【2017ヴィクトリアマイル予想の肝】ミッキークイーンは危険?不安要素を探る

Pocket

2017ヴィクトリアマイルに出走する人気馬
ミッキークイーンについての不安要素を話していき
信頼性を図ると同時に危険か安全かという観点で話をしていきます。

 

2016ヴィクトリアマイルでは1番人気で2着となったミッキークイーン

今年は前哨戦である阪神牝馬ステークスを快勝して
2017ヴィクトリアマイルでは1番人気が濃厚。

盤石ムードが高まりますが、ミッキークイーンはオークスや秋華賞を勝っているように
ベストの距離は2000m以上であるという評価は周知の通り。

牝馬であることを考えれば、一つ年を重ねた今年は昨年よりも能力の絶対値が下回りこそすれ
上回る可能性は少ない状態での1番人気支持となりそうですが
2017ヴィクトリアマイルでミッキークイーンはどのような評価をすればいいのでしょうか?

 

私の判断は

「昨年よりもワンランク上の評価が必要」

という結論に達しました。

 

なぜ、1歳年を重ねて衰えが心配になってくる現在のミッキークイーンが
昨年よりもワンランク上の評価が出来るのか?

 

その理由について話していきたいと思います。

一つ目は、ローテーションが良くなった点

昨年のミッキークイーンのローテーションは
今年同様、阪神牝馬ステークスを使ってからの臨戦でした。

しかし、その前のローテーションが今年とは大きく違います。

2015年の秋シーズンで、ミッキークイーンはローズステークスを2着後
秋華賞をレッツゴードンキが作り出した超ハイペースなラップを
大外から豪快に差し切り、1分56秒9という秋華賞レコードタイムで勝利しました。

この勝利がミッキークイーンに大きなダメージを与えました。

ベストの舞台で53kgと軽斤量で出走したジャパンカップでは
3番人気に支持されながらも8着と惨敗

この上ない条件で勝ち馬のショウナンパンドラや3着ラブリーデイ以外は
それほど強くない相手関係の中、惨敗を喫したのは秋華賞で
ダメージがあったこと以外の何物でもありません。

ミッキークイーンは430kg台の小柄な馬なのでで
秋華賞で受けたダメージが生涯回復しないという不安がありました。

その中で出走した昨年の阪神牝馬ステークスは陣営も少なからず不安があったはずです。
馬の状態を慎重に考えて、丁寧に出走させたのが昨年のヴィクトリアマイルでした。

しかし、今年は状態が違います。

昨年の秋はエリザベス女王杯と有馬記念の2走のみ

エリザベス女王杯については明らかに仕上げ途上の段階で出走。
強烈な末脚と強靭な精神力を持ち、差し比べでは負けないミッキークイーンが
クイーンズリングに差し負けたことからも仕上げが甘かったことは明らかです。

そして有馬記念ではしっかりと状態を上げてきて5着
ベストの条件とは言えない中での出走とあり、勝負仕上げの雰囲気は感じず
秋シーズンに目いっぱい仕上げて勝負するようなレースはありませんでした。

調整のような形で秋シーズンを終えられたので
2017年の春シーズンはしっかりと状態を作る事が出来ました。

その証明が前走の阪神牝馬ステークスです。
重馬場での競馬となり、簡単な競馬ではありませんでしたが
鋭い末脚を使って完勝しました。

これはミッキークイーンの状態の良さと仕上がりの良さを表しています。

昨年と今年の状態面の違いはミッキークイーンを評価するうえで
加味しなくてはいけない要素だと言えます。

つけ加えると、2016年シーズンでは
阪神牝馬ステークスでスマートレイアーに負けたものの末脚を伸ばして2着に入り、
2016ヴィクトリアマイルでもきっちりと2着を確保

状態面がMAXでなくても馬券に入れる地力を持ち合わせている点は見ておく必要があるでしょう。

 

二つ目は、馬の消耗度が少ない点です。

競走馬がレースに出走するという事は身体を大きく消耗させます。

人間のマラソンランナーが頻繁にフルマラソンの大会に出走できないように
限界に近い能力を駆使して走る競走馬がレースを走る
特にレベルの高いレースを走るという事は競馬ファンが思っている以上に大きな負担を強いられます。

ですので、目一杯に走る競馬を続けると競走馬は消耗していき
どんどん能力値が下がってきます(もしくは能力を出せない状態になります)

昨年のミッキークイーンのローテーションを見てみると

春は阪神牝馬ステークス、ヴィクトリアマイルの2走
秋はエリザベス女王杯、有馬記念の2走

とレース数を絞って出走してきています。

また、一つ目の理由で話した通り
エリザベス女王杯は明らかに目いっぱいの競馬はしておらず
有馬記念も勝負仕上げではありませんでした。

春シーズンを見ても、慎重に仕上げた阪神牝馬ステークスに
そこから自然な上積みを乗せたヴィクトリアマイル
と、こちらも勝負仕上げではない状態での出走でした。

小柄な牝馬のミッキークイーンにとって、
昨年は自身の体にとって負担の少ないローテーションになりました。

ですので、2017年シーズンを迎えるにあたって
昨年よりもガクンと能力値が下がるという心配がありません。
(もちろん0ではありませんが)

 

以上の2点から

ミッキークイーンは昨年と比較して良い状態、

そして、昨年と比較して同等の能力値で

2017ヴィクトリアマイルに出走できる

という事が言えます。

相手関係のレベル等もありますが、
ミッキークイーンはもともと現役牝馬では最強といえる能力を持っている
自身の能力値を保っていて、昨年以上の状態面を維持できていれば
昨年以上のパフォーマンスを見せることが出来る。

 

すなわち

「2017ヴィクトリアマイルでは、信頼できる存在である」

という事が言えます。

 

穴党の人はミッキークイーンの死角を無理矢理探し出して
危険性を煽ってくるかもしれませんが
冷静に分析をする限り、ミッキークイーンに死角は少なく
馬券の走破圏内という意味では限りなく信頼度の高い馬だと言えます。

 

ですので、今年のミッキークイーンは

「昨年よりもワンランク上の評価が必要」

という結論に達します。

 

まずはこの馬を中心に予想を組み立てていくといいでしょう。

 

私が2017ヴィクトリアマイルで注目している馬は現在勢いのある

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中!
回収率4000%の馬券で現時点での2017の収支は200%超えとなっております。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
ヴィクトリアM(GI)・鉄板3点勝負

ミッキークイーンを脅かす!?
馬券のプロも買う穴馬で30倍を狙う
━━━━━━━━━━━━━━━━━

4/23 東京7R  3万2050円的中
4/23 京都11R 1万2430円的中
4/22 福島11R 2万4790円的中
4/16 阪神6R  1万6330円的中
4/15 中山12R 1万4810円的中

ヴィクトリアMの3点勝負を見る方法!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。