AJCC、東海S、京都牝馬Sの出走予定有力馬情報と見解

Pocket

今週は3つの重賞が行われます。
まず、土曜日に京都競馬場で京都牝馬ステークス
日曜日には中山競馬場でAJCC(アメリカジョッキーズクラブカップ)と
中京競馬場で東海S、いずれも古馬の重賞で楽しみ甲斐がありそうです。

3つレースがあるので、簡単ではありますが
レースの出走予定有力馬について確認していきましょう。

最初は土曜日に行われる京都牝馬ステークス
確固たる主役は不在ですが、実績ではドナウブルーが最上位です。
昨年の夏以降ははワンパンチ足りない感じながらも堅実に走りました。
ただ、毎年夏場に成績を残すタイプなのでひときわ寒い
今年の冬でどのようなレースが出来るかが焦点です。

4歳馬からは2歳女王ローブティサージュが参戦します。
昨年の成績は平凡で終わったと判断する人も多いかと思いますが
レース内容は見所があるものもあり
私はまだ終わったと判断するには早いと感じています。
条件は向いていないように思いますが、ここは改めて真価を問う一戦です。

じわじわと下のクラスから上がってきたのはノーブルジュエリー
末脚が単調な面もあり、勝ち味に遅く
出世が遅れましたが、豊富なスピードと能力の高さで
重賞レースまであがってきました。
当日の枠順や鞍上の手綱さばきにも注目です。

次はAJCCにいきましょう。
このレースは昨年のチャンピオン、ダノンバラードが出てきます。
宝塚記念2着など実績は上位ですが
追ってからの味が無く、一本調子な末脚は
レースの展開によって簡単に左右されてしまう難しい馬ですが
中山のパワーがいるコースは得意です。

期待を集めるのは藤沢和厩舎期待のレッドレイヴン
2歳時は切れ味を信条とするレースを見せてきましたが
昨秋復帰後は不良馬場、中山のパワー馬場を2着、1着と
完全に立て直してきて再び重賞に挑みます。
復帰後のレースぶりをチェックしていないので
現段階で中山2200mの適性は判断しかねますが、
今の充実度なら可能性は高そうですね。
レースまでにはVTRチェックして適性を話そうと思います。

昨秋同じ条件のオールカマーを解消したヴェルデグリーン
ジャングルポケット産駒らしく中山の舞台は走る馬ですが
さすがに有馬記念は荷が重かったですね。
オールカマーも展開がはまった感もあり、まだ地力を計りかねますが
もちろんチャンスがある馬です。

最後に今年から開催されるチャンピオンズカップと
同じ舞台設定で注目を集める東海Sにいきます。

まずは昨年のチャンピオン、グレープブランデーですが
フェブラリーSを快勝してからスランプに陥っています。
体調面だけでなく、精神面の問題が出ているように思います。
精神面も重なってくると立て直すのは容易ではなく
今回も不安の方が大きい事は否めません。

そして、一昨年のジャパンカップダート王者ニホンピロアワーズ
こちらも去年は不完全燃焼の一年でした。
暮れに行われた東京大賞典では力負けの3着。
条件としてはベストの舞台ながら、一時の勢いを無くしてしまった
この馬がどこまで巻き返せるかが注目です。

ここに来て力をつけてきている馬がナムラビクター
前走ポルックスSは馬場が悪く力を発揮出来ない中で僅差の3着
前々走のベテルギウスSでは目の覚めるような末脚を披露
左回りでの課題はあるものの私が一番注目している馬です。

と、こんな形で3頭ずつ挙げさせて貰いました。
もちろん今回挙げた馬以外にもチャンスがありますし
枠順や追い切りの気配などを加味して予想を展開する必要があります。

レースを楽しみながら、馬券もしっかりと当てていきましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。