2014年京成杯、日経新春杯予想|皐月賞と同じ舞台で輝く馬は?


今週行われる重賞は中山競馬場で行われる京成杯と
京都競馬場で行われる日経新春杯。

日経新春杯はオフシーズンのハンデ戦という事もあり
メンバーが手薄になることが多いですが
京成杯は皐月賞と同じ舞台で行われるので
春の飛躍を狙う馬が出走してきます。

さて、双方の重賞を予想していきましょう。
まずは京成杯からいきましょう。

京成杯 勝負度合い 60%

まず馬にスポットを当てる前に
中山2000mの特徴を知りたい方は
以下をクリックして見てみて下さい。

中山2000m特徴と攻略法

注目馬は東スポ杯2歳S2着のプレイアンドリアル
前走の朝日杯FSは期待をしましたが
いいところがないまま敗戦しました。

私もまだ馬の特性を掴めずにいますが
現状では先行してのスピード競馬が合いそうな気配で
パワー型が活躍する中山2000mは
不向きな舞台であることが予想されるのでここは切ります。

本命は キングズオブザサン です。

前走葉牡丹賞では先行から力強く抜け出して
パワーと推進力を見せつけての勝利
底力はまだ計りかねますが、外枠を引いて
この馬には絶好の舞台と言えます。

相手筆頭はピオネロ
前走百日草特別はジリジリと伸びて勝利
パワー面はまだ未知数ですが、血統からも
中山の方がパフォーマンスを発揮できそうな馬で
今回は狙い目十分です。

3番手はラングレー
前走東スポ杯ではジリジリと伸びて4着
クラリティシチーにあっさり交わされたあたり
地力面では疑問符がつくものの、このメンバーなら相手なりに
走れるだけの力はあるでしょう。

抑えはエアアンセム
2戦2勝ということで話題にはなっていますが
前走はかなり効率のよい競馬が出来ての物で
強くは推せませんが、まだ底は見えていないのも事実です。

シンプルにキングズオブザサンから馬連3点勝負とします。

もう一つの重賞日経新春杯にいきましょう。

まずは京都芝2400mの特徴から見て下さい。

京都芝2400mの特徴と攻略法

絶対的に内枠が有利な舞台で人気薄が活躍できる波乱含みで
持続力を持った馬が有利な舞台ですね。

日経新春杯 勝負度合い 45%

ここで最内枠を引いた馬 サトノノブレス が本命です。

この馬は切れ味がある訳ではなく勝ち味に遅い馬ですが
下り坂を利用した持続型の脚を使い
京都2400mにはピッタリの馬です。
相手も弱く、ここは勝機十分でしょう。

相手はフーラブライトです。
逃げるかどうかはわかりませんが、前にいける点が魅力です。
底力は未知数ですが、サトノノブレス以外は重賞の常連といえる馬はおらず
今回はコースを利用していい走りが出来る可能性があります。

3番手はステラウインド
関東馬で関西へは初遠征となりますが、中山よりも東京が合うことから
京都の適正もある程度期待できるという点が魅力です。

抑えはアドマイヤフライト
こちらは無類の京都巧者、実力以上に人気がつきそうな気配もあり
ハンデも見込まれたため、ここは抑えで十分でしょう。

ライブズプーシェ、ラウンドワールドは時計のかかる馬場の方が
得意な気配があり、当日の京都の馬場がどうなるかという問題はありますが
良馬場であれば人気面以上に苦しい側面がありそうです。

馬券はサトノノブレスから馬連3点勝負とします。
勝ち味に遅いサトノノブレスが殻を破れるか注目です。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。