【2017ダービー予想の肝】デムーロが捨てたペルシアンナイトの評価は?

Pocket

2017日本ダービーに出走を予定している有力馬
ペルシアンナイトの評価について
デムーロ騎手の騎乗選択を含めてお話していきます。

2017年の牡馬クラシックは乱戦と呼ぶのにふさわしい状態になっています。

 

牝馬ファンディーナが1番人気に支持されるも惨敗

弥生賞を勝ったカデナ、共同通信杯を勝ったスワーヴリチャード
スプリングステークスを勝ったウインブライトと
例年、クラシックに直結するトライアルを勝った馬達が
揃って掲示板に入ることが出来ず。

と、どの馬も信用できないような状態になっています。

 

その中で注目される存在であるのが
皐月賞で2着になった

ペルシアンナイト です。

 

皐月賞ではデムーロ騎手の好騎乗もあって
距離ロスなく内を掬ってきて2着と好走しました。

日本ダービーに向けて上々のレースをしたペルシアンナイトですが
ここにきて思わぬ事態が発生しました。

それは

デムーロ騎手が青葉賞勝ち馬のアドミラブルに騎乗するため
ペルシアンナイトには騎乗してくれない

という事です。

デムーロ騎手は言わずと知れたリーディングぶっちぎりのトップジョッキーで
2017年の複勝率が約5割という神がかり的な成績を残している騎手です。

そんなデムーロ騎手が騎乗してくれないことから

「ペルシアンナイトは大丈夫なのか?」

という声が聞こえてきます。

そんなペルシアンナイトは果たして日本ダービーで好走できるのでしょうか?

 

私の評価は

「十分に勝機がある」

という結論です。

 

なぜ、デムーロ騎手に見捨てられたペルシアンナイトが
日本ダービーで十分に勝機があると言えるのかについて説明をしていきます。

 

第一に、中山よりも東京コースの適性の方が高い点

ペルシアンナイトはハービンジャー産駒です。

ハービンジャー産駒は全体的にみると

「パワーに優れ、不器用な馬が多い」

という特徴があります。

ですが、このペルシアンナイトという馬を個体で見てみると
アーリントンカップで鋭く抜け出したように
マイルで力を発揮できるスピード能力を持っており
ペルシアンナイトの最大の武器はスピードであると言えます。

また、皐月賞やアーリントンカップで見せたように
好位ですんなりと折り合い、直線で内目を差してくることが出来る
機動力と器用さを持ち合わせています。

皐月賞はスピードよりもパワーや機動力が活きる舞台ですが
日本ダービーはスピード能力や全体的な地力が問われる舞台になります。

スピード能力に優れるペルシアンナイトにとって
器用さが活かせる皐月賞も全くの苦手舞台ではありませんでしたが
舞台適性という面では皐月賞よりも日本ダービーの方が向いていると言えます。

 

第二に、ローテーションが楽になるという点です。

ペルシアンナイトが皐月賞のステップレースとして出走したのが
京都芝1600mのアーリントンカップでした。

京都芝1600m戦はスピードや瞬発力が問われる舞台で
皐月賞が行われる中山芝2000mとは真逆の適性を持つ舞台です。

軽い条件であるアーリントンカップから、重い条件である皐月賞への臨戦という事で
皐月賞では人気を下げた側面があります。

私も迷ったあげく皐月賞はペルシアンナイトを切りましたが
切った決め手となったのがアーリントンカップからの臨戦であるという点です。

しかし、デムーロ騎手の好騎乗があったとはいえ、
ペルシアンナイトはこの不利なローテーションをクリアしました。

これはペルシアンナイトの能力の証明でもあります。

次回は適性面でプラスが見込める中山からの東京替わり。
ペルシアンナイトとしてはぐっとレースがしやすくなるはずで
皐月賞よりもパフォーマンスを上げることが期待できます。

 

第三に、ハービンジャー産駒の枠を超えた存在であるという点です。

一つ目の理由を話した際に

パワーに優れ、不器用な馬が多いハービンジャー産駒において
ペルシアンナイトはスピード能力と器用さを持っている

という話をしましたが

産駒の一般的な特徴と真逆の性質を持っているという事は
ハービンジャー産駒の枠を超えた特別な存在である

という事の表れでもあります。

 

ですので、単純に

ペルシアンナイトは高い能力を持っている

という事が言えます。

 

皐月賞2着で能力を出し切ったように思っている人がいるかもしれませんが
まだ奥がある可能性を秘めているという事です。

予想する側が限界を勝手に決めてはいけないタイプの馬なので
素直に能力を評価した方が良いでしょう。

 

これら3つの理由から

「ペルシアンナイトは日本ダービーで十分に勝機がある」

と結論付けられます。

 

騎手が誰になるか気になるところではありますが
不用意に人気が下がってくるようなら狙ってみたい馬です。

 

2017日本ダービーで注目している馬は
東京でのレースが合いそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

先週のオークスは◎モズカッチャン、○ソウルスターリングで馬連を本線で的中しています。

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

 

< P R >

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第84回 日本ダービー(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の成績は1人気[4.1.2.3]、2人気[1.1.0.8]、3人気[4.1.1.4.]と上位人気馬では1人気と3人気の活躍が目に付く。2人気は2連対のみと苦戦。また、マイネルフロスト(12人気)、ウインバリアシオン(10人気)、スマイルジャック(12人気)、アサクサキングス(14人気)など、2ケタ人気馬が馬券圏に好走し波乱の立役者となっているように10万馬券~200万馬券が出ている。

今年の皐月賞はアルアイン、ペルシアンナイト、ダンピュライトの社台系が馬券圏を独占。池江厩舎のワンツーとなり馬連配当では8710円。社台系情報に強い競馬セブンでは当然の的中となったが、牡馬2冠目のダービーも「獲れる根拠あり」と情報班からの報告が入っている。

ダービーは皐月賞組と皐月賞別路線組みの戦いとなる。皐月賞組が圧倒的に有利な成績を残しているが、別路線組みからの好走も多い。一昨年は京都新聞杯を勝ったサトノラーゼンが2着、14年は青葉賞6着のマイネルフロストが3着、13年は京都新聞杯を勝ったキズナが優勝し青葉賞2着のアポロソニックが3着。12年には青葉賞勝ちのフェノーメノが2着、京都新聞杯勝ちのトーセンホマレボシが3着、11年には青葉賞勝ちのウインバリアシオンが2着と好走しているように皐月賞別路線組みが馬券圏に好走している。

皐月賞には目もくれず、ハナからダービー狙いでローテーションを組んでいる別路線組みは当然警戒しなければない。

競馬セブンでは皐月賞的中に続きダービーも的中できる情報を既に入手している。社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、全頭の厩舎情報および追い切り評価など馬券に直結する内部情報を掴んでいる。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『日本ダービー・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第84回 日本ダービー(GI)■

自信のペナルティ付き!もし、この
日本ダービーを3点で獲れなければ
2017年の全GIレースを無料配信!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。