回収率の低い馬券の買い目とは?多点買いでマイナス収支の人が陥る買い方

Pocket

今回は回収率の低い馬券の買い目・買い方の中から
多点買いをしてしまう事でマイナス収支に陥ってしまっている
という方の買い方について話をしていき
どのようにすれば回収率の高い馬券の買い目で
馬券を買う事が出来るのか

と言う点について話をしていきたいと思います。

 

MOTOです。

普段メルマガで頂く質問の中に

「予想した後にどうやって馬券を買っていいのか分からないです」
「効果的な馬券の買い方が分からなくて困っています」
「買い目が多くなってしまい絞れず当たっても儲かりません」

というような内容を頂きます。

一般的に馬券で収支を挙げるために必要な事は
「予想」のみであるという風に捉えている人は多いですが
実際のところ収支を出すための必要な要素として

競馬予想 70%

馬券の買い方 30%

と定義づけられるくらい馬券の買い方は
収支に大きな影響を及ぼす要素となっています。

 

今回は “回収率の低い馬券の買い方” について
お話をしていきたいのですが

その中での一番多い質問である

「多点買いでマイナス収支に陥っている人の買い方」

とその解決方法について話していきたいと思います。

 

馬券の買い目が多点買いとなる要因は

「予想の段階で馬が絞れない」

この理由に尽きます。

 

この要因について分析をしていくことで
問題を解決出来ていくので、まずは分析していきます。

 

予想の段階で馬が絞れない

馬券の収支を上げるためには
「相手を絞る」と言うことが必要になってくるのですが
ここは予想の話になってきてしまうので
相手を絞れずに多くの馬に印をつけてしまった
と仮定をして話を進めていきます。

抽象的に話してもよく分からないと思いますので

16頭立てのレースで11頭に印がついたレース

という前提で話を進めていきましょう。

11頭印をつけた中で

これは来るんじゃないかなと思った馬が2頭
これはソコソコ来るかもと思った馬が3頭
これは切れないから相手にいれたいと思った馬が6頭

いたとします。

すると、多点買いでマイナス収支に陥っている人は

3連複フォーメーション

本命軸 2頭
相手軸 5頭(本命+相手)
相手 11頭(本命+相手+ヒモ)

の51点勝負という買い方をします。

この買い方だと本命軸がよほどの人気薄でない限り
このレースにおける回収率を高めることが出来ません。

仮に的中したとしても万馬券に届かない配当であれば
このレースでの回収率は200%にも及びませんし
200倍という高配当が当たったとしても回収率は400%

大きなプラスを計上することは出来ません。

また、本命軸が人気馬だとトリガミの危険性も高くなり
いい馬券の買い方だとは言えません。

こういった馬券を買う人は全てのレースで当てたいと思うからこそ
どの買い目も漏らさずに買いたいという結論に達して
多点買いをしてしまい、結局収支を悪くしてしまいます。

 

3連複や3連単は高配当になるイメージがありますが
馬券で大切なのは「回収率」です。

 

100倍の馬券でも買い目を50点に広げていれば意味がありませんし
10倍の馬券でも1点勝負で仕留めれば十分な回収率を得られます。

9勝1敗でも収支がマイナスなら意味がないですし
1勝9敗でも収支がプラスなら勝ち

という事にも繋がってきます。

 

結局のところ多点買いというのは

単勝や複勝に期待値を近づけていく行為

な訳です。

 

単勝1.7倍の馬から馬単1着付けで10点流しをすることは
単勝1000円を買うのと大差がないので
それなら単勝を買えばいいのかなと思います。

ちなみに私が以上の予想結果になったとしたら
以下の3つの購入方法を考えます

一つ目は、本命馬2頭で馬連1点勝負

これは本命2頭の内どちらかが人気馬(1~3番人気)だった場合

二つ目は、本命馬2頭から本命+相手の5頭への馬連流し

これは本命馬2頭とも中穴サイド(単勝10倍以上)だった場合

三つ目は、例題で話をした

3連複フォーメーション

本命軸 2頭
相手軸 5頭(本命+相手)
相手 11頭(本命+相手+ヒモ)

これは本命馬2頭とも大穴サイド(単勝20倍以上)だった場合

このように分けて買い目を設定すれば、
どの馬券が来ても満足できる回収率を得られます。

 

多点買いでマイナス収支に陥らないためには

多点買いでマイナス収支に陥らないための
馬券の買い方についてポイントは2つあります。

一つは、一定以上の回収率が期待できる組み合わせの馬券を買うこと

20倍の馬券を狙うなら買い目は3点以下
100倍の馬券を狙うなら15点以下

といった形で700%以上を目安に馬券購入の買い目を設定すると
効果的な馬券を購入することが出来ます。

もちろん3連複や3連単などは組み合わせによって
配当が変わってきますので、
15点買ったけど、40倍しかつかなかった
という事はあると思います。

それは仕方ないのですが、その場合は150倍くらいの配当を
狙ったうえでの結果論であることが大切です。

二つは、外れることを恐れないこと

馬券下手な人の特徴として、

「外れる事がとにかく怖い」

という心理があります。

外れるのが怖いから人気馬を買い漁る
外れるのが怖いから買い目をとにかく増やす

と外れることに対する恐怖が馬券の多点買いを誘発するという
悪循環を生んでしまいます。

馬券というゲームは当たりよりもハズレが圧倒的に多いゲームです。

 

そして、馬券を買うための目的は

「当てることではなく、儲けることです」

 

この2つの事柄から考えても
頑張って馬券を当てにいく必要はありません、

必要なのは、儲けを出すため、プラスを出すために
合理的な馬券をひたすら買い続ける事です。

 

以上を実践して

回収率の低い馬券の買い目を買わないようにして
多点買いでマイナス収支を計上して困る

という状態から脱却して下さい。

貴方の馬券収支改善の参考になれば幸いです。

 

毎週の重賞レースで私が注目している馬を
ブログランキングで公表しています。

私が今週注目しているのは

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。