【2017京都新聞杯予想の肝】インヴィクタは危険?それとも買い?

Pocket

2017京都新聞杯の予想の肝となる
人気馬インヴィクタが危険なのか、買いなのか?
馬券の取り扱いと好走する馬のパターンについて話していきます。

以前は菊花賞の最有力トライアルとして名を馳せていた京都新聞杯ですが、
日本ダービーのトライアルレースとしてこの時期に移動してから
キズナやサトノラーゼンといった日本ダービーで馬券に絡む馬を
輩出するようになり、存在感を増してきました。

 

今年の皐月賞ワンツーを見てみると
前走で毎日杯を使ったアルアインとアーリントンカップを使ったペルシアンナイト
と王道の弥生賞組、スプリングステークス組が馬券に絡むことが出来ず。

例年皐月賞組が強い日本ダービーですが、青葉賞のアドミラブルを含めて、
今年は京都新聞杯をはじめとした別路線組に大きな注目が集まります。

 

そんな2017京都新聞杯で人気を集めるであろう馬が

インヴィクタ です。

 

インヴィクタはヴィブロスやシュヴァルグランの馬主としても知られる
元横浜ベイスターズの佐々木主浩さんの持ち馬で
前走若葉ステークスでは1番人気に推された実績馬です。

 

この インヴィクタ の評価ですが

“それほど信頼度は高くない”

と見ています。

 

なぜ、、若葉ステークスで1番人気に推されるインヴィクタが
京都新聞杯ではそれほど信頼度が高くないとみられているのか?

その理由について説明をしていきたいと思います。

 

第一に、脚質の融通性が利かない点です。

京都新聞杯というレースは京都芝2200mという舞台で行われるレースです。
この2200mを一般的に「非根幹距離」と言います。

※ 1600m、2000m、2400mなどGIが多数行われる距離のことを根幹距離といい、
それ以外の1400m、1800m、2200mを非根幹距離といいます。

根幹距離と非根幹距離の最も大きな違いは、能力がそのまま通用するコースかそうでないかという事です。

1600mや2000mなどの根幹距離は能力がそのまま結果につながるような
コーナーや位置取りによる有利不利の少ないコースとなっていますが
1400mや2200mは位置取りや内外などが影響しやすい
有利不利の出やすいコースとなっています。

京都新聞杯は典型的な非根幹距離で行われるレースの傾向が見て取れます。

京都新聞杯の過去10年のデータを見てみると
外枠(7枠、8枠)の馬は著しく成績が落ちています。

また、脚質面からみても後方一気の競馬をしている馬の成績が悪いのも
京都新聞杯の過去10年のデータとして見て取れる特徴です。
(キズナやスマートオーディンが外を回って直線一気を決めていますが
これはひとえに能力の違いだという事ですね)

つまり、内枠から好位をロスなく走った馬が好成績を収めている訳です。

ここでインヴィクタの前走と前々走の内容を見てみます。

前走の若葉ステークスでは11頭立ての中
後方2番手でレースを進めて4コーナー手前から進出するような
大味な競馬を展開して3着に入っています。

2走前の梅花賞は8頭立ての中、5番手でレースを進めて
直線で外に馬を出して大外から差す競馬を見せています。

ここ2走の競馬を見ているとインヴィクタに立ち回りの上手さや器用さは全く感じません。

どちらかというと不器用で大味な競馬しか出来ない
ハービンジャー産駒の典型例といえるようなタイプの馬です。

大味な競馬を見せるインヴィクタが、立ち回りの上手な馬が上位に入りやすい
京都新聞杯で上位にくるためにはかなりの実力差がないと出来ないと言えます。

 

第二に、瞬発力(切れる脚)がない点です。

先ほどインヴィクタの前走と前々走について話をしましたが
後方から差してくるタイプの馬にしては瞬発力がありません。

若葉ステークスの上がり3Fタイムは 35.2秒
(レース全体の上がりは35.7秒)

梅花賞の上がり3Fタイムは 35.1秒
(レース全体の上がりは35.5秒)

ちなみに新馬戦での上がり3Fタイムは 35.1秒
(レース全体の上がりは35.9秒)

と好走した3戦はいずれも35秒台止まりの末脚となっています。

もともとハービンジャー産駒に瞬発力を持っている馬は少なく
母父フジキセキを見てみても、サンデー系にしては瞬発力を持っている馬の少ない種牡馬だと言えます。

この2頭の血を持って生まれたインヴィクタが瞬発力を持っていないのは
当然といえば、当然のことでキズナやスマートオーディンのように
最後の末脚だけで全頭を抜き切るというような芸当は考えづらいです。

 

以上の理由から、インヴィクタは京都新聞杯ではそれほど信頼度が高くないと結論付けられます。

京都新聞杯でどういった馬が活躍しているのか
という点については、インヴィクタが今回活躍できないと結論付けた
第一に理由に凝縮されますので、そちらを参考に予想をしていって下さい。

 

私が2017京都新聞杯で注目している馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中!
回収率4000%の馬券で現時点での2017の収支は200%超えとなっております。

また青葉賞も◎アドミラブル、○ベストアプローチ、▲アドマイヤウィナーで3連複を本線で的中しています。

 

< PR >

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
NHKマイルC(GI)・鉄板3点勝負

「まず荒れる」それでもあの穴馬が
買えるカラクリと確信の3点勝負
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
4/23 東京7R  3万2050円的中
4/23 京都11R 1万2430円的中
4/22 福島11R 2万4790円的中
4/16 阪神6R  1万6330円的中
4/15 中山12R 1万4810円的中

NHKマイルCの3点勝負を見る方法!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。