしくない。

若葉ステークス勝ちのある レッドソロモン

ここ3戦は重賞で全く良いところのないレッドソロモン

メイショウサムソン産駒らしく切れる脚がなく
前々から粘り込むタイプの競馬が得意な馬なので
重賞ではどうしてもスピード負けしてしまうが
函館記念のような小回りで力の要る馬場なら走っても不思議ではない。

昨年の勝ち馬 マイネルミラノ

昨年の函館記念を勝っているように洋芝適性のあるマイネルミラノ

重馬場を得意としている馬だが、
マイネルミラノが好走できるかどうかは
自分のリズムで競馬をすることが出来るかどうかという点

レースで惨敗すればするほど、人気が落ちていき
マイネルミラノにとっては競馬をしやすい条件が揃っていくので
ローカル重賞レベルなら常に注目が必要な馬だ。

前走初重賞を果たした ステイインシアトル

前走の鳴尾記念は武豊騎手を背中に逃げ切り勝ちで
重賞初勝利を果たしたステイインシアトル

ステイゴールド産駒の割には従順な気性を持っており
鞍上の赴くままの競馬が出来る点が強みだが
その分、闘争心を持っていないので
相手関係や枠順などの外部要因に左右されるタイプ

人気に支持されそうな今回は厳しい条件となるが
ここをクリアすればGIへの道も開けてくるだろう。

金鯱賞2着の パドルウィール

昨年の12月に出走した金鯱賞で2着に入り
周りをアッと驚かせたパドルウィール

その後は苦しい戦いが続いているが
金鯱賞で戦ったメンツを比較すれば
今回のレースに出走するメンバーは強くないはず。

周りとの戦いではなく、自分との戦いが続くパドルウィールだが
自分との戦いに勝利すれば、その先が見えてくる
(函館記念と両にらみ)

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ函館記念の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。