【2017函館スプリントステークス予想】シュウジ不振の理由を考える

Pocket

ここではは2017函館スプリントステークスに出走を予定している
有力馬シュウジについて、なぜ今年に入って急に不振期に入ってしまったのか?
今回の函館スプリントステークスでは復活を遂げて好走する事ができるのか?

という事について理由を交えながら話していきたいと思います。

 

今年の函館スプリントステークスの出走予定メンバーを見てみると
GI高松宮記念を勝ったセイウンコウセイ以外は
重賞で主役を張れるような馬が見当たりません。

 

そんな中でセイウンコウセイに次いで
圧倒的な実績を誇る馬が

シュウジ 

です。

 

シュウジは2歳時に小倉2歳ステークスを圧勝して
3歳時にはGIスプリンターズステークスで4着
そして暮れの阪神カップでは勝利と
GIに手が届く実績と能力を備えた馬です。

阪神カップを勝った際には次年のGI獲りが
現実味を帯びてきましたが、
年明け初戦となった阪急杯では弱いメンバー相手に惨敗
続く、GI高松宮記念でもなすすべなく完敗と
急にスランプ状態に陥ってしまいました。

不振期に入ったシュウジに復活の道はあるのでしょうか?

 

私はシュウジに対して

復活は限りなく厳しい

という見解を持っています。

 

過去にはファルコンステークス、NHKマイルカップと
連続で惨敗しながら夏の北海道シリーズで復活を遂げた経験のあるシュウジが
なぜ、今回の復活は厳しいという結論になるのでしょうか?

以下の理由を挙げたいと思います。

 

2017年春シーズンと2016年春シーズンでは惨敗の内容が違う

2016年の春シーズン、すなわち昨年の春にシュウジが
惨敗を続けてしまったのは、適性が向かないという確固たる理由がありました。

シュウジは小倉2歳ステークスを圧勝しているように
ベストの距離は1200mの馬です。

純正のスプリンターなので、距離が伸びると派フォーマンスを落としてしまいます。

2016年の春シーズンの内容を振り返ってみると

ファルコンステークスは距離が200m伸びた上に
ぐちゃぐちゃの不良馬場であったために
全く自分の競馬が出来ずに惨敗しました。

次走のNHKマイルカップではさらに200mの距離延長となった上に
マイルに適性のある強豪馬が集まる舞台ということで
こちらも自分の競馬が出来ずに惨敗してしまいました。

と、負けたのには明確な理由がありました。

ですので、適性距離でのレースとなったキーンランドカップでは
しっかりと自分の走りを見せて2着に食い込み
ここから再び上昇していきました。

 

対する2017年の春シーズンの内容を振り返ってみると

阪急杯は前年の暮れに勝った阪神カップと同じ舞台で
頭数も減り、相手もグッと弱くなった中での惨敗

高松宮記念は200mの距離短縮をして
シュウジの適性距離である1200m戦でのレースでしたが
パフォーマンスを全く上げる事なく、阪急杯同様に惨敗

と理由が明確ではありません。

「惨敗」という文字で表してしまうと
どちらも惨敗になるのですが
内容を吟味してみるとその実は全く違います。

2017春シーズンの惨敗の方が
シュウジにとっては深刻な負け方である事が分かります。

 

メンタル崩壊による回復は疲労面の回復よりも難しい

競走馬が不振期に陥る要因は2つあります。

それは「肉体面での疲労」と「精神面での疲労」です。

肉体面の疲労とはレースを使い詰めることや
激しいレースを経験する事によって
馬の体力がなくなり、持っている力を出し切れなく状態を言います。

この場合、放牧などで馬の体力を回復させれば
元通りのパフォーマンスを見せる事が出来ます。

先週のエプソムカップで3着に入ったマイネルハニーの
小倉大賞典での大敗などが良い例ですね。

 

一方の精神的な疲労は激走の連続や
故障による影響、年齢による気持ちの消耗など
様々な理由で馬に走る気持ちがなくなってしまい
持っている力を出し切れなくなる状態の事を言います。

ダービー馬ワンアンドオンリーや
2冠牝馬メイショウマンボ
など実力がありながら急に全く走らなくなった馬が例としてあげられます。

この場合は、体力の消耗とは違い
休ませたからと行って回復するわけではありません。

休みで回復する馬もいるでしょうし
ダートを走らせることで気持ちが切り替わる馬もいるでしょうし
一生気持ちが回復しない馬もいます。

 

目に見えないだけに精神的な疲労というのは回復が難しいのですが
2017函館スプリントステークスに出走する
シュウジの不振の原因は明らかに精神的な疲労によるものです。

今回はGIから間隔を空けての出走になりますし
相手も一気に弱くなるので、走る気になる可能性は0ではありませんが
近2走でのシュウジの走りを見てみると
精神面の回復について楽観的にはなれません。

 

以上の理由から

2017函館スプリントステークスでにおけるシュウジの評価は

復活は限りなく厳しい

という結論になります。

 

実績では抜けているだけにある程度の人気になる事が予想されます。

大きな人気を背負うようなら外して妙味があるかもしれないですね。

 

2017函館スプリントステークスで注目している馬は
この条件なら大駆けが期待出来そうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第22回 ユニコーンS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ユニコーンSを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

カネヒキリ、ベストフォーリア、ノンコノユメなどが3歳時にユニコーンSを勝ち、後にGI馬となった出世レースでもある。

出走すれば人気になっていたエピカリスはアメリカクラシック3冠ベルモントSに参戦表明。変わりに注目されるのがNHKマイルC・2着のリエノテソーロだ。芝・ダート問わず走れる同馬だが、ダートでは2戦無敗と底を見せず。芝でもGIマイルで2着と力を見せたが、未知の魅力がある砂路線へ今後は進む予定。

その他では、UAEダービーでは惨敗したが、ヒヤシンスSではエピカリスと接戦したアディーラート。ダートでは2戦して無傷のサンライズソアなどが参戦予定となっている。断然人気が予想されるリエノテソーロ。NHKマイルCでは13人気とノーマークではあったが、競馬セブンでは「勝負になる」との関係者情報を入手し、馬連万馬券の立役者として取り上げていた1頭である。勿論、今回も同馬の内部関係者情報を入手済。馬券になる・ならないは競馬セブンにお任せ下さい。

さらに、競馬セブン情報班によると「激走必至の人気薄情報馬の存在」を極秘入手。波乱の立役者と成り得る裏情報を入手している。

競馬セブン 春のGIでは
高松宮記念   馬連2150円的中 3連複3230円的中
大阪杯     馬連2320円的中 3連複4830円的中
皐月賞     馬連8710円的中
NHKマイルC 馬連1万7290円的中 3連複5万0600円的中
安田記念    馬連1万0480円的中
馬連万馬券2本を含む万券3発!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ユニコーンS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第22回 ユニコーンS(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
ユニコーンSを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。