【2017宝塚記念予想】デムーロ&サトノクラウンが勝つ可能性と危険要素は?

Pocket

2017宝塚記念で人気が予想される
サトノクラウン(デムーロ騎手騎乗予定)について
宝塚記念で勝つ可能性と凡走する危険性について
それぞれの要因を話していきます。

 

春のGI最終戦である宝塚記念は
現在のところ馬券的な盛り上がりは皆無です。

それはなぜかというと強力なライバルが去り
少頭数で行われる状況が確定的な中
キタサンブラックに勝てるであろう馬が見当たらないからです。

世間の評価は専ら

「キタサンブラックの相手探し」
「キタサンブラックが勝利する確率100%」

などと馬券的な興味はすでに無くなり
キタサンブラックがどうやって勝つのかに注目が集まっています。

 

そんな中で打倒キタサンブラックに闘志を燃やす馬がいます。

その馬の名前は

サトノクラウン

です。

 

3歳時からその素質を高く評価されていたサトノクラウンですが
サトノクラウン自身が持っている気性的にムラな面が邪魔をして
思うような成績を残すことが出来ませんでした。

しかし、昨年の香港ヴァーズでサトノクラウンの評価が一変します。

単勝1.3倍だったハイランドリールを直線でただ1頭猛然と追い上げて勝利
超大物を破ったことで、もしかしたら真面目に走ったら物凄く強い馬なのかもしれない

と、その潜在能力を評価され始めました。

続く京都記念も勝ち、地力を証明しました。

前走の大阪杯ではキタサンブラックに敗れ、気持ちの難しさを出しましたが
持っている潜在能力に対する評価は以前変わらず
キタサンブラックに正面切って勝てるのはサトノクラウン以外にはいないのでは…

という評価を受けています。

そんなサトノクラウンが宝塚記念でキタサンブラックに
リベンジを果たすことが出来るのか?

果てまた再度キタサンブラックの高い壁にぶち当たってしまうのか?

期待できる点と不安材料について話をしていきたいと思います。

 

サトノクラウンのここは買い

前走できっちりと敗戦をした

サトノクラウンは気持ちの難しいタイプで
ストレスが溜まると自分の走りを全くしてくれません。

3歳春の実績を見てみると

弥生賞 1着(2番人気)
皐月賞 6着(1番人気)
ダービー 3着(3番人気)

と弥生賞で勝ったあと皐月賞は反動で負けて
皐月賞の負けでストレスを緩和したあとに
再び日本ダービーで好走をしています。

2016京都記念を勝ったあとに香港のレースを惨敗したり
今年の京都記念を勝ったあとに挑んだ大阪杯も
サトノクラウン本来のパフォーマンスにはほど遠い内容での6着

とにかく気持ちが持続しないタイプの馬です。

今回の宝塚記念は前走大阪杯で惨敗した後に臨むレース
サトノクラウンが走る気持ちを戻してくる可能性は十分にあります。

 

阪神芝2200mへの舞台適性が高い

サトノクラウンの今までのレースを見てみると

力の要る中山芝2000mの弥生賞で完勝
雨で重馬場だった京都芝2200mの京都記念で圧勝
勝ち時計が2分26秒6という馬場で行われた香港の馬場で勝利

とパワーを最大の武器としてレースをしている馬である事が分かります。

宝塚記念の舞台である阪神芝2200mは坂超えを
2度経験するパワーが必要なタフなコース

サトノクラウンが本来のパフォーマンスを発揮できれば
この舞台が味方をしてくれるはずです。

 

サトノクラウンのここは危険材料

ここまでサトノクラウンのプラス材料について話をしてきましたが、
今度はマイナス材料について話をしていきます。

状態面が不安定

サトノクラウンは今までは勝って負けてを繰り返して
キャリアを刻んできました。

しかし、香港ヴァーズを勝った後に出走した
京都記念では再び強い競馬をして完勝しました。

疲労・ストレスに弱いサトノクラウンが2戦連続で好走したということは
その分、より大きな負担を強いられている可能性があります。

大阪杯の敗戦はプラス材料ではありますが
この1戦の敗戦でサトノクラウンがストレスをはき出せたのか?

そこについては未知の部分だと言えます。

加えて、大阪杯ではマイナス12kgでの出走となったことからも
香港ヴァーズ・京都記念での連勝はサトノクラウンにとって
大きなダメージを与えていたことが分かります。

サトノクラウンが心身共にどこまで回復できたのか?

状態面での不安要素(未知な部分)を抱えたまま出走する形のなるので
信頼は置きづらいと言えます。

 

以上が、2017宝塚記念でサトノクラウンが抱える
期待できる点と不安材料です。

 

現代の日本競馬に産駒がほとんどいないマルジュー産駒で
血統も辿っても日本競馬の反主流といえる存在のサトノクラウン

異質な存在なだけに馬場悪化などの
特殊条件になったときはさらに注意が必要な馬かもしれないですね。

 

2017宝塚記念で注目している馬は
この条件で持ち味を発揮できそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第58回宝塚記念(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
宝塚記念を3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春のGIシリーズの締めくくりとなるグランプリレース。今年はファン投票上位組みからの不参加が多く、レースレベルに疑問が残るが、何といっても主役は大阪杯・天皇賞(春)と2連勝中のキタサンブラックだ。

今年、GIへの昇格になった大阪杯から天皇賞(春)、宝塚記念のGI3レースを全て優勝した場合、2億円が報奨金として交付される。その権利を持っているのがキタサンブラック。今年は早くから大阪杯→天皇賞(春)→宝塚記念へのローテを表明し、本気で3連勝を狙っていた。新設GIの大阪杯を勝ったことにより、愛チャンピオンS(9/9アイルランド・レパーウタウン競馬場・芝2000M)への優先出走権が与えられた。秋は凱旋門賞への参戦も視野に入れているが、その前にアイルランドに遠征する可能性もある。

当然、春の集大成として抜かりのない仕上げで送り出してくるが、実はキタサンブラック陣営が恐れている穴馬の存在を独占スクープ。最大のライバルであるサトノダイヤモンドは早々と回避。もはやキタサンブラックの天下かと思われたが、一部トレセン内でも噂になっている人気薄になるであろう、激走情報馬が1強崩しに燃えている。

昨年は6人気マリアライトが勝利、15年は6人気ラブリーデイが1着、10人気デニムアンドルビーが2着、11人気ショウナンパンドラが3着し50万馬券となった。14年にも9人気カレンミロティックが2着、8人気ヴォルシーナ3着と人気薄が馬券圏に入り25万馬券。ここ10年でも3連単は全て万馬券以上と人気馬での決着はなし。

今年は断然人気のキタサンブラックがいるが、競馬セブンが入手している激走情報馬が馬券に絡めばキタサンブラックが相手でも万馬券濃厚!

競馬セブン 春のGIでは
高松宮記念   馬連2150円的中 3連複3230円的中
大阪杯     馬連2320円的中 3連複4830円的中
皐月賞     馬連8710円的中
NHKマイルC 馬連1万7290円的中 3連複5万0600円的中
オークス   3連複4600円的中
安田記念    馬連1万0480円的中
馬連万馬券2本を含む万券3発!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『宝塚記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第58回宝塚記念(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
宝塚記念を3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。