招福ステークス、大和ステークス予想|注目馬と勝負度合い


今日東西で行われるメインレースは

中山競馬場:ダート1800m 招福ステークス(準OP)

京都競馬場:ダート1400m 大和ステークス(OP)

です。

両方ともダートのレースということで
原則、先行馬有利のダート戦を見ていきましょう。

招福ステークス 勝負度合い 60%

このレースは比較的有力馬が絞られます。
その中でも人気はアンアヴェンジド、ドラゴンフォルテあたりでしょうか

中山ダート1800m戦は先行・逃げが有利の舞台で
内枠があまりいい成績を収めていない舞台です。

私はドラゴンフォルテに注目したいと思います。
勝ち味には遅い点がありますが
中山巧者ぶりはメンバー中随一
この条件で勝ち星があるのも魅力です。

続いて勝ち味には遅いが前々で競馬が出来ることが魅力のタナトス
そしてハコダテナイト、イッシンドウタイとこの3頭をあげたいと思います。

アンアヴェンジドは地力はありますが
東京向きの脚を使う馬なのでここは控えときましょう。

ドラゴンフォルテから馬連もしくはワイドで3点勝負とします。

一方京都のメインレース

大和ステークス 勝負度合い 35%

このレースは軸馬選びが非常に難しいので
勝負するレースではありません。
馬券を買わずに「見」とします。

ただ、注目馬をあげておきましょう。

一番手はキョウワダッフィー
上がり馬ですが、4着以下に落ちたことのない
堅実な成績は今回の強力なメンバーでも注目です。

続いて実績上位のフリートストリート、マルカフリート
この2頭も軽視できませんね。

逃げて一発のありそうなキズマ
久々で近走不振も地力のあるトウショウカズン

このあたりに注目したいと思います。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。