2017オークス予想の前提となる桜花賞組の買える馬と買えない馬

Pocket

先日、GI桜花賞が行われましたが
その結果を受けてどこよりも早い2017オークス予想における
買える馬、買えない馬についてお話をしていきたいと思います。

馬場が悪く、圧倒的人気であったソウルスターリングが
見せ場無く3着に敗れてしまったという点からも
桜花賞が特殊な条件でのレースだったことは間違いないので
オークスを予想するにはしっかりとその馬の能力や適性と言った本質を見抜いていかなくてはいけません。

 

上位に入った馬から1頭ずつ見ていき
オークスの競馬予想に役立てていきましょう。

 

まずは1着に入った レーヌミノル です。

ダイワメジャー産駒で小倉2歳ステークスも圧勝していることから
1600mがギリギリであったことは間違いありません。

2400mへ一気の距離延長となるオークスでは
距離が長いことは明らか、まず適性面で苦しい状態になってしまうという事が言えます。

加えて、この桜花賞に向けて前哨戦を2戦叩いてきました。
叩き3走目のピークが桜花賞だったことを考えると
状態面でもプラスが見込めず、オークスは苦しい競馬になりそうです。

陣営はオークスへの選択を視野に入れながら
NHKマイルカップも出走に色気を出しているようですが
どちらに出走しても状態面の苦しさは変わらず春の2冠は難しいでしょう。

 

2着に入った リスグラシュー はどうでしょうか?

桜花賞でも4コーナーで手応えが悪かったように
スッと反応できない欠点を持っている馬なので
800mの距離延長でペースが遅くなるオークスでは
少しレースをしやすくなるでしょう。

強い勝ち方だったアルテミスステークスは東京マイルで行われたレースでした。
同じマイル戦でも阪神のマイルと違って東京マイルは持久力を問われるコース
スタミナで勝負するタイプの馬なのでオークスの舞台は歓迎です。

加えて、この馬は叩き良化型です。

桜花賞はチューリップ賞よりもグンとパフォーマンスを上げましたが
オークスでも桜花賞同様以上のパフォーマンスが期待できます。

 

断然人気だった ソウルスターリング は3着に敗れました。

敗因は明確で馬場と枠順です。

過去4戦のレースを見るとスピードに乗った軽い走りをする馬だという事が
明らかなので、今回の重馬場は応えたことでしょう。
オークス当日は良馬場になるかは分かりませんが
良馬場で行われればパフォーマンスは上がるはずです。

ちなみに「血統面から重馬場は大丈夫」みたいな事を言っている人がいましたが
その人はソウルスターリングの個性が見えていない人です。

ディープインパクトとブラックタイドが同じ血統でも全く違う個性を持った馬だったように
血統だけで適性を論じるのは危険な見方です。
過去4戦もしているのですから、ソウルスターリングがどんな馬かは見ればわかります。

また外枠も災いしました。

過去のレースは内からロスなく乗ってスッと反応良く抜け出す競馬でした。
ずっとロスない競馬をしていた馬が、外からロスのある競馬をする。

それは馬にとって負担がかかるので、今回はマイナスに働きました。
オークスでも内枠を引きたいところですね。

気性も従順でゆったりしたレースをする馬なので
オークスへの適性は全く問題ないでしょう。

巻き返しは期待できます。

 

4着は カラクレナイ

ずっと1400mを使ってきた馬で、この4着という結果は誇れるものだと思いますが
父ローエングリン、母アグネスタキオンでオークスの舞台は微妙。

レーヌミノル同様、マイルまでの馬だと判断しているので
オークスでは苦戦必至です。

 

5着 アエロリット

桜花賞と相性の悪いクイーンカップという臨戦の割には
かなり健闘したと言える内容の競馬でした。

気性面の問題が少なく3歳牝馬同士の争いなら2400mはこなせそうです。
ただ、スピードよりもパワーに寄っている馬で
スピードがものを言う東京2400mでは適性が薄いのは間違いなく
善戦しても今回と同じくらいの結果で終わりそうです。

 

以下、惨敗した人気馬達をみていきましょう。

8着 ライジングリーズン はパワーが必要な馬場でこの結果でした。

距離延長への対応を見せてきそうですが、
よりスピードが求められるような馬場では苦戦必至です。

フェアリーSなどを見て分かるように、力の寄ったコースや
力が必要となる展開で持ち味を発揮できる馬でしょう。

11着の ミスエルテ

血統とファンタジーステークスの走りが示すように
パワーと持久力で押す非根幹距離向きの馬。

距離も馬場も向きそうにないオークスは難しいでしょう。

12着の アドマイヤミヤビ

道中から手応えが悪く最後方付近を追走して
直線で一瞬伸びかけるも止まってしまう見せ場のない競馬でした。

2000mのレースでカデナやアウトライアーズに勝っているように
距離延長は歓迎の口で、東京の末脚勝負にも対応可能な馬です。

重馬場がからっ下手と取れば、ノーカウントと割り切れますが
ここから調子を落としてもおかしくない敗戦だっただけに
半信半疑と言ったところでしょう。

16着の ミスパンテール

長期休み明けからチューリップ賞激走という反動がモロに出た形ですが
ソウルスターリング、リスグラシュー以外はそれほど強い相手ではなかった事から
今回は過剰評価されたという事も言えます。
(リスグラシューは休み明け走らないことを踏まえて)

以上です。

 

桜花賞を見て私がオークスで走れると思っている注目馬は

ソウルスターリング

リスグラシュー

この2頭です。

 

今回の桜花賞以外にもフローラステークスなどからも
有力馬は出走してくるでしょうし
ここで負けた組も間に1戦挟んでオークスを迎えれば結果は変わってきます。

オークス当日までしっかりと馬をみていきましょう。

 

今週の重賞で私が注目している馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