【2017宝塚記念データ分析】天皇賞春経由は不利?脚質・枠順で有利なのは?

Pocket

2017宝塚記念を予想する際に必要となる
過去に行われたレースからのデータを分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?
また前走天皇賞春に出走した馬の成績についても言及していきながら
宝塚記念で好走している馬について話をしていきます。

 

今年は少頭数で行われる宝塚記念

例年以上に展開や枠順の有利不利をうけない可能性はありますが
宝塚記念で好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。

 

前走で天皇賞春に出走した馬は成績が悪い

宝塚記念の主なステップとなっているのは
天皇賞春、鳴尾記念、目黒記念、金鯱賞の4つです。
(金鯱賞は現在時期移動によりステップにする馬は少ない)

この4つのレースの単勝回収率、複勝回収率、複勝率を見てみると

    単回収 複回収 複勝率 頭数
天皇賞春  51% 60% 29.0% 31頭
金鯱賞  177% 114% 35.7% 14頭
鳴尾記念  236% 178% 50.0% 6頭
目黒記念  627% 135% 50.0% 4頭

となっています。

G2及びG3戦である金鯱賞、目黒記念、鳴尾記念の
単複回収率が100%を超えているのに対して
一番格式が高く、レベルが高い天皇賞春経由の馬が成績を残せていない事が分かります。

なぜ、天皇賞春経由の馬が成績を残せていないのでしょうか?

もう少し深堀りしてみてみましょう

こちらは天皇賞春経由で宝塚記念に出走した馬の
着順別の単勝回収率、複勝回収率、複勝率です。

  単回収 複回収 複勝率 頭数
1着 0% 44% 23.6% 7頭
2着 0% 58% 40.0% 5頭
3着 101% 22% 14.3% 7頭
4着 0% 0% 0% 0頭
5着 96% 46% 33.3% 3頭
6~9着 67% 42% 25.0% 4頭
10着以下 64% 164% 40.0% 5頭

1着に入った馬の成績が悪いことが分かります。

成績が芳しくない理由は天皇賞春と宝塚記念の
ペース(走るリズム)が全く違うからです。

馬は前走どんな競馬をしたのかという事を覚えているので
長距離戦である天皇賞春のゆったりしたペース
坂のない直線での早めのスパートなどが体に残っています。

宝塚記念では1000mの距離短縮となりますので
ペースが上がり、坂のある直線を2度超えながら
直線まで力を溜めて末脚を爆発させるレースになります。

天皇賞の流れに乗じて上位入線した馬ほど
宝塚記念では流れの違いに困惑して負けてしまうと言うことが分かります。

今年はキタサンブラックが天皇賞春から宝塚記念に出走してきますが

果たして条件の違いに対応できるのか?

注目が集まります。

 

距離ロスのない内枠が有利

次に宝塚記念の枠順別成績を見てみましょう。

    複勝率 頭数
1~2枠 33.3% 21頭
3~4枠 30.7% 26頭
5~6枠 21.7% 23頭
7~8枠 28.5% 28頭

1~4枠の内枠が有利となっている事が分かります。

なぜ、内枠の方が有利なのでしょうか?

宝塚記念が行われる条件は阪神芝2200m戦の内回りコースの
形態を見ながら理由を説明していきます。

阪神芝2200m戦の内回りコースはこんな形をしています。

図を見て貰うと分かりますが
コーナーを4回曲がるコースになっており
直線の距離は350mそこそこと短い設定になっています。

つまり、コーナーで外を通った馬は物理的な距離ロスを被る形となり
短い直線で挽回しづらい設定になっている

という事が分かります。

 

末脚の鋭い差し馬が優勢

次に宝塚記念を有利に戦える脚質について考えてみましょう。

過去10年の宝塚記念上がり3F準備別の成績を見てみると

   単回収 複回収 複勝率 頭数
1位 605% 255% 100% 10頭
2位 251% 85% 40.0% 10頭
3位 226% 181% 50.0% 6頭
4~5位 150% 99% 47.1% 17頭
6位以下 0% 25% 5.5% 55頭

となっています。

上がり3ハロンを最速で上がってきた馬は
100%馬券に絡んでいる事が分かります。

直線の短い内回り戦ながら、GIで早めの仕掛けになる点から
最後の末脚で全てをひっくり返す展開になっている事が分かります。

その中には

2015年 デニムアンドルビー 2着(10番人気)
2010年 ナカヤマフェスタ 1着(8番人気)

などの人気薄の伏兵馬も入っているので
力の要る馬場で末脚を発揮できる馬には注意が必要です。

 

以上が2017宝塚記念を攻略するための主たるデータです。

世間の評価ではキタサンブラック1強
キタサンブラックの勝ち方を見るレースとなっていますが
データからは決してキタサンブラックに有利な情報で出てきません。

このデータを重宝してキタサンブラックの評価を下げるのか?

それともキタサンブラックはこれらのデータを全て覆して
勝つレベルのスーパーホースだと信じて
1着固定で馬券を勝っていくのか?

少頭数でのレースとはいえ、馬券的な興味が尽きないレースですね。

 

2017宝塚記念で私が注目している馬は
もちろんキタサンブラックではなく

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第58回宝塚記念(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
宝塚記念を3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春のGIシリーズの締めくくりとなるグランプリレース。今年はファン投票上位組みからの不参加が多く、レースレベルに疑問が残るが、何といっても主役は大阪杯・天皇賞(春)と2連勝中のキタサンブラックだ。

今年、GIへの昇格になった大阪杯から天皇賞(春)、宝塚記念のGI3レースを全て優勝した場合、2億円が報奨金として交付される。その権利を持っているのがキタサンブラック。今年は早くから大阪杯→天皇賞(春)→宝塚記念へのローテを表明し、本気で3連勝を狙っていた。新設GIの大阪杯を勝ったことにより、愛チャンピオンS(9/9アイルランド・レパーウタウン競馬場・芝2000M)への優先出走権が与えられた。秋は凱旋門賞への参戦も視野に入れているが、その前にアイルランドに遠征する可能性もある。

当然、春の集大成として抜かりのない仕上げで送り出してくるが、実はキタサンブラック陣営が恐れている穴馬の存在を独占スクープ。最大のライバルであるサトノダイヤモンドは早々と回避。もはやキタサンブラックの天下かと思われたが、一部トレセン内でも噂になっている人気薄になるであろう、激走情報馬が1強崩しに燃えている。

昨年は6人気マリアライトが勝利、15年は6人気ラブリーデイが1着、10人気デニムアンドルビーが2着、11人気ショウナンパンドラが3着し50万馬券となった。14年にも9人気カレンミロティックが2着、8人気ヴォルシーナ3着と人気薄が馬券圏に入り25万馬券。ここ10年でも3連単は全て万馬券以上と人気馬での決着はなし。

今年は断然人気のキタサンブラックがいるが、競馬セブンが入手している激走情報馬が馬券に絡めばキタサンブラックが相手でも万馬券濃厚!

競馬セブン 春のGIでは
高松宮記念   馬連2150円的中 3連複3230円的中
大阪杯     馬連2320円的中 3連複4830円的中
皐月賞     馬連8710円的中
NHKマイルC 馬連1万7290円的中 3連複5万0600円的中
オークス   3連複4600円的中
安田記念    馬連1万0480円的中
馬連万馬券2本を含む万券3発!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『宝塚記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第58回宝塚記念(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
宝塚記念を3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━