皐月賞・日本ダービーに向けてプレイアンドリアルが快勝!重賞回顧


先週の重賞競走は京成杯と日経新春杯でした。
競馬はレースが終わったら終了ではありません。
レースをしっかりと回顧、分析して次へ繋げていきましょう。

まず皐月賞と同じ舞台で行われた京成杯ですが
プレイアンドリアルが快勝しました。

前走朝日杯FSで敗れた際にはスピードが勝ったタイプの
馬なのかもしれないということで外しましたが
このメンバーでは地力が一枚違うところを見せました。
スピードとパワーのバランスも良く、東京・中山と
舞台を問わずに活躍出来る馬だと思います。
あとは朝日杯で出た気性面の難しさがなくなれば
主役級の1頭となれるでしょう。

期待したキングズオブザサンは2着。
今回は勝ちに行く競馬をして能力は存分に見せられました。
相手が強かったという一言に尽きます。
中山2000mはベストの条件ですが
GIとなるとパンチ力の弱さは否定出来ません。

3着は鋭く追い込んだアデイインザライフ
スタート負け、道中最後方からこれだけの切れる脚を使えた
ということは能力の高さに他なりません。
中山よりも東京の方が高いパフォーマンスを発揮出来るでしょう。
ただ、デビュー戦を含めてこれだけ極端な競馬しか出来ないのは
かなりのマイナス要素なので、スタートが課題の馬です。

4着ピオネロは条件が合いましたが力負けしました。
この実績で他の競馬場出走時に人気になるようであれば
軽視出来るので、中山適性がある事を覚えておきましょう。

京都では伝統のハンデ戦日経新春杯が行われ
菊花賞2着のサトノノブレスが向こう上面からハナに立ち
そのまま押し切って勝利しました。

サトノノブレスは切れる脚がないので
こういった競馬が合っていますね。
逃げないまでも4コーナーあたりから押し上げて
そのままなだれ込むというパターン。
あまり上がりのかかるコースは脆さを見せるかもしれません。

2着にはアドマイヤフライトが入りました。
メンバーが弱かった点は見逃せませんが
しっかりとした脚で実力は見せました。
あとはもう少し強いメンバーとやってどうかという
能力的な問題だけですね。

3着にはフーラブライト
今回は逃げませんでしたが、最後までジリジリ伸びました。
1,2着の馬には力負けでしたが
これだけ安定した走りを見せられれば
別定戦になっても牝馬限定戦なら十分に戦えそうです。

ラウントワールドとラブイズプーシェは見せ場無く敗れました。
共にパワー型の脚を見せるタイプで、外枠を引いたため
内枠有利の京都2400mに対応出来ませんでした。

ラウンドワールドは状態面の回復が必要で
ラブイズプーシェはもう少し地力が必要ですね。

これらの情報を聞き流さずにしっかりと記録として
残しておくと次の予想にめちゃくちゃ有利になりますよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。