有馬記念、日経賞の舞台|中山芝2500mの特徴と攻略法

Pocket

中山競馬場で一番盛り上がるレースと言えば『有馬記念』です。

年間収支がどれだけマイナスでも有馬記念だけ当てれば
一年を満足できるというくらい力のあるレースです。

そこで有馬記念の舞台である中山芝2500mを分析して
攻略法を見つけていきたいと思います。

有馬記念以外にも伝統のG2日経賞など
中山芝2500mを舞台としたレースは数多く行われているので
必ず役に立つと思います。

具体的なデータを基に分析をしていくことにしましょう。

一番最初にラップタイムの平均から見ていきましょう。
2歳戦と3歳限定戦は行われていないので3歳上のレースになります。

中山芝外2500mラップ別成績

最初の700mまでは速めのペースを刻んで1900m地点まではスロー
ラスト600mは速くなっていくという傾向にあります。
上がり3ハロンはタイムはオープンクラスで35秒4と
時計のかかるタフな展開となることがわかります。

次に脚質別の成績です。
中山芝外2500m脚質別成績

1着の回数は逃げ・先行が有利ですが、2着・3着については差し馬も遜色ありません。
有馬記念でもオルフェーヴル、ゴールドシップ、ドリームジャーニーなど
差し馬が活躍しており、途中でペースが緩む中山芝2500mは
まくり気味の差しが可能です。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。
中山芝外2500m枠順別成績

勝率でいうと1,2枠の内枠、複勝率でいうと5,6,7枠の中枠
スタートして最初のコーナーまでの距離が192mと非常に短く
内枠馬が主導権を握りやすいというメリットがあります。

ただ、タフなコース設定なので簡単には逃げきれず
レースをゆったりと展開できる中枠が追い込んでくる
着を拾ってくるという事がわかります。

続いて、種牡馬別の成績
中山芝外2500m種牡馬別成績

先ほど名前をあげたオルフェーヴル、ゴールドシップ、ドリームジャーニーの父親である
ステイゴールド産駒が好成績を収めています。

が、回収率の面からみるとキングカメハメハが好成績を収めています。
その他ではニューイングランド、ネオユニヴァース、オペラハウス、ハーツクライなど
切れ味ではなく、パワーを主体とした産駒がいい成績を残しています。

ディープインパクト産駒がいないのも特徴ですね。
スピードタイプは通用しないという事です。
パワーのある馬を狙っていきましょう。

騎手別の成績も載せてみました。
中山芝外2500m騎手別成績

松岡正海騎手が好成績を収めています。
回収率では吉田豊騎手も好成績。
勝ち気で積極的なレースをする騎手が有利だという事がわかります。

ちなみに池添謙一騎手の3勝はあなたもすぐに思い出せますね。

最後に人気別の成績を載せてみました。
中山芝外2500m人気別成績

レース数が少ないという事はありますが
人気別の回収率はバラバラです。
これは人気通りに収まりづらいというデータです。

以上が特徴となります。

まとめると中山芝2500mはタフなコースなので
パワーのある馬を買わなくてはいけないという事。

枠順や脚質はさほど考慮しなくていいですが
差し馬を買うときは直線一気ではなく
まくっていける脚力がある馬をチョイスするようにしましょう。

人気も気にせず、適性で馬を選びましょう。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

「KLAN」の活用方法や予想に必要なデータの活用法から
予想回収率アップの方法はメールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

競馬に対する考え方や人生観が変わりますよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。