【2017ダービー予想の肝】強いアドミラブルが勝つ可能性は何%?

Pocket

2017日本ダービーで人気になると予想される実力馬
アドミラブルが勝つ可能性はどれくらいあるのか?
青葉賞から初のダービー馬誕生となるのか?

という事について話をしていきたいと思います。

 

今年の3歳牡馬クラシックは低レベルで混戦だと言われています。

皐月賞でも9番人気のアルアインが1着
4番人気のペルシアンナイトが2着
12番人気のダンビュライトが3着
と人気薄の馬がワンツースリーとなりました。

日本ダービーでも主役不在と思われていましたが
青葉賞で皐月賞組をも上回る大物が誕生しました。

 

その馬は 

アドミラブル

です。

 

デビュー戦こそ9着と大きく負けたもののその後は3連勝。

新馬戦は明らかな体調不良で2戦目となる未勝利戦に出走するまで
約半年の休養期間を要したことから、実質は3戦全勝といえる内容。

3戦はいずれも圧勝、特に前走の青葉賞は東京芝2400mで
捲りをかけるようなど派手な競馬だったことからも
この馬の強さがより浮き彫りになっており
皐月賞組を差し置いて一番人気になる可能性もあります。

 

そんな強いアドミラブルが2017日本ダービーで
勝つ可能性はどれくらいあるのでしょうか?

 

私は、2017日本ダービーにおいて

アドミラブルは信頼に足らない存在である

と見ています。

 

これまでアドミラブルの強さを散々話してきましたが
強さを評価しているアドミラブルがなぜ今回危険な人気馬になるのか?

その理由について話をしていきたいと思います。

 

第一に、青葉賞のレースが荒削りである点

青葉賞は東京コースで捲るような競馬をしたといいましたが
本来直線が長い東京で捲りをかけるという事は禁忌です。

でば、なぜ腕のあるデムーロ騎手がそのような戦法をとったのでしょうか?

それは相手が弱く、実力差があったので確実に勝ちにいったから 

だと私は思っています。

アドミラブルは瞬発力を持っているタイプではなく長くいい脚を使う馬です。
その馬が直線だけでヨーイドンの競馬をすると前に残られる可能性があります。

その可能性を消すために青葉賞では早めに動いて確実に勝ちに行った

そのレースぶりがアドミラブルの凄みを演出しているのですが
日本ダービーでも同じような競馬が出来るでしょうか?

私は同じような競馬をすると厳しいとみています。

なぜなら日本ダービーでは頭数が増えて、ペースも上がるためです。

頭数が増えることで捲るような競馬をすればそれだけ距離ロスが出ますし
トライアルである青葉賞よりもGIである日本ダービーの方がペースが上がるので
同じような捲りをかけるとアドミラブルは消耗度が上がってしまいます。

以上のことを考えると

青葉賞で見せたレースは特殊な内容の競馬で
日本ダービーの前哨戦としては不向きな内容だったと言えます。

 

第二に、急にレベルが上がる点

青葉賞での2番人気はトリコロールブルーでしたが
明らかにスプリングステークスよりも調子を落としていました。

それ以下の馬を見てみると重賞で勝ち負けできるような馬はおらず
かなりレベルの低いメンバー構成だったと言えます。

もともとレベルが低いといわれている3歳牡馬クラシックですが
皐月賞では弥生賞、スプリングステークスといった王道トライアルの上位馬も出走した上に
毎日杯、アーリントンカップ、若葉ステークスなど
各重賞で勝ってきた馬が集まってきた世代の中では最高峰ともいえるレベルのレースでした。

青葉賞2着のベストアプローチは弥生賞で4着
青葉賞3着のアドマイヤウィナーはホープフルS11着
青葉賞4着のポポカテペトルは京成杯10着

と、ことごとく各重賞で結果を残せていません。

形はG2ではありますが、メンバーの内容を見てみると
500万条件に毛が生えた程度のメンツ

今年の日本ダービーに出走を予定しているメンバーと比較すると
あまりにも弱いメンツだったと言わざるを得ません。

アドミラブルは確かに強い馬ですが、これだけ相手が一気に強くなると
アドミラブルにとってはつらい競馬になる可能性が高いです。

 

以上に理由から

2017日本ダービーにおいて

アドミラブルは信頼に足らない存在である

と見ています。

 

規格外のパフォーマンスを見せてきたアドミラブルが
2017日本ダービーで果たしてどんなレースを見せるのか?

今回最も注目されるポイントといえるでしょう。

 

2017日本ダービーで私が注目している馬は
今回勝負気配の最も高いと見られる

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

先週のオークスは◎モズカッチャン、○ソウルスターリングで馬連を本線で的中しています。

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第84回 日本ダービー(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の成績は1人気[4.1.2.3]、2人気[1.1.0.8]、3人気[4.1.1.4.]と上位人気馬では1人気と3人気の活躍が目に付く。2人気は2連対のみと苦戦。また、マイネルフロスト(12人気)、ウインバリアシオン(10人気)、スマイルジャック(12人気)、アサクサキングス(14人気)など、2ケタ人気馬が馬券圏に好走し波乱の立役者となっているように10万馬券~200万馬券が出ている。

今年の皐月賞はアルアイン、ペルシアンナイト、ダンピュライトの社台系が馬券圏を独占。池江厩舎のワンツーとなり馬連配当では8710円。社台系情報に強い競馬セブンでは当然の的中となったが、牡馬2冠目のダービーも「獲れる根拠あり」と情報班からの報告が入っている。

ダービーは皐月賞組と皐月賞別路線組みの戦いとなる。皐月賞組が圧倒的に有利な成績を残しているが、別路線組みからの好走も多い。一昨年は京都新聞杯を勝ったサトノラーゼンが2着、14年は青葉賞6着のマイネルフロストが3着、13年は京都新聞杯を勝ったキズナが優勝し青葉賞2着のアポロソニックが3着。12年には青葉賞勝ちのフェノーメノが2着、京都新聞杯勝ちのトーセンホマレボシが3着、11年には青葉賞勝ちのウインバリアシオンが2着と好走しているように皐月賞別路線組みが馬券圏に好走している。

皐月賞には目もくれず、ハナからダービー狙いでローテーションを組んでいる別路線組みは当然警戒しなければない。

競馬セブンでは皐月賞的中に続きダービーも的中できる情報を既に入手している。社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、全頭の厩舎情報および追い切り評価など馬券に直結する内部情報を掴んでいる。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『日本ダービー・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第84回 日本ダービー(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク