【2017宝塚記念】出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

Pocket

【2017宝塚記念】
出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

 

<出走予定馬&予想オッズ>

キタサンブラック 武豊 1.4倍
シュヴァルグラン 9.2倍
サトノクラウン デムーロ 12.7倍
ゴールドアクター 14.9倍
シャケトラ ルメール 16.8倍
ミッキーロケット 19.9倍
ミッキークイーン 25.4倍
レインボーライン 31.6倍
ヒットザターゲット 214倍
スピリッツミノル 262倍
クラリティシチー 329倍
アドマイヤデウス(出走回避)
タンタアレグリア(出走回避)
レコンダイト(出走回避)
マカヒキ(出走回避)
アンビシャス(出走回避)

 

今週のメインレース注目馬はこの馬

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

現日本競馬界の最強馬 キタサンブラック

前走の天皇賞春ではサトノダイヤモンドら強敵に
影をも踏ませぬ走りで完勝。
名実共に現日本競馬界の最強馬となった。

春はGIを2戦連続で使ってきており
天皇賞春は激しい競馬だったので反動は気になるところだが
懐の深い走りは過去にも例を見ないレベルでGI3連勝が期待できる。

サトノダイヤモンドに先着した シュヴァルグラン

前走の天皇賞春ではキタサンブラックには敗れたものの
サトノダイヤモンドを抑えて2着に入る好走を見せたシュヴァルグラン

GIでも馬券に絡み、G2レベルなら常に勝ち負けが出来る
高いレベルで安定した馬だが、昨年の宝塚記念は惨敗

キタサンブラック同様、天皇賞春は激しい競馬だったので
今回どれだけ状態を戻しているのかが焦点となる。

巻き返しを図る サトノクラウン

昨年末に香港のGIで勝利。
年明け初戦の京都記念でも強敵相手に完勝したが
大阪杯では本来の走りが出来ずに惨敗

以前から抱えている気分屋な部分を露呈した形になったが
地力の高さは疑いようがない。

間隔を空けて出走する今回、再び闘争心に火がつけば勝ち負け出来る。

低迷するグランプリホース ゴールドアクター

年明けの日経賞で思わぬ大敗を喫して
天皇賞春でも7着と復活が適わなかったゴールドアクター

有馬記念を制しているように
パワーが勝ったタイプなので京都芝3200mよりは
今回の舞台の方がゴールドアクターにとっては歓迎だ。

ここで格好をつけておかないと、今後の可能性がなくなるので踏ん張り時だ。

天皇賞で勢いが止まった シャケトラ

前走の天皇賞春ではチグハグな競馬になってしまい9着と敗れたが
今年最大の上がり馬で日経賞の勝ちっぷりは単純に評価できる。

一度GIの壁にぶつかった後の再挑戦で
どこまで気持ちが戻っているかが焦点となり
宝塚記念でも通用しないとなると一気に勢いを失いかねないだけに
ここは良いレースをしたい。

日経新春杯勝ちの ミッキーロケット

前走の大阪杯では後方の位置取りから追い込んでこれず7着と凡走

切れる末脚を持っている馬ではないので
ある程度前目につけて体力勝負に持ち込んだ方が好走確率は上がる。

能力はある馬だが、前走の凡走で人気も一気に下がり、
気楽に乗れる立場なので、伏兵としては用心したい。

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ宝塚記念の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。