2017皐月賞、レイデオロ休み明けでの仕上がり度合いを読む

Pocket

2017皐月賞の出走する最有力馬で
馬券の鍵を握る馬 レイデオロ について仕上がり度合いや
陣営の思惑などを踏まえて見解を話していきたいと思います。

今年の牡馬クラシックはレベルが低いと言われています。

 

2歳王者のサトノアレスは復帰初戦となったスプリングステークスでは
馬券圏内に入ることが出来ず
弥生賞を勝ったカデナは2歳時の百日草特別でアドマイヤミヤビに完敗
アーリントンカップを勝ったペルシアンナイトは
アイビーステークスでソウルスターリングに完敗と
イマイチぱっとしません。

 

その中でただ1頭、

この馬だけは強いと言われているのが レイデオロ です。

 

レイデオロのホープフルステークスや葉牡丹賞の勝ち方は強烈で
地力が一枚以上違うというような内容でした。

戦ってきた相手はそれほど強くありませんが
そのパフォーマンスから能力があることは間違いないでしょう。

レイデオロが順調であれば皐月賞・日本ダービー共に
「ただ貰い」状態だったかもしれませんが
女傑ファンディーナが参戦を表明してきたことと
ホープフルステークス以来の休み明けであるという点が
今回のレイデオロの評価を難しくしています。

 

中でもローテーションの問題は頭の悩ませどころで
皐月賞にどれくらいの仕上げで出てこられるかという点が焦点なりますが

 

私は レイデオロは皐月賞で苦戦する と見ています。

 

その理由は、藤沢厩舎の馬であるという点が挙げられます。

もともとレイデオロはホープフルステークスを勝ったあと
弥生賞を使ってから皐月賞に臨む予定でした。

しかし、何らかの理由で弥生賞の出走を見送り
皐月賞へ直行となりました。
(理由はブラックボックスなので明かされる事は無いでしょう)

 

藤沢厩舎は馬を大切に扱う厩舎として有名です。

馬の状態を優先してローテーションを決めるので
3歳のクラシックには無理して出走させないというスタンスを貫いています。

過去にはシンボリクリスエス、ゼンノロブロイがダービーを2着しましたが
どちらも青葉賞を経由してのもので、激戦となる皐月賞は避けてきました。
(青葉賞を圧勝したペルーサも皐月賞の出走権を持ちながら出走してきませんでした)

 

その藤沢厩舎に所属するレイデオロが弥生賞を使わないという訳ですから
弥生賞を体制が整う形で迎えられなかったというのが本音でしょう。

また先ほどの例から分かるように藤沢厩舎の看板馬(期待馬)は
日本ダービーでメイチに持ってくるローテーションが顕著

今回の皐月賞を勝負出来るほどの仕上げで出走するとは考えづらく
90%以上の状態で迎えるという事はないでしょう。

とすると80%の状態で勝てるのかどうか

という点が注目されます。

 

たしかにホープフルステークスまでのパフォーマンスをみると
80%の力でもライバル馬達に勝てるような気がしますが
それはスローペースで流れるようなトライアルレースが前提でしょう。

各馬が勝ちたいと思っているGI
しかも皐月賞という格式高いレースで各馬がおとなしくレースをして
摩擦の少ないレースになるとは考えづらい訳ですから
仕上げが中途半端だと馬は想定以上の負荷を受けることが予想されます。

加えて、日本ダービーを大目標にしている陣営が
皐月賞で無理なレースをさせるとは考えづらく
馬群の密集したインをついてくるような
距離ロスのない競馬をすると思えず、ここでもロスを被る可能性が高いです。

 

以上の要素を踏まえると

 

レイデオロは皐月賞で苦戦する という結論に達します。

 

昨年の皐月賞はサトノダイヤモンドがきさらぎ賞からぶっつけのローテーションで
3着に入りましたが、良くてもこれくらいの結果かなと思っています。

逆に皐月賞で勝ってしまうようだと日本ダービーは反動が心配になるので
馬券的には日本ダービーで軽視という形も考えられます。

 

2017皐月賞で注目している馬は
中山最終週の馬場でパフォーマンスを上げてきそうな

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。