【2017宝塚記念予想】ルメールとシャケトラのGI勝利の可能性と危険性

Pocket

2017宝塚記念で人気が予想される
シャケトラ(ルメール騎手騎乗予定)について
宝塚記念でGI初勝利を飾る可能性と凡走する危険性について
話をしていきます。

 

春のグランプリ総決算である宝塚記念

今年は寂しいメンバー構成となりましたが
キタサンブラックをはじめ、
ゴールドアクター、ミッキークイーン、サトノクラウンなどの
GI馬が顔を揃えてきました。

近況を見てみるとキタサンブラック1強の様相を呈しており
馬券の中心はキタサンブラックになりそうな形ですが
2番手以降の馬を選ぶとなると、どの馬を選んでいいのかわからない状態です。

天皇賞春でサトノダイヤモンドを抑えて2着に入ったシュヴァルグランか?
有馬記念勝ち馬のゴールドアクターが復活を遂げるのか?
牝馬ミッキークイーンがヴィクトリアマイル惨敗から復活を遂げるのか?

いろいろな思惑が交錯する中で、まだ実力をすべてさらけ出していない馬がいます。

 

その馬の名前は

シャケトラ

です。

 

シャケトラは昨年冬までは1000万条件を走っていましたが
今年の日経新春杯に格上げ挑戦をして2着
そして続く日経賞では歴戦の古馬達をなで斬りにして重賞初制覇と
日の出の勢いでGIの有力馬にのし上がってきました。

そんなシャケトラですが、前走の天皇賞春では
馬群に揉まれて力を発揮できず9着と惨敗してしまいました。

今回はルメール騎手を鞍上に迎えて
巻き返しモードで挑むシャケトラですが
宝塚記念では果たして巻き返すことが出来るのかどうか?

期待できる点と不安材料について話をしていきたいと思います。

 

シャケトラのここは買い

ルメール騎手への乗り替わり

前走の天皇賞春のレースぶりから見ても分かるとおり
シャケトラは掛かる癖があります。

激しい気性を抑えられないというよりも
臆病なタイプで馬群に揉まれると平常心で走れないといったタイプなので
当たりの柔らかいルメール騎手が騎乗する事はプラスと言えます。

またルメール騎手はアドマイヤリード、ソウルスターリング、レイデオロと
3戦連続でGIを勝っているように、この春絶好調。

シャケトラの心身に負担をかけない乗り方で
持っている力を100%出すには最適な騎手と言えるので
ルメール騎手への乗り替わりは戦力アップと言えます。

多頭数からの少頭数替わり

前述したようにシャケトラは馬群に揉まれて良いタイプではありません。

ですので、天皇賞のように多頭数での競馬になってしまうと
馬群に揉まれて心身が消耗し、本来の力を発揮できない可能性があります。

今回の宝塚記念は大阪杯が行われた影響か、
キタサンブラックの存在感が際立っているせいかは分かりませんが
少頭数での競馬となりました。(登録段階で11頭)

他の馬に邪魔されずにのびのびと走りたい
シャケトラにとって頭数が減る事は歓迎材料で
前走のように掛かって自滅する可能性は限りなく低くなります。

 

シャケトラのここは危険材料

ここまでシャケトラのプラス材料について話をしてきましたが、
今度はマイナス材料について話をしていきます。

そもそも本当に強い馬なのかどうか分からない

シャケトラのキャリアを見てみると現時点でまだ7戦しかしていません。

1000万条件を勝って、重賞を連続で連対するのですから
全く能力がないという事はありませんが
そもそも本当のシャケトラの能力値はまだ分かっていません。

好走して日経新春杯と日経賞を振り返ってみます。

日経新春杯は1000万条件からの挑戦と言う事も有り
53kgという恵量で出走する事が出来ました。

1番人気のミッキーロケットには2kg差を貰っていたものの
最後差し返されての2着敗戦で力の差を感じる内容でした。

加えて、3着モンドインテロ、4着レッドエルディスト、5着カフジプリンスは
重賞勝ちの実績がない馬で強豪牡馬よりも一枚劣る存在。
シャケトラが勢いで2着に好走したと取ることが出来ます。

