おすすめの競馬予想家は誰?「当たる」ではなく「回収率」で選ぼう

Pocket

今回は数多く存在している競馬予想家の中で
おすすめの競馬予想家は誰なのか?
「当たる=的中率」で選ぶべきなのか、「儲かる=回収率」で選ぶべきなのか
について話していきたいと思います。

 

こんにちは、MOTOです。

ブログやメルマガをやっている中で

おすすめの予想家はいますか?

という質問をかなり多く頂きます

 

主観的に見れば

「おすすめの競馬予想家は私です」

 

と声高々に言いたい気持ちはあるのですが

客観的に見てどんな競馬予想家の言う事を信じれば良いのか?

おすすめの競馬予想家は誰なのか?

という事について話をしていきたいと思います。

 

まず前提として抑えておかなくてはいけないのは
競馬で勝つ為の方法は一つではないと言う事です。

亀谷敬正さんのように血統を中心に予想する人もいれば
東スポ虎石晃さんのように厩舎情報を中心に予想する人もいますし
競馬ブロガーのナツさんのように直感で予想する人もいます。

ちなみに私は「能力分析」「適性分析」「ローテーション分析」
この3つを中心に予想をする競馬予想家です。

方法は様々ありますが、どの予想法でも競馬で勝つ事は可能です。
(直感で予想する人は才能が必要になりますが)

ですので、血統で予想する競馬予想家はダメだとか
厩舎情報で予想する競馬予想家は正しいとか
そういった事はありません。

 

そんな中で一つやってはいけない競馬予想家の選定方法があります。

それは色々な予想家の意見を全て聞いてしまう

という事です。

 

なぜ色々な予想家の意見を聞くと良くないのでしょうか?

それは色々な人の予想を参考にするとどうしても
本命サイドの馬が切れなくなってきてしまうからです。

例えば、7人(7社)が本命にした馬の中で一番多くの会社が推している
馬を買おうとすると、どうしても人気馬が本命になる確率が高くなります。

競馬新聞とかも一緒なのですが、人気馬を買うという事は
その他の馬券購入者と同じ行動になるという事なので
収支(結果)が平均値に近づいてしまいます。

競馬は25%の控除率があるので
結果が平均化するとどうしても勝てなくなってしまいます。
(平均的に負けていくという事ですね)

ですので、参考にする予想家は少ない方がいいです。

 

私も以前は有料で複数人の競馬予想家の予想を聞いていましたが
そうすると自分の考えがぶれてしまったり
馬券の買い目が増えてしまうなど、マイナスの影響が多々あったので
今は誰の予想も参考にせず、自分一人で予想をしています。

ただ、しっかりとした自分のスタイルが確立していないまま
予想をしていると深刻なスランプにハマる事があり
抜け出せなくなってしまうリスクがあります。

ですので、まずは貴方が話を聞いてピンとくる
予想家を一人選んで参考にしていくといいと思います。

 

私の場合、馬の能力と適性、ローテーションで予想をしているので

亀谷さんの血統理論は話を聞いてもピンと来ませんし
ナツさんの直感予想も話を聞いてもピンと来ません

これは、上の二人がダメだと言っているのではなく
私の考え方とは合わないという事ですね。

少し前までずっと負け続けてきた凡人の私が使っている予想理論は
競馬で勝つ為という目的において合理的かつ効果的なものなので
自信を持っておすすめ出来るものですが
血統をもっと極めて馬券で勝ちたいという人には合わないでしょう。

ですので、貴方自身の考えや理屈にフィットする予想家を一人選んで下さい。

 

その一人を誰にするのかと言う事についてもう少し踏み込んで助言すると

まずは競馬(馬券)というゲームの性質をしっかりと把握して
その性質を受けてどうすれば勝てるのか?

という話をしてくれる人を信用するといいと思います。

よくテレビなどで「競馬は当ててナンボ」とか「的中する事が大切」
みたいな事を話していますが、この思考に陥ると勝てなくなります。

 

競馬で勝つということは

「回収率(収支)が100%を超える」

という事です。

 

馬券を当てるという事は本質的に何も関係ありません。

10回馬券を買って9勝1敗でもマイナス収支であれば、それは負けです。

逆に1勝9敗でもプラス収支であれば、それは勝ちです。

当たる(=的中率)競馬予想家ではなく
儲かる(=回収率)競馬予想かを選ばないといけません。

 

もし、決められないという事でしたら
私の予想法を実践して貰えたらいいと思います。

ムダな事は一切せずに勝つ事だけを目的とした競馬理論になっています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

また、今週私が重賞で注目している馬を
ブログランキングで公表していますので気になる方は見て下さい。

私が注目している馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

スポンサードリンク