【2017目黒記念有力馬診断】評価と買える馬、買えない馬について

Pocket

2017目黒記念において
有力馬にカウントされるであろう馬について
買える馬なのか?買えない馬なのか?
を評価をしていきますので、予想の参考にして下さい。

 

目黒記念が行われる条件は東京芝2500m
日本ダービーと比較して100m距離が伸びる舞台設定となっていますが
東京芝2400m戦と比較するとスタミナ色がかなり強くなる事が特徴です。

キングカメハメハ、マヤノトップガンなど
スタミナ色の強い馬が過去に活躍していることから
スピード、瞬発力があるタイプよりも
スタミナで勝負する馬の方がアドバンテージを取れると言えます。

その前提をもとに有力馬の評価をしていきます。

 

メトロポリタンS勝ちの ヴォルシェーブ

昨年秋にクラスを上げてきてオープン入りしましたが
今年に入っていよいよ本格化してきたという印象

前走メトロポリタンステークスも圧勝といえる内容で
今回目黒記念に登録しているメンバーを見渡しても
地力で負ける馬は見当たらず、初重賞制覇に向けて力が入る一戦です。

ただ前走のメトロポリタンステークスは休み明けで
マイナス12kgと体制を整えて出走してきた分
その反動は気にする必要がある馬です。

 

メトロポリタンSで4着に敗れた カフジプリンス

先ほどのヴォルシェーブとは対照的に
メトロポリタンステークスでは人気を裏切って4着と凡走

重賞でも常に掲示板に入ってくるほどの実力馬だが
反応が鈍く、切れる脚がないのがこの馬の弱点

東京の長い直線での末脚比べになるとどうしても弱さを見せてくるタイプで
好走できるかどうかは展開に左右される面があります。

ただ、前走は久しぶりの競馬であった事に加えてプラス12kg
と馬体を増やして出走してきた事から
目黒記念における上昇度は期待する事が出来そうで
前走同様前々から粘り込む持久力勝負に持ち込めれば巻き返しは十分にあります。

 

大阪杯8着の モンドインテロ

昨年の目黒記念では5着と実力は評価されながらも
今一歩馬券圏内に届かなかったモンドインテロですが
3走前のステイヤーズステークス、2走前の日経新春杯では共に3着と
徐々に地力を上げて馬券圏内に入れる存在になってきました。

前走の大阪杯はさすがに相手が強くて負けましたが
充実期を迎えたモンドインテロにとって、ここは改めて勝負の1戦となります。

長距離に適性を示しながら、ディープ産駒らしいスピードを保持しているので
末脚が活きる展開になれば、念願の初重賞制覇も近づいてくるでしょう。

 

1年ぶりの出走となる クリプトグラム

昨年の目黒記念ではマリアライトを下して勝っているように
持っている能力については疑いようのないレベルにあります。

ただ、今回は昨年の目黒記念以来の出走。
それも3月の日経賞への出走予定を回避してのものとあって
今回ベストパフォーマンスを見せられる可能性は低い。

地力だけでどこまで戦えるかが焦点となります。

 

実績は断然の フェイムゲーム

過去にはダイヤモンドステークスやアルゼンチン共和国杯など
長距離のG2で圧倒的な強さをみせたフェイムゲーム

4回目の挑戦となった今年のダイヤモンドステークスでは
勝負圏内に入れない6着に敗れ、力の衰えを見せ始めている事は確かですが
ダイヤモンドステークス以来の出走と言う事で
フレッシュな状態で出られるので、そこでどこまで戦えるかが焦点となります。

 

条件戦を勝ち上がった ウムブルフ

3歳時から期待をされていた馬ですが
4歳で晴れてオープン入りを果たした期待馬

ディープインパクト産駒ながら
パワーに勝り、重い馬場を得意としている事から
今回もパンパンの良馬場での競馬は避けたいところです。

 

抜群の安定感を誇る サラトガスピリット

ここ9戦連続で馬券圏内に入っているように
常に相手なりに走る安定感が最大の武器となっている馬です。

ハーツクライ産駒という事もありクラスアップを苦にするタイプではなく
好位で競馬が出来る自在性も持ち合わせている事から
上位に破綻があれば、ここで即通用しても驚けません。

 

芝初挑戦となる ラニ

ダートで期待をされていたラニですが
なかなか思うような成績を残す事が出来ず
今回は芝レースに挑戦する事に。

芝で走れる下地は血統面からも内容面からも感じないので
さすがにここは苦しい戦いになりそうです。

 

上記以外でも古豪のヒットザターゲット、レコンダイトなどが
出走を予定しています

ハンデ戦らしい混戦が期待できるメンバー構成なので
馬券も楽しめそうですね。

 

私が2017目黒記念で注目している馬は
このレースを最も狙っているであろう

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第84回 日本ダービー(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の成績は1人気[4.1.2.3]、2人気[1.1.0.8]、3人気[4.1.1.4.]と上位人気馬では1人気と3人気の活躍が目に付く。2人気は2連対のみと苦戦。また、マイネルフロスト(12人気)、ウインバリアシオン(10人気)、スマイルジャック(12人気)、アサクサキングス(14人気)など、2ケタ人気馬が馬券圏に好走し波乱の立役者となっているように10万馬券~200万馬券が出ている。

今年の皐月賞はアルアイン、ペルシアンナイト、ダンピュライトの社台系が馬券圏を独占。池江厩舎のワンツーとなり馬連配当では8710円。社台系情報に強い競馬セブンでは当然の的中となったが、牡馬2冠目のダービーも「獲れる根拠あり」と情報班からの報告が入っている。

ダービーは皐月賞組と皐月賞別路線組みの戦いとなる。皐月賞組が圧倒的に有利な成績を残しているが、別路線組みからの好走も多い。一昨年は京都新聞杯を勝ったサトノラーゼンが2着、14年は青葉賞6着のマイネルフロストが3着、13年は京都新聞杯を勝ったキズナが優勝し青葉賞2着のアポロソニックが3着。12年には青葉賞勝ちのフェノーメノが2着、京都新聞杯勝ちのトーセンホマレボシが3着、11年には青葉賞勝ちのウインバリアシオンが2着と好走しているように皐月賞別路線組みが馬券圏に好走している。

皐月賞には目もくれず、ハナからダービー狙いでローテーションを組んでいる別路線組みは当然警戒しなければない。

競馬セブンでは皐月賞的中に続きダービーも的中できる情報を既に入手している。社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、全頭の厩舎情報および追い切り評価など馬券に直結する内部情報を掴んでいる。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『日本ダービー・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第84回 日本ダービー(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。