【皐月賞2017】危険な人気馬について|買ってはいけないのは?

Pocket

金曜日に枠順が確定した2017年皐月賞について
買ってはいけない最も危険な人気馬について話していきたいと思います。

 

今回の皐月賞は

実力ナンバー1も皐月賞が年明け初戦となる レイデオロ や

フラワーカップ勝利からの臨戦となる牝馬 ファンディーナ

が人気となっており、過去に例をみないメンツで行われるレースです。

そうでなくても今年の3歳牡馬はレベルが低いと言われ
有力馬の信頼性が低いとされているので
馬券的観点から見ると非常に難しいレースです。

 

そんな中で私が一番先に馬券から切る

最も危険な人気馬は カデナ です。

 

カデナのここまでの成績を見てみると
一度も連対を外したことがなく、重賞を2勝挙げており
ほぼパーフェクトな戦績を誇っていると言えます。

更にディープインパクト産駒ということで
スケールの大きさ(能力の上限が高いこと)も期待できます。

ファンディーナ、レイデオロといった人気の2頭が
異端の臨戦を踏む中で、カデナは最も王道のローテーションで
成績を見る限り、一番減点が少ない馬だと言えるでしょう。

 

では、なぜカデナを危険な人気馬として指名したのか?

その理由はこの馬が踏んできた臨戦にあります。

まず前走の弥生賞を振り返ってみると
横山典弘騎乗の伏兵マイスタイルが逃げて2着に粘ったように
超スローペースでの競馬となりました。

カデナはそんなスローペースの中、後方8番手でレースを進め
4コーナーでは5番手付近まで上がってきて差しきった訳ですが
このレースの流れが如何にもカデナに向いたというレースでした。

 

カデナという馬のこれまでの走りを見てみると
典型的なディープインパクト産駒という感じで
スピードのある軽い走りと直線での瞬発力がウリの馬です。

ですので、スローペースからのヨーイドンという形は最も得意としています。

 

皐月賞ではこのカデナの良さが活かせない流れになる可能性が高いと踏んでいます。

皐月賞と弥生賞の例年の傾向を見てみると

弥生賞はスローペースからの上がり勝負
皐月賞は締まった流れからの持久力を求められるレース

という形になる事が多いです。

 

弥生賞はGIに向けたトライアルレースなので
馬に無理をさせず、大切に騎乗してきます。
また、皐月賞に向けて強豪馬が出走してくるので
可能性の薄い馬は出走を止め、頭数が少なくなりやすい。

これがスローペースを生み出す原因です。

 

対する皐月賞は大目標となるGIレースなので
出走各馬が勝ちにいく(勝負しにくる)分
流れが速く、タフな競馬・ごちゃごちゃした競馬になります。
また、各路線から有力馬が集まってくるため
出走頭数もフルゲートに近くなりより厳しい競馬を強いられます。

これが厳しい流れを生む原因です。

 

前走少頭数でスローペースの競馬をしたカデナ

もう少し踏み込んで言うと2走前の京都2歳ステークスでも
10頭立てで1000m通過が1分2秒台とスローペースの中
最後の瞬発力だけで勝ったカデナが混戦必至の皐月賞で
流れがタイトになった時にスッと対応出来るかというと難しいと言わざるを得ません。

今回は持っている能力だけのパフォーマンスを見せられない可能性が高く
2017皐月賞において最も危険な人気馬には カデナ を挙げます。

 

こういった話をすると、もし皐月賞がスローペースになったらどうなんだ?

という意見を言う人がいます。

 

確かにレースは生き物ですから混戦になると思っていても
スローペースになる事があります。

今回の皐月賞がカデナの得意な流れに落ち着いて、
持ち味を発揮して好走することもあるでしょうし
カデナが厳しい流れを克服して上位に食い込む可能性もあるでしょう。

ただ、イチイチ全馬が向いた流れになることを想定して馬券を買っていたら
全頭の馬券を買わなくてはいけなくなります。

 

馬券を買う目的は長いスパンでプラスの収支を出すこと。

前回から今回に向けて、大きな不安点を持つ馬が
3番人気以内に収まっていれば、その馬は切ります。

目先の的中に惑わされず、長期的に見て期待値の高い馬を選択していきたいですね。

 

2017皐月賞で注目している馬は
このレースに照準を定めてきた上に
パワーを備えており、今回の舞台が向きそうな

この馬 →人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。