重賞日経新春杯、京成杯の出走予定有力馬をチェック!!


今週は京都競馬場で日経新春杯
中山競馬場で京成杯が行われます。

日経新春杯は天皇賞を目指すべく、京都での長距離戦ですが、
ハンデ戦という事もありGI級の馬が輩出されていませんが、
京成杯は皐月賞と同じ舞台なので、関連性の深いレースとなっており注目の一戦です。

では、日経新春杯から出走予定の有力馬を探っていきましょう。

【サトノノブレス】
勝ち味には遅い点があるが、昨年の菊花賞2着。
スピードのある軽い走りをするので、京都コースは十分に対応可能。
現4歳世代ではトップクラスの力があるので、世代間の能力差が焦点となる。
後は切れ味にかけるこの馬を鞍上がどうエスコートするかもポイント。

【ステラウインド】
ここ何戦かは成績が安定してきた上がり馬
ハンデ戦だけに色気を持って出走出来る点はプラスだが
戦ってきた相手を見ると家賃が高い印象を受ける。
人気面を見た上で馬券は検討する必要がある。

【ラウンドワールド】
前走は大敗を喫してしまったが、札幌2歳Sの内容を見ていると
重賞戦線で活躍出来るだけの能力はある。
あとは前走の大敗の原因が体調面なのか、気持ちの問題か
どちらにしても敗因の分析と改善が必要で
走りとしても阪神や中山など多少パワーが必要な
競馬場の方に適性を感じるので京都コースの攻略が課題。

【テイエムイナズマ】
日本ダービーまでは、それなりに走ってきたが、昨秋の成績は今ひとつ。
デイリー杯のような4コーナーの下りから一気に脚を伸ばすような
競馬が出来ればチャンスはあるが、成長曲線が止まった感もある。

サトノノブレスを巡り相手をどう組み立てるか
という形になりそうですが、追い切りや枠順などを勘案して検討しましょう。

もう一つの重賞京成杯も見ていきましょう。

【プレイアンドリアル】
ベストの条件と思われた前走を惨敗。
想像していたよりも非力である可能性もあり、今回の中山2000メートル
という舞台がどうですかは未知数。
危険な人気馬。

【エアアンセム】
前走のホープフルステークスは鞍上の好騎乗もあり内容としては
2着ベルキャニオン、3着クラリティシチーの方が上で
2連勝を過大評価は出来ないが、底を見せておらず、ここが試金石となる一戦。

【キングズオブザサン】
前走葉牡丹賞は抜け出してからも勢いがあり、
中山コースにあう推進力型の末脚を持った馬
今回も条件はピッタリで、好走の可能性は高い。

【ラングレー】
前走は強いインパクトこそないものの外から堅実に脚を使っての4着。
頭は想定しづらい面もあるが、
このコース、このメンバーなら相手なりの競馬は出来そう。

【ホルボッシュ】
前走は展開に恵まれた感があり、相手も弱かった。
能力の全てを判断する事は出来ないが、
今回のメンバーは期待よりも不安が大きい。

まだ確固たる中心馬が不在の牡馬クラシック路線。
ここで勝った馬は間違いなく、皐月賞を獲るチャンスのある馬になるはずです。
注目しましょう!!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。