【2017ダービー予想の肝】危険?アルアインに松山騎手で2冠に黄色信号

Pocket

2017日本ダービーで1番人気を争う事が予想されている
皐月賞馬アルアインに松山騎手が引き続き騎乗する事が決定しましたが
この決定がアルアインにどんな影響を及ぼすのか。

危険な存在になるのか?引き続き信頼出来るのか?
という点について話をしていきたいと思います。

 

低レベルが叫ばれていた2017年の牡馬クラシックにおいて
混戦と言われていた皐月賞を制したのは
9番人気のアルアインと松山弘平騎手でした。

速いペースを先団に取り付き
直線で堂々と抜け出したレースぶりから
アルアインが実力馬であるということは疑いようがありません
9番人気という低評価だったという点から
日本ダービーに向けて評価はそれほど高くなっていません。

また、騎手の方に目を向けてみると
勝利した騎手はGI初勝利となった松山弘平騎手でした。

若手の中では勢いのある騎手ではありませんが
GIなどの大舞台についてはまだ経験不足の面は否めず
日本ダービーを迎えるにあたって松山騎手をそのままアルアインに乗せるのか
それとも実績のある一流騎手に乗り替わるかという
議論がわき上がっていましたが、結局松山騎手がそのまま手綱を取る事になりました。

この決定が日本ダービーに出走するアルアインについて
不安材料として囁かれており、2冠を目指すアルアインにとって
乗り越えるべき障害は少なくない状況にあります。

 

私の見解は

「アルアインが人気になるようであれば危険」

というものです。

 

なぜ、アルアインは日本ダービーで人気になると危ないのか?

馬が走るのに人気など関係が無いのではないか
と思う人も多いと思いますので
アルアインが人気になると危ないと思う根拠について話していきたいと思います。

 

競走馬は人気になると負荷を背負う

競馬は人気馬を中心にレースが展開されます。

レースで勝つのは1頭だけですから
1番人気の馬(一番勝つ可能性が高い馬)を負かさない事には
そのレースを勝つ事が出来ません。

条件戦などの下級条件の場合は人気馬でも無理をさせず、
入着により賞金を獲得するという事はありますが、
オープンクラス以上、特に重賞競走となれば、
どの馬も勝ちたい度合いが上がってきます。

1番人気の馬を負かすためには
その馬に勝つために徹底的にマークをしたり
1番人気馬がスムーズなレースが出来ないように
簡単に進路を譲らないなどの駆け引きが行われる訳です。

アルアインが皐月賞を勝った時は9番人気でしたが
レースの内容を振り返ってみると
1番人気のファンディーナを目標にしてマークするような競馬でした。

ファンディーナは今まで受けた事のないプレッシャーを受けて
一瞬直線で前に出たものの後続に飲み込まれてしまいました。

一方、アルアインはノーマークの立場を活かして
直線で堂々と抜け出して勝利しました。

アルアインが日本ダービーで1番人気になるようなら
脚質的にもファンディーナが受けたプレッシャーを
アルアインがもろに受ける形となります。

そのプレッシャーを松山騎手が受けきれるかというと
不安材料の方が多いと言えるでしょう。

 

以上が

「アルアインが人気になるようであれば危険」

と判断する理由です。

 

過去20年で単勝20倍以上で皐月賞を勝った馬はアルアインを除くと4頭

4頭の日本ダービーでの成績を見てみると
【1.0.1.2】と決して悪くありません。

ただ、勝ったサニーブライアンは6番人気で、
完全にフロック視されて日本ダービーに出走できました。

そして3着のディーマジェスティは1枠という絶好枠を引きながら
1番人気に推されたプレッシャーで伸びきれず

と、少なからず負荷を受けている事が分かります。

アルアインが皐月賞で強い勝ち方を見せたことから人気が予想されます。

この人気によるプレッシャーを
アルアインと松山騎手が跳ね返せるのか?

2017日本ダービーで最も注目されるポイントと言えます。

 

最後に補足をしておきたいと思います。

色々と不安材料を挙げましたが、アルアインの皐月賞の勝ち方は強い内容でした。

成績を見てみても、重馬場+内で進路をふさがれて競馬にならなかった
シンザン記念をノーカウントとしてしまえば
4戦全勝の馬であると見る事も出来ます。

ディープインパクト産駒であることや
馬体も520kg近い大型馬であることから
この世代のチャンピオンとして君臨する可能性も当然あります。

ですので、来る来ないというデジタルなONOFFの判断をするよりも

アルアインが何番人気に支持されるか?
単勝オッズ何倍になるのか?

を見た上で期待値をしっかりと測っていくという事が必要になってきます。

 

私が2017日本ダービーで注目している馬は前走からの上昇が見込める

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

先週のオークスは◎モズカッチャン、○ソウルスターリングで馬連を本線で的中しています。

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中!
回収率4000%の馬券で現時点での2017の収支は200%超えとなっております。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第84回 日本ダービー(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の成績は1人気[4.1.2.3]、2人気[1.1.0.8]、3人気[4.1.1.4.]と上位人気馬では1人気と3人気の活躍が目に付く。2人気は2連対のみと苦戦。また、マイネルフロスト(12人気)、ウインバリアシオン(10人気)、スマイルジャック(12人気)、アサクサキングス(14人気)など、2ケタ人気馬が馬券圏に好走し波乱の立役者となっているように10万馬券~200万馬券が出ている。

今年の皐月賞はアルアイン、ペルシアンナイト、ダンピュライトの社台系が馬券圏を独占。池江厩舎のワンツーとなり馬連配当では8710円。社台系情報に強い競馬セブンでは当然の的中となったが、牡馬2冠目のダービーも「獲れる根拠あり」と情報班からの報告が入っている。

ダービーは皐月賞組と皐月賞別路線組みの戦いとなる。皐月賞組が圧倒的に有利な成績を残しているが、別路線組みからの好走も多い。一昨年は京都新聞杯を勝ったサトノラーゼンが2着、14年は青葉賞6着のマイネルフロストが3着、13年は京都新聞杯を勝ったキズナが優勝し青葉賞2着のアポロソニックが3着。12年には青葉賞勝ちのフェノーメノが2着、京都新聞杯勝ちのトーセンホマレボシが3着、11年には青葉賞勝ちのウインバリアシオンが2着と好走しているように皐月賞別路線組みが馬券圏に好走している。

皐月賞には目もくれず、ハナからダービー狙いでローテーションを組んでいる別路線組みは当然警戒しなければない。

競馬セブンでは皐月賞的中に続きダービーも的中できる情報を既に入手している。社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、全頭の厩舎情報および追い切り評価など馬券に直結する内部情報を掴んでいる。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『日本ダービー・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第84回 日本ダービー(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。