続いて、日経賞を見てみます。

こちらは後方待機から直線で豪脚を疲労して完勝
レース内容自体はケチのつけようのない競馬でした。

負かした相手も見てみると
1番人気のゴールドアクターは力負けと言うよりも
状態の悪さもしくは衰えが出て負けたという印象。
(3番人気のディーマジェスティも同様)

2番人気のレインボーラインは自分でレースを作り事が出来ず
相手に合わせて着を拾ったような競馬でした。

GI級の上位人気馬はいずれも自滅したような形で
2,3着には強豪牡馬よりも一枚劣る存在の
ミライヘノツバサ、アドマイヤデウスが入りました。

この2戦を見る限りは本当に強い馬を力で負かしたレースは一度もなく
まだシャケトラにGIで人気するだけの力が備わっているかは判断出来ません。

あとは人気次第ですが、マカヒキやサトノダイヤモンドが不在の中
シャケトラがキタサンブラック、シュヴァルグランに次ぐ
3番人気あたりに支持された場合は現状見せているパフォーマンスと比較すると
過剰人気の感が否めません。

人気に支持されるという事はレースで目立つ存在になるという事です。

シャケトラに未知の魅力はありますが、
未知の部分を過剰評価されている場合は旨味はなく
不利な条件での出走という形になるでしょう。

 

以上が、2017宝塚記念でシャケトラが抱える
期待できる点と不安材料です。

 

今年の宝塚記念で最も評価が難しいシャケトラですが
プラス面とマイナス面をしっかりと把握した上で
馬券検討をしていきましょう。

 

2017宝塚記念で注目している馬は
ここで持ち味を発揮しそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っており、2017収支は150%超えです。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第58回宝塚記念(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
宝塚記念を3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春のGIシリーズの締めくくりとなるグランプリレース。今年はファン投票上位組みからの不参加が多く、レースレベルに疑問が残るが、何といっても主役は大阪杯・天皇賞(春)と2連勝中のキタサンブラックだ。

今年、GIへの昇格になった大阪杯から天皇賞(春)、宝塚記念のGI3レースを全て優勝した場合、2億円が報奨金として交付される。その権利を持っているのがキタサンブラック。今年は早くから大阪杯→天皇賞(春)→宝塚記念へのローテを表明し、本気で3連勝を狙っていた。新設GIの大阪杯を勝ったことにより、愛チャンピオンS(9/9アイルランド・レパーウタウン競馬場・芝2000M)への優先出走権が与えられた。秋は凱旋門賞への参戦も視野に入れているが、その前にアイルランドに遠征する可能性もある。

当然、春の集大成として抜かりのない仕上げで送り出してくるが、実はキタサンブラック陣営が恐れている穴馬の存在を独占スクープ。最大のライバルであるサトノダイヤモンドは早々と回避。もはやキタサンブラックの天下かと思われたが、一部トレセン内でも噂になっている人気薄になるであろう、激走情報馬が1強崩しに燃えている。

昨年は6人気マリアライトが勝利、15年は6人気ラブリーデイが1着、10人気デニムアンドルビーが2着、11人気ショウナンパンドラが3着し50万馬券となった。14年にも9人気カレンミロティックが2着、8人気ヴォルシーナ3着と人気薄が馬券圏に入り25万馬券。ここ10年でも3連単は全て万馬券以上と人気馬での決着はなし。

今年は断然人気のキタサンブラックがいるが、競馬セブンが入手している激走情報馬が馬券に絡めばキタサンブラックが相手でも万馬券濃厚!

競馬セブン 春のGIでは
高松宮記念   馬連2150円的中 3連複3230円的中
大阪杯     馬連2320円的中 3連複4830円的中
皐月賞     馬連8710円的中
NHKマイルC 馬連1万7290円的中 3連複5万0600円的中
オークス   3連複4600円的中
安田記念    馬連1万0480円的中
馬連万馬券2本を含む万券3発!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『宝塚記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第58回宝塚記念(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
宝塚記念を3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。