【2017ダービー有力馬診断】評価と買える馬、買えない馬について

Pocket

2017日本ダービーにおいて
有力馬にカウントされるであろう馬について
評価をしていきますので、予想の参考にして下さい。

 

また、アルアイン、ペルシアンナイト、アドミラブルについては
特集として1頭ずつ取り上げ、評価をしていますので
上記3頭については以下のブログ記事を参照にして下さい。

アルアインの評価

ペルシアンナイトの評価

アドミラブルの評価

 

2017年の日本ダービーは皐月賞同様に群雄割拠の様相を見せています。

皐月賞1着のアルアインは実力のある馬ですが
アルアインの2冠が濃厚だと言う世間の評価はありません。

加えて若武者松山騎手が引き続き騎乗するとあって
この大舞台でどこまで冷静な騎乗を見せてくれるのか
という点も評価が分かれています。

 

こういったレースでは出走を予定している有力馬について
しっかりとメリット・デメリットを分析した上で
予想を展開していく事が大切になっていますので
馬券を買う前にこちらを見て下さいね。

 

皐月賞組からいきましょう。

 

皐月賞3着 ダンビュライト

ルーラーシップ産駒らしく、スタミナで勝負するタイプの馬
皐月賞は速いペースにで前に圧がかかった分
ダンビュライトの持っているスタミナが活きた印象です。

日本ダービーでも時計がかかるようなタフな競馬なら出番はありますが
逆にこの馬の欠点である上がり勝負、スピード勝負のような形になると
上位についていけない可能性が高くなります。

展開と武豊騎手の乗り方がポイントとなります。

 

皐月賞4着 クリンチャー

クリンチャーもダンビュライトど同様、スタミナを武器にしている馬で
皐月賞はタフな展開がこの馬に味方をした印象

父ディープスカイという点からも能力の器・スケール感といったものを感じない馬で
大逃げをするなど、実力がそのまま反映しないような流れにならないと難しいか。

皐月賞の結果をそのまま受け止めない方がいい馬ですね。

 

皐月賞5着 レイデオロ

皐月賞は順調さを欠いた中での久々の競馬だったが5着とまずまずの走りを見せた。

ホープフルステークス終了時は世代トップと言われ
レイデオロの能力は誰しもが認めるところ。

あとは皐月賞からの上積みがどれだけあるかがポイントとなります。

順調に上向けば能力的には勝負になりそうですが
ここ一番の勝負仕上げをしない藤沢厩舎が
レイデオロをダービー馬にするためにどこまで手を尽くすかに注目です。

 

皐月賞6着 スワーヴリチャード

皐月賞では内枠がマイナスに働くような競馬となってしまい
6着に敗戦してしまったスワーヴリチャード

ハーツクライ産駒で共同通信杯を勝っている事から
中山から東京替わりはプラスで前進が見込める馬。

あとはこの馬の能力が本当に一線級に通用するかどうかがポイントとなります。

 

皐月賞8着 ウインブライト

スプリングステークスをマイナス体重で勝ったように
皐月賞は状態面での不安で負けた形。

日本ダービーに向けて体調をどれだけ戻してくるかがポイントですが
中山から東京替わりはウインブライトの走りを見る限りマイナス

上位に入るには立ち回りの工夫が欲しいところです。

 

皐月賞9着 カデナ

重賞2勝を挙げているカデナですが、
皐月賞は激しい流れに対応出来ず9着

タフな競馬よりもスローペースに流れて
瞬発力勝負となる形が理想なので、展開が大きなポイントとなりそうです。

 

青葉賞2着の ベストアプローチ

青葉賞では能力を示して2着に好走したが
アドミラブル以外のメンツはかなり弱かった事も事実

舞台適性はあるが、一気の相手強化に対応出来るかどうかがポイントとなります。

 

プリンシパルステークス勝ち馬 ダイワキャグニー

弥生賞では人気を裏切ったものの
プリンシパルステークスで強い競馬をみせて
能力のあるところを見せたダイワキャグニー

先行できる機動力が武器の馬なので、前に行った馬が粘れる流れになれば
ダイワキャグニーにもチャンスは巡ってきそう。

揉まれての強さはないので、スムーズな競馬が出来る枠も引きたいですね。

 

毎日杯2着 サトノアーサー

毎日杯は後ろにつけすぎた形で2着
きさらぎ賞は重馬場を苦にして2着と
本来の実力で負けていないレースが続いているので
今回のメンツ相手でも十分に通用する能力を秘めている点が魅力

ただ、毎回スムーズな競馬が出来ておらず鞍上川田騎手との相性は良くないのが分かります。
日本ダービーでは馬をしっかりとなだめて、
追い出すタイミングに優れたタイプの騎手が乗った方がいいですね。。

以上です。

 

2017日本ダービーで有力視されるであろう馬達の特性と
日本ダービーで走れる条件について話をしました。

予想する際には参考にして下さい。

 

2017日本ダービーで注目している馬は
皐月賞でいいレースをした

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

先週のオークスは◎モズカッチャン、○ソウルスターリングで馬連を本線で的中しています。

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第84回 日本ダービー(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の成績は1人気[4.1.2.3]、2人気[1.1.0.8]、3人気[4.1.1.4.]と上位人気馬では1人気と3人気の活躍が目に付く。2人気は2連対のみと苦戦。また、マイネルフロスト(12人気)、ウインバリアシオン(10人気)、スマイルジャック(12人気)、アサクサキングス(14人気)など、2ケタ人気馬が馬券圏に好走し波乱の立役者となっているように10万馬券~200万馬券が出ている。

今年の皐月賞はアルアイン、ペルシアンナイト、ダンピュライトの社台系が馬券圏を独占。池江厩舎のワンツーとなり馬連配当では8710円。社台系情報に強い競馬セブンでは当然の的中となったが、牡馬2冠目のダービーも「獲れる根拠あり」と情報班からの報告が入っている。

ダービーは皐月賞組と皐月賞別路線組みの戦いとなる。皐月賞組が圧倒的に有利な成績を残しているが、別路線組みからの好走も多い。一昨年は京都新聞杯を勝ったサトノラーゼンが2着、14年は青葉賞6着のマイネルフロストが3着、13年は京都新聞杯を勝ったキズナが優勝し青葉賞2着のアポロソニックが3着。12年には青葉賞勝ちのフェノーメノが2着、京都新聞杯勝ちのトーセンホマレボシが3着、11年には青葉賞勝ちのウインバリアシオンが2着と好走しているように皐月賞別路線組みが馬券圏に好走している。

皐月賞には目もくれず、ハナからダービー狙いでローテーションを組んでいる別路線組みは当然警戒しなければない。

競馬セブンでは皐月賞的中に続きダービーも的中できる情報を既に入手している。社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、全頭の厩舎情報および追い切り評価など馬券に直結する内部情報を掴んでいる。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『日本ダービー・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第84回 日本ダービー(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。