2014シンザン記念、フェアリーS回顧、ミッキーアイルの可能性は

Pocket

先週行われた重賞シンザン記念、フェアリーS
共に3歳の重賞で今後を占う意味で大きな意味を持つ一戦でした。

シンザン記念はミッキーアイルの逃げ切り勝ち
抜群のスタートからスピードに任せて逃げ
直線も最後まで粘りきりました。

最後はウインフルブルームに迫られたものの
しっかりと勝ちきるあたりはGIを狙える力がある証明ですが
テンから飛ばして惰性でゴールするという
レースぶりは単調でもう一つ上のクラスになる厳しく
最後捕まってしまうでしょう。

直線入口でもう少し引き離すか、直線でもうひと伸びさせるか
逃げ馬としての教育を馬に施していくことが必要となります。

逆に2着のウインフルブルームはいいレースをしました。
スタートがやや負け気味に出た為、逃げは出来ませんでしたが
2番手で折り合い、直線もひと伸びするなど
これまでになかったレースをする事が出来たのはプラスです。

3着タガノグランパは切れ味のある走りをしますが
もう少し地力があがってこないと重賞での活躍は難しいでしょう。
阪神よりは京都の方がいいタイプですね。

4着ワイレアワヒネは逆に京都よりも阪神の方が良いタイプです。
まだ底も見えておらず、次走どこへ出走するかはわかりませんが
舞台替わりの時は注意が必要です。

5着モーリスは時計勝負に負けたという印象を受けました。
もう少し力の要る馬場なら出番がありそうです。

もう一方の月曜日に行われた重賞フェアリーSは
オメガハートロックの差し切り勝ち
一度ニシノアカツキに前に出られてから差し返すあたりは
非常にしぶとくパワー型の適性は高そうですが
今回は1勝馬の集まりなので、500万条件を勝った
という程度の認識を持っておく方が懸命です。
距離はもう少し長くても大丈夫そうです。

2着のニシノアカツキは直線上がって力尽きました。
ただ、4コーナーでの反応もよく、直線の鋭さも見せたので
東京コースの方がもっといい競馬をしてくれるでしょう。
オメガハートロックよりも中身はあったと思います。

他はとりたてて注目出来る馬はいませんでした。
重賞としてはデータを取るのに薄いレースでしたね。

スポンサードリンク