2017天皇賞春予想の肝|2強に不安は?サトノとキタサンの危険性について

Pocket

2017天皇賞春は有馬記念の1、2着馬
サトノダイヤモンドとキタサンブラックの2強ムードが漂っていますが
この2頭に不安要素はないのか?

サトノダイヤモンドとキタサンブラックの危険性について話していきます。

 

サトノダイヤモンドは単勝1.1倍に応えて阪神大賞典を楽勝。
キタサンブラックもGI元年となった大阪杯を1番人気で楽勝。

両者ともに前哨戦を完璧な形で終えて臨む一戦とあって
新聞各紙をみても不安要素は掲載されていません。

 

しかし、そうはいっても競馬に絶対はありません。

 

ここでは現時点で明らかになっているサトノダイヤモンドの弱点と
キタサンブラックの弱点を明確することで
天皇賞春を的中すべく予想の参考にしたいと思います。

 

サトノダイヤモンド から適性と能力を分析していきます。

サトノダイヤモンドのキャリアを見てみると
皐月賞こそ3着に敗れたものの
マカヒキとほぼ差がなかった日本ダービーを含めて
そのほかは全て勝ちに等しい競馬を続けています。

どの競馬場でも、どの距離でも満遍なく自分のパフォーマンスを見せており
成績だけを見るとまったく不安点がないので
サトノダイヤモンドの適性・個性を見て弱点を探っていきます。

 

サトノダイヤモンドやディープインパクト産駒ではありますが
スピードや瞬発力に優れたタイプではなく、スタミナに優れたタイプです。

この突出したスタミナ能力を持っているためにディープ産駒が苦手にしている
菊花賞を楽勝したり、有馬記念もキタサンブラックを差しきったりと
体力が必要な長距離のレースでも結果を残せています。

 

では、サトノダイヤモンドが苦手なことは何なのでしょうか?

 

それは

「パワーが必要とされるタフな競馬」

です。

 

良馬場でのスピード能力はきさらぎ賞で証明済み
豊富なスタミナは日本ダービーや菊花賞で証明済み

まだ証明できていないのは“パワー”のみです。

 

有馬記念はパワーが必要な条件でのレースになるのですが
ディープインパクト産駒のミッキークイーンが5着に入っているように
本質的なパワー適性が問われる競馬ではありませんでした。

 

ですので、天皇賞春が出入りの激しいタフな競馬になったときは
サトノダイヤモンドの能力が削がれる可能性があります。

 

唯一勝ち負けに参加出来なかった皐月賞もタフな流れの競馬だったので
激しい競馬になったときは弱点を露呈する可能性があります。

ただ、サトノダイヤモンドにパワーがあると実証されていないだけで
パワーがないという事が実証されたわけではありません。

先ほど皐月賞の話をしましたが、皐月賞はきさらぎ賞からの直行で
明らかにダービーを意識した仕上げになっていました。

もし、パワーが必要となる流れになってもサトノダイヤモンドが崩れないとなると
今後サトノダイヤモンドが崩れる可能性は限りなく0に近くなります。

 

ただ、現時点で唯一の欠点は

「パワーが必要とされるタフな競馬」

だと言えます。

 

もう1頭の主役 キタサンブラック についても見てみます。

キタサンブラックのキャリアを見てみると
日本ダービーこそ14着に敗れましたが
そのほかのレースでは全て3着以内を確保しています。

前走の大阪杯は完勝、昨年秋の3戦もほぼパーフェクトな内容の競馬で
年が経てば経つほど成長しているキタサンブラックにとって
京都芝3200mの舞台は歓迎で、こちらも死角らしい死角がありません。

 

ですので、キタサンブラックの適性・個性を見て弱点を探っていきます。

キタサンブラックの武器は豊富なスタミナと機動力です。

 

昨年の宝塚記念では、前にポジションをとった馬が
全馬潰れるような流れでもキタサンブラックは僅差の3着に粘ったように
スタミナという点では歴代の名馬の中でもナンバーワンを争えるレベルです。

またキタサンブラックは逃げる事も出来る自在性と機動力を兼ね備えている事で
自身のスタミナを最大限に活かす競馬を展開することが出来ます。

 

そんなキタサンブラックが苦手なことは何なのでしょうか?

 

それは

「直線の上がりだけで勝負が決まる瞬発力勝負」

です。

 

昨年の大阪杯でアンビシャスに差しきられたように
直線に入った時点でキタサンブラックよりも鋭い末脚を持っている馬が
この馬を射程圏に捕らえるポジションにいた場合はスピード能力の差から遅れをとります。

ですので、今回の天皇賞春でも同様にレース展開になれば
負ける事は考えられますが
キタサンブラックの場合は自分でレースを作る事が出来ます。

瞬発力で勝負が決まる超スローペースが発生する可能性を
自分で下げる事が出来、安定した成績を残す事が出来ます。

特に長距離戦のレースでは上がり勝負になる可能性は低いので
この馬の強みを活かす事が出来ます。

京都芝3200mという条件では上がり勝負になる可能性は低く
馬券圏内からいなくなる可能性は限りなく低いと言えるでしょう。

 

ただ、現時点で唯一の欠点は

「直線の上がりだけで勝負が決まる瞬発力勝負」

だと言えます。

 

ここまでサトノダイヤモンドとキタサンブラックの特徴と弱点について話してきました。

 

2頭が苦手とする条件はそれぞれ違うので
サトノダイヤモンドとキタサンブラックの2頭両方を外して馬券を買う
というのは無謀だと言わざるを得ません。

 

これだけの能力とパフォーマンスを見せている馬ですし
今回挙げた弱点が露呈するような競馬になる可能性は高くないので
2頭同時に馬券に絡む確率は高いです。

ただ、それでは間違いなく配当はつかないので
どちらかが苦手なパターンに賭けて
2頭きた場合は元返し、どちらか1頭が飛んだときに配当が跳ねるような
買い方なら十分に勝負は出来ます。

 

枠順、メンバーを含めて、展開を考えていき
少しでも期待値の高い馬券を買えるように検討していきましょう。

 

私が2017天皇賞春で注目している馬は
サトノダイヤモンドでもキタサンブラックでもなく

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

 

2017桜花賞では◎ソウルスターリング、○レーヌミノル、▲リスグラシューで3連単・3連複を的中。
回収率4000%の大きな馬券を取っています。

 

【PR】

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業36年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
天皇賞春(GI)・3連複5点勝負

キタサンとサトノの間を割れる穴馬も
馬券のプロはこう買う!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
4/16 阪神6R  1万6330円的中
4/15 中山12R 1万4810円的中
4/9 中山10R 3万5330円的中
4/8 中山7R  2万3570円的中
4/8 阪神6R  1万6780円的中

天皇賞春の3連複勝負を見る方法!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。